ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS ツクモグサに出会う旅 花の八ヶ岳

<<   作成日時 : 2009/06/01 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 5/30,31と「八ヶ岳 自然と森の学校  高山植物を知る」に参加してきた。

 ずーっと雨かと思っていたら、最後の復路のみ雨に濡れましたが、大方曇りでまずまずの植物観察日和。

 1日目の硫黄岳頂上では、思いがけなく雲が取れゆく横岳−赤岳−中岳−阿弥陀岳の大パノラマを堪能!。


画像
 



 さて、今回の花旅も、いろいろな出会いがあったが、メインは「ツクモグサ」。

 キンポウゲ科、オキナグサ属。

 花期は5月下旬から7月という。


 横岳の蟹の横這いをビビりながら過ぎて、次第に西側斜面にところどころ顔を見せはじめた。


 気温が低いせいか、ほとんどの花がつぼんでいた。


 クリーム色の可憐な佇まい。


画像



 1株、花が開いているものがあった。

画像



 花弁に見えるのは実は萼片(がくへん)だそうである。オキナグサ属には花弁がないらしい。

 外側に長軟毛が密生。何のための毛なのだろうか。水分を集めるため?防寒?水をはじくため?



 花の内側には、おしべとめしべが密生している。

画像




 本州では、雪倉岳、白馬岳、八ヶ岳にみられる花で、日本固有種だそうだ。

 図鑑を見ると白馬岳と八ヶ岳では葉の様子が大分違うようだ。白馬の場合の方が葉が多いような気がする。

 いずれ確かめに行かなくては....


画像




 ツクモグサ観察の帰りは雨に降られた。風はさほどでもなかったが、そぼ降る雨にびしょぬれ。



 復路の硫黄岳山頂にて。


画像




 それでも天の配剤か、雨の降りしきる中でも、横岳−赤岳−中岳−阿弥陀岳の大パノラマをまたも拝むことができ、感無量。

 硫黄岳山頂からのこの景色は、お気に入りの一つなのだ。


画像






 山行の状況は、また近々にアップします。ツクモグサ以外にも色々な花に出会いました。やはり花の八ヶ岳!


 山の時間の奥行きの深さ、厳しい自然環境に倹しく生きる高山植物達、いろいろなことを体感できた2日間でした。



 NTR先生、URNさん、ほか参加者の皆さん、ありがとうございました。

 最後雨に降られましたが、思い出深い山行となりました。

 またどこかでお会いしましょう。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
八ヶ岳花と樹木の旅 高山植物を知る(その2)
 森の学校「高山植物を知る」の2日目。 ...続きを見る
ベランダ畑、時々山から
2009/06/09 17:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
オキナグサの仲間にクロユリがありますね。現在、H大のポプラ並木の近くの花木園に群生地を復元しています。これは浜頓別由来の株なのですが、別処でH大自生株も栽培中です。
NR@sapporo
2009/06/02 22:20
NR@sapporoさん、ども!
残念!クロユリはユリ科バイモ属でした。
とはいえクロユリ復元もうまくいっているのでしょうか。自生株もあるのですね。
azm
2009/06/02 23:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ツクモグサに出会う旅 花の八ヶ岳 ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる