ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒百合ヒュッテ「秋の鳥と植物の実」 1日目

<<   作成日時 : 2010/09/21 00:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日(9/12)に速報をアップしたまま、あっという間の一週間、更新できずに過ぎてしまった。

 9/18,19は別途の速報通り、またまた八ヶ岳。今度は毎年参加が恒例となった蓼科山荘のきの教室だった。この分はまたいずれ。

 今回は、表題通り、黒百合ヒュッテ「秋の鳥と植物の実」 1日目の模様。

 
 黒百合ヒュッテ主催の「秋の鳥と植物の実」は八ヶ岳森と自然の学校のイベントの一つ。

 鳥の声や姿の観察、高山植物の実の観察をメインに、山を歩きながら生態系の勉強をする教室なんである。


 4時起きして、8:01八王子発あずさ3号で茅野へ。茅野から10:20発のバスで集合場所の渋の湯に11:15頃着。


 今回の講師は神奈川県相模原市の博物館の学芸員A山さん。

 さて集合場所には、黒百合ヒュッテから迎えに来た若い女性小屋番Yさん。そしてA山さん、小生と相方Kの4人だけであった。

 他に、2グループが参加の予定だったが、キャンセルとなったとのこと。

 というわけで、我々二人きりのほとんどプライベートガイド教室に相成ったわけだ。うーむ、贅沢。


 今回の趣旨説明があった後かるく準備運動をして、11:30渋ノ湯を出発。

 1日目は渋ノ湯から黒百合ヒュッテまで、通常2時間半程度の行程を色々見て歩くので、結局4時間くらいかけてゆっくり歩いたのだった。


画像




 出発してしばらくは余り目立った花などはない。花の季節はすでに過ぎたか、鹿に食べられてしまったか。


 面白い葉っぱのシダ。オサバグサのお化けのような葉のシダはシシオドシシシガシラというシダである。 (追記:A山さん、ご指摘ありがとうございました。)

画像




 イネ科のイワノガリヤスの茎の中程がまん丸になっているものが至る所に見受けられた。

 これ虫癭(ちゅうえい)いわゆる虫瘤(むしこぶ)なんだそうである。植物体にハエなどの昆虫が卵を産み、そのために植物体の発育が異常になって瘤状の組織を作るものである。

 これはおそらくタマバエというハエによる虫瘤。

画像




 黒百合ヒュッテまで、いろいろな”きのこ”に出会った。

 ふふふ。そろそろ秋の季節、きのこの季節だわい。来週のきのこ教室が楽しみ・・・と内心次週の大量収穫のとらぬ狸に酔いしれながら、”きのこ目”を養うのであった。


 はい、おなじみのベニテングダケ。美味しい?毒きのこである。

 赤に白いぼつぼつのアクセント。柄のマチエルも素晴らしい。絵になる”きのこ”の代表だ。

画像




 何かのきのこの幼菌(相方Kによると、オオウスムラサキフウセンタケだとのこと)。

 まるで雪だるまのようだった。

 森に笛の音がこだまする・・・・様な気がした?

画像




 こちらは白いきのこ三兄弟。

 シロコナカブリというきのこかも?

画像





 そして謎の物体X。というか何かの”きのこ”に他の菌が寄生したものか?

画像


 

 堂々たるキンチャヤマイグチ。美味しいきのこの一つなんである。

 すでに黒いナメクジさんがお食事中でありましたー(傘の右端したの黒い奴)。

画像

 



 次なるは「オオカシワギタケ」かな?という代物。

 
画像




 オオカシワギタケはその名前にまつわるややこしいー話があるのだが、この件はまたいずれ。




 少々地味な色のフウセンタケの一つ”ツバフウセンタケ”。食、ということだが食べたことはない。ほこり臭いという報告もあるようであまり美味しくないのか?

画像





 ツルタケの幼菌。ツボを割って出て間もなくだろう。綺麗な姿である。生食では毒という。

画像




 こうして観察を続けながら山道を登る。

 この同じ道を今年の正月に登った。雪があった方が歩きやすいな。


画像




 小屋には3時くらいに着。3時間半かけてのゆっくり山行。


 小屋の部屋からは東天狗の頂上が見えた。

画像





 夕食の後、真っ暗な中を歩くナイトウォークを体験した。

 辺りはガスが湧いて、星も見えない真っ暗闇。

 なかなか無い機会に、我々2人の森の学校の参加者の他に、若い小屋番さん達(黒百合ヒュッテは若い小屋番が多い!)も参加して10人くらいで黒百合ヒュッテから中山峠まで明かりなしで歩いた。

 まったく真っ暗では危ないので、講師のA山さんが懐中電灯で要所要所で照らしてくれる。

 が、やはり暗いことは暗いのだ。足元が見えないというのはほんとに心細く、怖いものだ。

 手探りというか、足探りで進む。

 中山峠では岩の上に腰掛けしばし、闇に親しむ。

 次第に目が慣れあたりがぼうっとシルエットに浮かんでくる。

 人の形もうっすら分かってくる...

 「あれ、一人多い????」

「一人だけかぁ?」

 小学生の頃に体験した夏休みの肝試しを思い出す一時だった。

画像





 というわけで1日目が終了。

 2日目に続く・・・・




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
黒百合ヒュッテ「秋の鳥と植物の実」 1日目 ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる