ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 小川山、廻り目平キャンプ エピソード集

<<   作成日時 : 2010/08/16 18:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【エピソード1:夕食】

 キャンプの楽しみは食事である。

 ボルダリングを終えて、夕方テントサイトに戻った。


画像




 早速夕食の支度。

 夕食は、家から持ってきた”うどん”とインスタント豚汁に、スーパーNANA'Sで調達した豚細切れ、タマネギ、チンゲンサイ、ズッキーニ(黄色い丸い奴)を投入しての豚汁うどん。
 同じくNANA'Sで調達したミニトマトを付け合わせにした。

画像



 なんともアウトドア−な感じで、ごった煮風だが、味は美味い。運動した後で腹が減っていたこともあるが、でも美味い。


 食後はデザートに大きな桃。やはりNANA'Sで調達。

 硬いので、リンゴの皮むきの要領で皮をむく。

画像


 硬いので実ががりがりかと思いきや、なかなかどうして、適度な堅さで、とってもジューシー。そして甘い。goodでした。



 晩飯の友はやはりビール。今回はシルクエビスだ〜。

画像



 7時過ぎ、もうすでに辺りは真っ暗。

 LEDランタンの仄かな明かりでまったり・・・・

 夜はまだ長い。

 ビールだけでは足りないよね。

 そこで、持参のPETボトルに詰め替えた赤ワインに登場してもらいましょう。

 チーズもね(NANA’Sにて調達)!

画像




【エピソード2:夜空】

 8/12、13はペルセウス座流星群の極大。

 クラッシュパッドに寝転がり、満天の星空を眺め、三脚に固定したデジ一でもって夜空を狙い、赤ワインをちびりながら、レリーズを押す、という魂胆で頭は充満していた。

 晴れ男の私だもんね−。


 豈図らんや! そうそう上手くは事は運ばないのが世の常である。

 夕方の食事準備中にはすでにぽつぽつ雨の前振り。

 雲も多く、かろうじて天頂付近のみ薄雲で、星が見えたり隠れたリ。

 ペルセどころではない。

 最後までよく見えた星はたった一つ、ソル第三惑星だけなんである。

 ワインもなくなり、9時過ぎにはテントに入り就寝。


 夜中、雨音で目が覚めた。午前1時前。

 ザンザン降りである。

 きっと廻り目平には雨男雨女が多く来ていたに違いない?!



【エピソード3 朝飯】

 朝は、4時半頃起きて、朝焼けの小川山岩峰群を見ながらの朝飯のシナリオが脆くも破れ、雨は朝も続いていた。

 5時30分過ぎ、少し小ぶりになった。


画像





 予定では朝飯はフォーのハズだったが、うどん一玉と、野菜がタップリ余っていたので、野菜煮込みうどんに変更。フォーに入れるはずだったトムヤムスープも一袋投入。仄かにエスニックなうどんになった。

 野菜は傷まないように夕べのうちに刻んで火を通しておいた。

 木の下に食堂を移動して、雨宿りしながらの朝食となった。

画像



 雨の朝もアウトドア−な感じで大変よろしい。

 ほんと、よろしいんだから・・・  雨、うらめしいぞ。


 食事が終わる頃には、大分明るくなり、雨もあまり気にならなくなった。

 しばらく、キノコなどを探索しながら、辺りを巡った。



【エピソード4 昼食】

 まだ野菜が十分ある。

 ゆで時間90秒のサラダ用パスタをベースに、野菜とミネストローネスープの素で、イタリアンな昼食である。

 豚細切れもう使ってしまったので肉気は無い・・・

 うんにゃ。酒の肴の一口サラミがまだ大分残っていたので、これをスライスして投入。さらに、やはり残っていた酒の肴のチーズ一かけを刻んで投入。

 なかなかコクのあるパスタ・ド・ミネストローネの出来上がり。

画像





【エピソード5 警察消防】

 1日目の夕方、ボルダリングを終える頃、やたら騒々しくヘリが飛び回っていた。

 キャンプ場に戻ると、金峰山荘あたりに大勢の消防団。パトカーも入ってきた。

画像



 何があったのかはさっぱり分からない。



【エピソード6 ボーイスカウト】

 お隣さんは、大きなテント4,5張りボーイスカウトのグループであったのはすでに書いた。

 2日目の朝遅く、朝食後ドリップコーヒーを入れてまったりしていたところ、何やら煙たくなってきた。

 中央のたき火でどうやらゴミを燃やしているらしい。

 廻り目平キャンプ場はゴミの選別にはうるさく、
 
 可燃物
 生ゴミ
 缶(飲料用のみ)
 ペットボトル
 プラゴミ
 不燃物
 空ガスボンベ

 など、分別して処理しなければならない。処理と行っても種別に処理費込みで100円のポリ袋を買ってこれにきちんと分けて入れて金峰山荘に出せば良いんである。

 ウチは生ゴミ(どうしても食えない皮程度)とプラゴミ用のゴミ袋を購入。もともとあまりゴミを出さないようにしているので、出るゴミはほんのちょっと。


 ソレはさておき、白い煙が、急に黒くなってイヤな臭いが立ちこめた。

 思わず、頭に来ました!


 「いったい、何を燃やしてるんだ!」

 成人(いいおっさん)のリーダーらしき人が

 「いやぁ、ビニールが入っちゃったらしんですよね〜」

 この一言に切れました。

 「あんたらボーイスカウトじゃないんか!

  早く火を消してくれ。

  有毒ガスは吸いたくない!」     
 





 ボーイスカウトがなんなのかはよく知らんのですが、規律正しいアウトドア生活の中で、責任感や集団生活を通しての仲間の絆を深め、社会人として立派に生きていく術を身につける場ではないんかい!

 率先してゴミを出さない工夫や、きちんとした選別、などを指導者が教えないで、誰が教えるんだ。アウトドア−の模範を目指しているんではないのか−。

と思った訳です。


 我がテントサイトにイヤな臭いが立ちこめているので、しばらく離れるしかなかった。




 とはいうものの、ちょっと大声張り上げたのは大人げなかったかな?!

 歳くって、切れやすくなってしまったか。反省。





【エピソード7 携帯蚊取り】

 廻り目平キャンプ場やボルダリングエリアは標高1500mほどの林の中にある。

 夏場なので、きっと虫が五月蠅い。

 そこで、携帯式の防虫スプレーに加え、ベープの5倍効く携帯蚊取りを常に携帯した。

 単3電池でファンが回転し、防虫剤カートリッジから防虫薬が周囲に振りまかれるのだ。

画像



 威力を発揮したのか、林に中にいても虫に煩わされることはなかった。



 さて、テントはその本体の上にフライシートという雨除けのシートをかぶせる構造になっている。

 このテント本体とフライシートの間に結構虫がはいって閉口する。ハエやアブ、蚊、ガガンボ、蛾など。いったん入り込むと、ガサガサッと音を立てたりして、よろしくない。

 そこで、今回は相方Kのアイディアで、網戸付近に貼ったり、吊したりする防虫剤を、テント本体とフライの間に1個、出入り口に1個と、計2個を設置。


画像



 これが功を奏したか、今回は虫の侵入なし。

 なかなかのアイディアだったかも。


【エピソード8 ゆーぷるにらさき】

 山の汗は温泉で落としさっぱりするに限る。

 今回はレンタカーなので、機動力もある。

 というわけで、帰路、韮崎駅から車で10分くらいの所にある道の駅韮崎併設の「ゆーぷるにらさき」に寄った。


画像



 露天風呂あり。

 天気が良ければ、甲斐駒や鳳凰三山が綺麗に見えるのだろうが、生憎の雨模様。残念。






【エピソード9 駅弁】

 帰りは韮崎発18:24のあずさ。

 韮崎駅で駅弁でも買おう。

 「高原弁当」がいいか、「元気甲斐」がいいか、どちらにしよう迷っちゃう−。


 ・・・・って、迷う必要はなかった。

 韮崎駅には駅弁が置かれていない!


 小腹を満たすために、おやつ代わりに韮崎駅に併設の神戸屋(ベーカーリー)でオレンジピールパン、とアイスコーヒー。

 駅弁はあずさに乗ってからのチャレンジに。


 恐るるは、あずさの車内販売がなかなか来ない内に下車駅の八王子に着いてしまうこと、そして、車内販売は来たは良いが、「すみません、お弁当は売り切れです・・・。」という2重のトラップが待ち構えていること。

 南無八幡大菩薩。南無大師遍昭金剛。


 7号車だった。

 乗ったとたんにデッキに車内販売がいた。

 7号車のデッキが車内販売の待機場所だった。

 ラーッキィー!

 すぐさま、牛肉弁当(塩尻の駅弁)とまたもシルクエビスをゲット。

画像



 肉は軟らかく、すき焼き風でほどよい甘辛さ。

 シルクエビスもまた格別。

 車はもう運転しないので、アルコールOK!



【エピソード10 お土産】

 廻り目平のお土産は・・・・・

 千曲川源流の水!

 水場で、水筒と空いたペットボトル3本に水を詰めて持って帰ってきた。

画像



 帰ってきた次の日の朝、この水でアイスコーヒーを入れた。

 とてもすっきりとした味。コーヒーにはうってつけである。


画像



【エピソード11 後片付け】

 テン泊のあとは、テント本体やフライシート、グランドシートを綺麗にして干しておかないと、地中の放線菌がついてかび臭くなってしまう。

 寝袋やザックなども天日干しで乾かしながら殺菌しないと、あとあとまでクチャくなる。

 なので、後片付けの天日干しが欠かせない。


画像



画像




 これでよし。

 またすぐにでも行ける?!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小川山、廻り目平キャンプ エピソード集 ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる