ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 花の稜線 白馬岳ツクモグサに出会う旅

<<   作成日時 : 2009/07/06 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

 梅雨の真っ只中の7/4,5の土日、白馬岳(しろうまだけ)に出かけた。

 八ヶ岳で出会ったツクモグサ。本州では八ヶ岳と白馬岳でしか見られない。

 図鑑を見ていると、八ヶ岳と白馬岳のツクモグサ、微妙に印象が異なる。

 百聞は一見に如かず。見に行くべし。


 ツクモグサは花の時期が6月から7月。色々な予定があって花をみるなら7/4,5しかない。

 雨は覚悟で、出かけた・・・・



画像




 さて、ツクモグサ。なかなか出会えない....と思っていたら、三国境を過ぎて白馬岳の山頂に近づくにつれ、あちらにも、こちらにも、といった具合に咲き乱れていた。



 花びらに見えるクリーム色の萼片の根本の色が八ケ岳のよりも濃く見えた。プルシアン・ブルーにビリジアンを加えたような色。
 夜の雨にうたれ、しっとりと濡れて特徴ある軟毛が目立たなかったせいかもしれないが....


画像




 個体数も多く、何株もかたまって生えている様子も八ヶ岳の場合よりもボリュームがある感じだ。

画像



 晴れ男の神通力が通じ、山の中で雨には降られなかったが、ガスが出たり陽が射したりの目まぐるしく変わる山の天気で、ツクモグサもほとんどが花を閉じていた。

画像




 もう一つのお目当ては、ウルップソウ。

 
 ウルップソウ(得撫草)。ウルップソウ科。高山帯で稜線付近の砂礫地から、礫混じりの草地に生える(by「高山植物ハンディ図鑑」、新井和也さん)。

 この前の硫黄岳で一株、これから花が咲こうとしているのを見かけた。

 また、かつて10年ほど前にやはり白馬岳を晩夏に訪れた時にミイラ化したウルップソウを見たことがある。

 この時期であれば、丁度咲き頃であろうよ!見に行くべし。


 そして、やはり咲き頃であった。

 塔状に下から花が開いていく。紫がかった青の花の色が美しい。

画像




 一株に出会ってから、白馬岳山頂に近づくにつれ、ツクモグサと同様、あそこにも、ここにも、といった具合に咲いていた。

 こんなにあるなんて! さすが花の名山、白馬岳。


画像

 


 ツクモグサ、ウルップソウだけでなく、ハクサンイチゲ、イワウメ、ミヤマダイコンソウ、オヤマノエンドウ、キバナシャクナゲ、・・・・色々、いろいろ、百花繚乱。

 でもそれはまた別項にて。鶴首して待て!


画像




P.S.
 上にも書いたように、山の中では雨に濡れずにすんだ。一日目の夕方雷雨になったが、すでに小屋(白馬大池小屋)に入ってから。
 下山後、白馬駅(はくばえき)の近くのみみずくの湯で汗を流してからの駅まで歩く10分ほど、雨が降り出した。

 晴れ男なんであるが、温泉につかった後はとうとう傘をさす羽目に。

 どうも、晴れ男の神通力は水溶性であることが判明したのだった。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
梅雨の白馬岳 登山編その2 白馬大池から白馬岳頂上
 2日目である。 ...続きを見る
ベランダ畑、時々山から
2009/12/18 00:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なかなか魅力的な花ですね。特徴ある軟毛は魅力的な被写体です。梅雨時しか見られないなんてほんと貴重なもののようでね。
最高の日は、勤め人にとって年に何日もないです。
Q造
2009/07/09 05:11
どもQ造さん。
やはり高山の花は梅雨の時期が一番豊富のようです。
自然の摂理の不思議さ、微妙さ、精緻さを感じますね。
今回はなんとか雨具も出さずにすみ、梅雨時期には願ってもない山行となりました。
azm
2009/07/09 06:39
すいません〜。もう季節は夏なんですけど、冒頭の写真、もろに「冬」ですね。恐るべし!
高山の花のたくましさと可憐さは素晴らしいですね。
我が家の近所の雑草ぼうぼうの道路わきとは大違い・・・出張でお忙しいなか、きっちり「山も攻める」お姿に感動いたします!
門前トラビス
2009/07/12 09:53
ども、トラビスさん。
ははは、泊まった小屋ではストーブの火が頼もしかったです。
高山植物はほんとにたくましく生きていました。
登山編もアップしますのでご笑覧を!
azm
2009/07/12 12:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
花の稜線 白馬岳ツクモグサに出会う旅 ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる