ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月花の八ヶ岳 おまけ −角ビク−

<<   作成日時 : 2008/06/13 14:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回の植物観察山行だが、最後にもうひとつミッションがあった。

春に山菜、秋にきのこと、八ヶ岳山麓を歩く機会は多い。そこで、やはり竹の籠が欲しくなった。私の住んでいる横浜近郊の界隈ではちょっと売っていない。

ネットで手ごろなのを探すと、4000円〜5000円くらいする。

春の山菜教室の時に夏沢鉱泉のお母さんから、雑貨屋で安く売っていると聞いた。そこで、茅野の周辺で手に入れることを目論んでいた。

行きのバスから本町商店街で店の軒先に大小色々な竹籠を売っている店が目に飛び込んできた。2店あった。近くのバス停の名前を頭に刻みつけた。

植物観察会でお世話になった山荘のご主人にも聞いたが、ホームセンターに行けば丈夫なのを売っているが茅野駅のそばにはない、本町商店街なら駅までも歩ける距離だ、とのこと・・・・。

帰りのバス、寝過ごしてはいけないので、眠気を我慢して茅野に向かった。途中の畑に鹿が4、5頭たむろしているのにはびっくりした。

さて、件(くだん)のバス停に来た。同行の方に別れを告げ相方とバスを降りた。バス停近くの店は日曜で休みだった。もう一軒に望みを託し、茅野駅方面に向かう。

どうやらあの店・・・・農機具や金物を売っている店が見えてきた。軒先にあるのは行きのバスから見えた竹籠だ!

大小の、丸ビク、角ビクがあった。

径が25cmくらいの角ビクが手ごろだ。1260円!値段もいいんじゃない!!

これで昨秋からの課題がクリアできた・・・・・・秋が楽しみ?!



画像





最後にもうひとつ樹木を紹介。


■トネリコ(戸錬子)
モクセイ科トネリコ属。茅野駅前の市民会館の庭木として植えられていた。名前の由来はいくつかあるようだが、そのひとつは・・樹皮につく虫が分泌する白ロウを戸の溝に塗ったトヌリキが転訛したもの(トヌリキ → トネリコ)だそうだ。トネリコの材を「アッシュ(ash)」と言い、アオダモとともに野球のバッドやギターに使われる。(http://824.at.webry.info/200806/article_4.html


画像





さて茅野駅では特急を待ちながら、たびたび寄る喫茶店に入り地ビールでノドを潤したのだった。


画像





FIN





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
6月花の八ヶ岳 おまけ −角ビク− ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる