ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅雨の白馬岳 花編 その2 白馬大池から白馬岳まで

<<   作成日時 : 2009/07/18 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 白馬大池から白馬岳までの稜線歩き。

 登山の様子は・・・・
 http://azm.at.webry.info/200907/article_3.html


 出会った花々。



 クロマメノキ。ツツジ科。

 実は熟したら黒い実に。日本産のブルーベリー。

 朝露を抱いて、朝陽を浴びた、ほのかなピンクが可愛らしい。

 去年野秋の秋、上州の角間山で実が熟したクロマメノキに出会った。
 こちらを見てね!
 http://azm.at.webry.info/200809/article_14.html



画像






 ウラシマツツジ。ツツジ科。裏縞躑躅。

 浦島ツツジと思っていたら、裏縞だった。

 葉っぱは秋に真っ赤に紅葉し、草紅葉をなす。


画像





 ツガザクラ。ツツジ科。栂桜。

 花編その1にある「アオノツガザクラ」に似ているが、萼片が赤く花冠も薄紅。アオノツガザクラは雪田周辺で群生するが、こちらツガザクラは風衝地の岩場の岩陰に育つという。

 葉っぱが栂に似ているんだな。

画像






 タカネヤハズハハコ。キク科。高嶺矢筈母子。

 矢筈とは本来、矢を弓につがえるための矢の軸の窪みをさすそうだが、矢筈紋(家紋)は矢羽根そのものの形状を指すという。重なった葉の形を矢筈に見立てての名前とのことだが、家紋で言う矢筈のことだろうな。

 まだ花はつぼみの状態。

 
画像






 ウメハタザオ。アブラナ科。梅旗竿。

 高山の稜線付近の岩礫地や岩場に生えるという。

 確かにアブラナの花だ。4枚の花弁。


画像







 イワウメ。イワウメ科。岩梅。

 岩場に生える美しい花を梅になぞらえたのだそうだ。

画像






 ゴゼンタチバナ。ミズキ科。御前橘。

 花は葉が4枚のときは咲かず、6枚になってから咲かせるのだそうだ。ふむふむ、確かに、花が咲いている株は葉が6枚だ。


画像






 キバナシャクナゲ。ツツジ科。黄花石楠花。

 ハクサンシャクナゲより葉が丸く、早く咲く。八ヶ岳では蕾しか見ることができなかったが、やっと咲いている姿に出会えた。

画像



画像






 オヤマノエンドウ。マメ科。御山の豌豆。

 稜線付近の岩礫地に生える。葉は小さいが花は大きい。


画像






 チシマアマナ。ユリ科。千島甘菜。

 梅雨頃が見頃の花。ピントが甘いのが残念。


画像





 ウルップソウ。ウルップソウ科。得撫草。

 小蓮華岳を降りた鞍部のあたりから見かけるようになり、白馬岳に近づくにつれ、そこかしこに咲いていた。

 こんなに生えているとありがたみが....?!

 写真は再掲を含みます(^^;

画像



画像



画像




 立体視で。

画像





 ツクモグサ。キンポウゲ科。九十九草。

 今回の山旅は、この白馬岳のツクモグサに会うためのものだ。

 三国境を過ぎるまで見つからず、会えないかと思っていたら、白馬岳山頂に近付くにつれ、ウルップソウのように、そこかしこに生えていた。

 あいにくの曇天で、花は大方がつぼんでいた。

 別項でも書いたが、白馬岳のツクモグサはマット状に固まっていくつもの株が生えているのが多い。八ヶ岳のよりも一つのまとまりの花数が多いように思う。葉も随分伸びている。

 また、花弁に見えるクリーム色の萼片の根元の色が、八ヶ岳のものに比べて白馬岳の方が濃い。プルシアンブルーをビリジアンに混ぜたような独特な色合いだ。

 写真は再掲を含みます(^^;


画像



画像



画像





 こんな花束のようなツクモグサの群生もあってビックリ。


画像




 では、立体視でも御覧ください。

画像






 花を見ながらの稜線歩き。展望は望めなかったが、花々の姿を満喫。

画像




 
 ハクサンイチゲ、イワカガミの群生も・・・・

画像





 さすが白馬岳のお花畑なのでした。



画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
梅雨の白馬岳 登山編その2 白馬大池から白馬岳頂上
 2日目である。 ...続きを見る
ベランダ畑、時々山から
2009/12/18 00:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
梅雨の白馬岳 花編 その2 白馬大池から白馬岳まで ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる