ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏、八ツ、good! その5 麦草峠〜横谷渓谷 温泉は?

<<   作成日時 : 2010/07/24 16:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 テントを仕舞って、再び重ーい荷物となり、麦草峠に戻る。

 ちなみに、テント山行の場合は、ミレーのCA65/75のザックである。


画像




 ヤマイグチ。結構立派だが、時間がたち色が退色しかけているようだった。

画像




 麦草峠ではしばらくバス待ち。

 その間、峠にある野草園で高山植物観賞。


 シナノオトギリ。

画像



 ハクサンフウロ。

画像



 シコタンハコベ。

画像




 タカネグンナイフウロ。

画像




 チシマギキョウ。

画像




 テガタチドり。

画像





 シコタンソウ。

画像




 イブキジャコウソウ。

画像




 コマクサ。

画像




 赤いコマクサ。

画像




 ヨツバシオガマ。

画像




 麦草ヒュッテでアイスクリームを食べてから、バスに乗った。

 この後は温泉が待っている(ハズダッタ・・・・?!)。


 バスを渋川口でいったん下車。

 ここから、渋川温泉保科館の横から、横谷渓谷の遊歩道沿いに一時間ほど歩き、横谷峡入り口バス停近くの城戸ホールという日帰り入浴が出来る温泉に入って汗を流し、飯を食うという趣向だ。

 
 ↓歩いたルート(クリックすると大きくなります)
画像




 渋川口で、下車して別荘地の中を歩いて渋川温泉保科館に向かう。


 あれっ。工事中の柵で道路が塞がれている。なんか、おかしい。

 保科館の脇から横谷渓谷の遊歩道に出られるはずだ。

 とりあえず行ってみようか。

 柵を脇からくぐり、保科館へのアスファルトの道を下る。


 あれぇ。保科館は玄関が塞がれ、完全に閉鎖中らしい。

 まぁ、ここで温泉に浸かる予定ではないので、遊歩道にさえ行ければよい。


 が遊歩道への道標も、道も見当たらない。

 ホテルに道を尋ねることもできないわけだ。


 見当を付けて、閉鎖中のホテルの脇を川(渋川)の方へ降りてみる。


 Ah,Las! 行き止まり。 12:30である。


画像




 仕方がない。

 次のバス停の横谷観音入り口から、横谷観音に出て、ここから遊歩道に入ろうか。


 ということで、アスファルトの道を、暑い、渋川口のバス停まで上り返し、暑い、299号を歩く、暑い。


 炎天の道路を木陰をたどりながら、暑い、歩く。約1km、暑い。

画像




 おお、漸く横谷観音入り口のバス停だ。13:00。

画像




 このバス亭から、横谷観音まではまだアスファルトの道がしばらく続く。

 約10分ほど歩いて、横谷観音。

画像





 横谷観音から横谷渓谷遊歩道に入る。渓谷を見下ろすと・・・・、えらく深い谷である。


 これを川の近くまで降りなくてはいけない。相当の急勾配なんである。

 背中には、重い荷物なんである。

 少々甘く見ていた。

画像



 仕方あんめい。


 観音様の横手の道を下る。


画像




 今回は使わずにすみそうだったストックを取り出し、一歩一歩降りる有様。

 うへー、膝を痛めそう。


 相方Kも膝に負担がかかりつらそう。

 途中で休みながら、進む。遊歩道はずっと木陰なので、直射日光は遮られているので、車道歩きよりはましだな。



 遊歩道終点近く、霧降の滝。13:54。



 ここを過ぎて、渓谷から離れ、登りに。

 横谷温泉ホテルの脇を通り、さらに目的地の城戸ホールという日帰り入浴の出来る施設を目指す。


 この辺りは、自動車で来た観光客で結構ごった返していた。


 さて、城戸ホールありました。

 施設前の駐車場が空いている。あれ。



 玄関前まで近寄る。人気がない。あれ。



 扉を引くも、動かない。あれぇ。


 ここも閉鎖中?!




 おおお。横谷温泉ホテルまで(外来入浴は出来そうだった)戻るのもしんどい。

 この先に温泉はもうないし・・・・

 腹もいい加減減ったし・・・・・


 結局、今回は温泉には入れない運命なのであった・・・・のねぇ


 横谷峡入り口のバス停まで足を引きずり到達。14:30。




 結局、バス停前の手打ちそばの店に入り、昼飯にはありつけた。

画像




 相方Kはおろしそば。

 自分で大根をおろさねばならなかった。

 風流?

 いい加減疲れてるんだから、おろした大根が欲しかったぁー(BY K)。

 これでは大根蕎麦である。

 辛い大根と辛くないのとどちらで?

 辛くない方。

 
画像



 でも・・・辛ーい大根で、むせそうになったそうな。



 小生は、冷やし鴨汁そば。

 そばは冷たかった。

 鴨汁、美味いんだが、温かった。


 冷やしなのかぁ?

 蕎麦は温くなるし、汁はぬるま湯になるし。こういうものなのかぁ。


画像

 



 さてもさても、旅には色々なことがありますことが、後になれば面白い(と思わないとね)。


 山の中よりも下界の方がアクシデントに遭いやすいようであります。


 というわけで、5回をもちまして、「苔ときのこの白駒池周遊の旅」、漸く終了でございます。


















 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜〜。暑い中、お疲れ様でした〜。
蕎麦の薬味ですが、「わさび」は自分ですりおろしたいですが、「大根」は太いだけにお店でおろして欲しいですよね。野趣を狙っているようで、なんとなくお店の手抜き?にも思えます。
お腹が減っているときはなんでも美味しくなる、というものの、手間はお店で減らしてほしいっすね〜。
門前トラビス
URL
2010/07/25 09:09
ども、門前トラビスさん。
そうですよねぇ。おろし蕎麦なんだから、きちんとおろしを出してくれよーってな感じ。
手打ち蕎麦の実演も見せていたりして、結構しょってる店で、お値段もかなりはりました。他に入るところがなかったし(トホホ)。
azm
URL
2010/07/25 09:48
最後は大変でしたね〜。それでも景色に、お花に、キノコ、夏山の良さは十分堪能されたのではないでしょうか。私も植物系はこれまで苦手でしたが、キノコ料理が食べられるくらいになりたいものです。
trekker-k
URL
2010/07/25 21:51
ども、trekker-kさん。
なかなか思うようにいかないのも思い出深いものであるものよ・・・と自らを慰めています。
梅雨明け一番の山旅はやはり良かったですね。遠くの視界までくっきりしておりました。
夏の間にもう一山行と思っています。
azm
URL
2010/07/25 22:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夏、八ツ、good! その5 麦草峠〜横谷渓谷 温泉は? ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる