ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 小川山、廻り目平で出会ったキノコ、植物、蝶

<<   作成日時 : 2010/08/16 18:37   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 廻り目平周辺は白樺や、ミズナラなどの落葉広葉樹、カラマツやアカマツ、ツガなどの針葉樹が混成した森林がひろがっている。

 なので、歩くたびにキノコに出会った。


○オクヤマニガイグチあるいはコビチャニガイグチ

 相方Kがちょっと囓ってみた。苦くなく、キノコらしい美味しい味だったようだ。苦くないということはどうやら「コビチャニガイグチ」のようである。

画像



画像



画像





○カバイロツルタケ

 これはそこら中に生えていた。

 傘の条線が特徴的。

 食なんだそうである。山形の「きのこや」さんのHPを引用させて戴くと・・・

「歯切れ、舌ざわりがよく、くせがない。におい味ともに温和。特に脂肪質の料理と合う。天ぷら、野菜炒め、豆腐汁、けんちん汁、大根のおろしあえ。」


画像



画像




画像




○コガネテングダケ

 傘の黄色のイボが特徴。

画像





○チチタケ

 傷を付けると乳のような滴が垂れる。

 良い出汁が出るが、食感はぼそぼそとしているらしい。

画像



○ニオイワチチタケ

 やはり傷つくと白い乳液が出る。

 乾燥するとカレーの臭いがするという。

画像




画像




○不明

 針金のような柄。樹から生えていた。4cmくらいの長さ。

 調べたが種類不明。


画像




○フクロツルタケ

 傘が綿くず状の鱗片やつぼの破片に覆われる。柄は鱗片〜ささくれ状で、つばがない。

 毒性分は不明らしいが、猛毒。胃腸系、神経系の中毒で死亡例もあり。


画像



画像




○ドクツルタケ

 「死の天使」(Destroying Angel) という異名を持つ、ご存じ猛毒のキノコ。

画像






○キホウキタケの仲間あるいはニカワホウキタケ

 綺麗な黄色で、珊瑚の形。

 キホウキタケの仲間なら下痢程度、ニカワホウキタケなら、インドールアルカロイドが毒成分で、頭痛、悪寒、平衡感覚の喪失、幻覚、精神錯乱、暴力などの中枢神経系の中毒を起こすらしい。

画像

 

画像





○ダイダイヒメノイカサ

 青の苔(シッポゴケかな?)の中に、一際目立つようにオレンジ色の傘のキノコ。そのコントラストが大変美しかった。


画像



画像





○ベニヒガサ

 綺麗な赤の小さなキノコ。傘は1cmくらいだった。

画像





○アキヤマタケ

 綺麗なレモン色の小さなキノコ。

画像






○不明

 サルノコシカケ系か?

画像






○不明

 中が黒く、縁が白いキノコ。なんだろ?

画像






○マルバダケブキ(丸葉岳蕗)

 葉がフキに似ているキク科の植物。

 今回であった花といえば、ほとんどがこの花であった。


画像



画像






○ノリウツギ(糊空木)

 アジサイ科アジサイ属の落葉低木。枝の先に白色の小さな両性花が円錐状に多数つき、その中に花弁4枚の装飾花が混ざる。樹液を和紙を漉く際の糊に利用したため、この名がついた(by wikipedia)。


画像





○コナアカミゴケ

 地衣類。

 なんかエッシャーの版画に出てくる植物のようで、よろしい。

画像







○アサギマダラ

 廻り目平では蝶はクロアゲハやタテハチョウの仲間や、スジクロチョウ(白い蝶)を見かけたが、アサギマダラを一番よく見かけた。

 ゆっくりフワフワと飛んでいた。

 しきりにマルバダケブキの花の蜜を吸っていた。

 胴体までまだらなんである。

画像

 


画像




画像




画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
栃木県民としては、写真のような綺麗なチタケをみるとよだれがでます。

きのこはなかなかわからないので、見事なタマゴタケをみても持ち帰らないです。
Q造
2010/08/19 06:24
Q造さん、ども!
チチタケ(チタケ)やはり美味しいんですよね。夏場は外見綺麗でも虫が入っている場合が多いので、食と分かってもなかなか採る気がしません。
秋が待ち遠しい?!秋には八ヶ岳のキノコ教室で安心してのキノコ三昧が待っています!
azm
2010/08/19 21:02
カバイロツルタケ。こんな様相で食用なんですか。根元に袋があると手を出しづらいです。でももう秋がそこまできていますね。楽しみです。
うはら皮膚科
2010/08/22 10:25
ども、うはら皮膚科さん!
カバイロツルタケ、私も可食とは知りませんでしたが、後から調べると結構良い食材の用です。袋→ツボがあっても食べられるキノコはあるんですね。今日アップしたタマゴタケもその筆頭の一つ。もっとも、カバイロツルタケも、タマゴタケもテングタケの仲間ですけど。
9月は八ヶ岳のキノコ教室がありますよ。どう?
azm
URL
2010/08/22 23:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小川山、廻り目平で出会ったキノコ、植物、蝶 ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる