ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 八ヶ岳 ホテイラン観察会(希少植物観賞会)

<<   作成日時 : 2009/06/09 21:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

 先週に引き続き、6/6-6/8と八ヶ岳に出かけた。

 前半、美濃戸山荘主催の自然と森の学校「ホテイラン観察会(希少植物観賞会)」に参加した。

 美濃戸周辺の植物や、南沢に生育するホテイランやその生育環境を観察する勉強会だ。


 去年もこの観察会に参加し、色々考えさせられたことはこのブログでも紹介した。

 → 「 ホテイラン −とっていいのは写真だけ、残していいのは想い出だけ− 」
   http://azm.at.webry.info/200806/article_4.html



 講師は山岳写真家で希少植物の保護などに取り組むジャーナリストのKAZさんだ。

 KAZさんは美濃戸山荘のFさん等と茅野市に掛け合って、生育環境の保全のための資材を提供してもらい、盗掘や踏圧を防ぐためのロープや調査標識を設置した。

 この様子はKAZさんのブログに詳しい。
http://araikazuya.blog97.fc2.com/blog-entry-383.html



 ホテイランは亜高山帯の針葉樹の林床にまれに生える美しい蘭。

 ふかふかの林床に、小さな種(だという)が着床しそこに共生する菌根菌がいてやっと成長することができる。

 やたらと摘み取って自分の庭で育てようとしても土台むりなのだ。


 ホテイランの聖域環境の保全域には緑色のロープが張られ、「林床保護の為立ち入りをご遠慮ください。」、「希少植物調査中 盗掘等発見したら通報願います。」の札が下げられていた。

画像



画像




 ホテイランの個体は赤い割箸でマーキングが施され、近くに「希少植物個体調査中」の札が立てられていた。

画像




 約2ヵ所、ホテイランのごく近くで個体の観察や写真撮影ができるように配慮されている。

 よく知ることが保護、保全の第一歩なのだ。


 さてホテイラン。何度見ても、不思議なフォルムだ。



 フォルムも色も美しい。美しいのだが、どこか異星の生物というか、ウルトラQやウルトラマンにも出てきそうな姿とも思える。



画像



画像



画像



画像



画像




 一輪、白いホテイランがあった。かなり遠く、他の草の陰にひっそり。

画像




 ホテイランと同じ様な環境に、やはり不思議なフォルムの蘭、イチヨウランが生えていた。

 去年とほぼ同じ場所か。また会えたね。


画像





 初めてホテイランに出会ってから1年。KAZさん達の地道な活動が成果をあげておられることにエールを送りたい。

 安心してホテイランに出会うことができるようになったことに感謝。

 ロープが無くても一人一人の自覚と、野生への共感で、彼ら(彼女ら)の生育環境を踏み荒らさぬよう心掛けたい。







 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ホテイラン保護
 5/29,30とまた八ヶ岳へ。 ...続きを見る
ベランダ畑、時々山から
2010/05/31 00:10
希少植物観察会 その4 八ヶ岳、雨の中出会った花々
 希少植物観察会を通して出会った花々は数多く、例年同じ時期とはいえ、春の早い遅いがあるため、毎回見られる花は違う様相です。 ...続きを見る
ベランダ畑、時々山から
2011/06/05 13:16
八ヶ岳 ホテイラン植生調査お手伝い その1 雨の中・・・
 長期休暇中なので、普段できないことをゆっくりとできる。 ...続きを見る
ベランダ畑、時々山から
2013/06/03 16:46
八ヶ岳美濃戸希少植物観察会2014   その1 準備
 ひきつづき5月の記事です。 ...続きを見る
ベランダ畑、時々山から
2014/06/07 17:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
素人(?)のワタクシは「八ケ岳」と聞いただけでひえええ〜と腰が引けてしまいます、ところが、さすがはazm様、軽〜く「先週に続いて」お出かけになられたのですね!スゴイ。
絶滅とか乱獲というと動物のことを思い浮かべますが、同じように、植物界でもあるのですね。
逃げることのできない草花にあっては、「盗掘」する輩がいたらイチコロですよね。稀少植物にとって恐ろしいのは、厳しい自然よりも人間・・・とは、なんとも悲しい現実です。
可愛らしい花なので、家に持って帰りたくなる人もいるかもしれませんが、絶対ダメ!ってことですね!
盗掘だけでなく、温暖化の影響などもあるのでしょうか?(まあ、それも人間が引き起こしたものですが)
門前トラビス
2009/06/10 08:41
ども、門前トラビスさん。
盗掘もありますが、何も知らずに花に近寄って踏み荒らしてしまう踏圧も結構影響が大きいんです。さらに最近は鹿がいろいろ食い荒らす食害も多く、南アルプスでは貴重なお花が食べつくされんとしているようです。
というわけで、増えすぎた鹿さんは駆除対象となり、鹿シチューになるわけで。なかなか美味しくいただきました。
azm
2009/06/10 23:44
約30年前日光では大雪で鹿が激減し、保護しようとしていましたが、最近は増えすぎて木が枯れてしまい困っています。温暖化の影響でしょう。
人類にはもう制御できない状況でしょうか。
Q造
2009/06/11 06:14
Q造さん、ども。
増えすぎた鹿による食害は各地でひどいようです。鹿がきらいなマルバタケブキばかり残ってしまう様なところもあるそうです。
狼がもういないので天敵がおらず、ハンターの高齢化、減少に伴って増えているということもありますが、やはり冬の雪が少なかったりという温暖化の影響で淘汰される数も減ったのでしょう。
今年の八ヶ岳は雪が少なかったようです。かつてないというほどのことではなかったようですが、じわじわと温暖化は進んでいるのでしょう。
azm
2009/06/11 07:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
八ヶ岳 ホテイラン観察会(希少植物観賞会) ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる