ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 小川山、廻り目平で久々のボルダリング その1

<<   作成日時 : 2010/08/15 17:19   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 夏休み中である。

 台風4号が過ぎるのを待って、8/13,14と小川山の廻り目平へ久々のボルダリングにでかけた。

 相方Kが肩を痛めていたので、しばらくクライミングやボルダリングは控えていたが、漸く回復したので、久々の外岩ボルダリングという趣向である。

 外岩は4/30に丹沢の山麓、広沢寺の弁天岩に出かけて以来。

 (→http://azm.at.webry.info/201004/article_15.html

 といっても広沢寺では雨に降られ相方が一本かろうじて登っただけで、室内ジム練習となったので、本当に久々。


 ボルダリングは2008年の1月の冬休み中に御岳渓谷に行ったのが最後。

 (→http://azm.at.webry.info/200801/article_6.html


 およそ2年半ぶりの外岩ボルダリングなのである。

 2年半のウチに、歳月は過ぎ、小生も50の大台に乗ってしまっているのである。

 しばらくクライミングから遠ざかっているので、もともと無い技術もさらに減退し、筋肉もなまり、バランスも忘れ、とうに振り出しに戻っている。

 さてさて・・・・・



 廻り目平は長野県川上村にある。小川山の山麓で、金峰山の北の登山口でもある。

 金峰山荘という宿泊施設(小屋というより旅館)、バンガロー、広大なテントサイト、があり、夏は親子連れのキャンパー、小川山のクライミングを目指すクライマー、そして数多いボルダーを目指してのボルダラーでごった返す。


 アクセスが悪いので、マイカーで訪れるのが普通なんである。

 しかしウチはマイカーを持っておらぬので、ひいきの特急あずさで韮崎に出て、ここでレンタカーを借りて、山梨から信州峠を超えて長野に入り、約2時間かけての廻り目平入りとなる。



 台風4号の影響で1日ずらしたが、なんとか八王子07:32発の臨時特急あずさ73号上諏訪行きの指定が取れ韮崎へ。

 レンタカーを借り、9時頃に韮崎を出て、途中川上村のスーパーコンビニエンスストアーNANA’Sで、食料を調達、廻り目平には11:30過ぎに到着。


 NANA’S。

画像



 あらら、広大な駐車場が一杯である。

画像



 空いていると思った所は、何やらものが置いてある。買い出しに行っている人の場所取りか・・・・。


 駐車場2周目に、1週目で一応目を付けていたところに、何とか駐車できた。斜めで、後ろに岩があって、ちょっと大きな車は止められない。小ぶりのVitzだったので、ぎりぎり駐車スペースに収まった。


画像

 


 テン場も大盛況。水場に近い良い場所は満員御礼。

 大人数で来ているグループも多く、テントはでかいし、テン場の中にある通り道も何のそので、タープを広げまくっている方も多い。水場に行くときのショートカットの邪魔になるんである。ぷんぷん。


画像


画像

(上記の文章とは関係ありません・・)



 少し奥に行った白樺やミズナラに囲まれた林の際に比較的平らな場所を見つけここにテントを張ることにした。


 お隣は、中央のポールに日章旗、大きなテント4,5張り、中央に大きいタープの少年団グループ。どうやらボーイスカウトの夏キャンプのご一行様のようであった。



 今回のテントは、ボルダリングのマットも持参で荷が多いので、小ぶりのエアライズ2なんである。
 

画像



画像



画像





 テントの設営が終了して丁度昼時。昼飯はNANA`Sで調達したおにぎりとパン。

 ランチパックの「嬬恋産キャベツメンチカツ」はgoodであった。

画像





 12:30。出発である。目的地はテントサイトのすぐそばにある「林の中のボルダー」である。


画像




 なかなか、ボルダリングの記事まで行き着かないが・・・・・、とりあえず続く。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小川山、廻り目平で久々のボルダリング その1 ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる