ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS いざ奥穂高へ その8 終章:上高地へ戻る 

<<   作成日時 : 2011/05/08 11:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 承前

 横尾を8:45に出発。

 梓川沿いに歩みを進める。

画像



 前穂高岳、明神岳の白い雪が眩しい。

画像




 二日前より芽吹きは進んだようだが、まだまだ花には早いようだ。

 相変わらずフキノトウがあちこち顔を出している。

画像





 1時間後、9:45に徳沢園に到着。

画像



 バンバンは流石に若いだけあって、既にお腹が空いたーとカレーを注文。

 ここのカレーはルーからの手作りで旨いらしい。

 我々は・・・・「寒いけど食べてね」・・

画像



画像





 おお、またサルだ。木の皮をむしゃむしゃ。

画像




 10:45、明神着。

画像



 あと一息で上高地だ。



 11:40、河童橋が見えてきた。

 凄い人出だ。

画像




 昨日はあの上にいたんだなぁ。

画像





 11:50、上高知バスターミナル到着。

画像




 バンバンは4時発の新宿行き直行バスを2時発に無事変更。明日は学校、早く帰って宿題やらないと・・・


 ターミナルの2階の食堂で皆で昼食。


 私は、徳沢園でバンバンの食べていたカレーが頭に染みつき、カツカレーを注文。

 ちょっと甘くパンチがなかった・・・。七味を追加・・

画像




 ここで皆さんと再会を期しお別れ。

 また山で会いましょう。



 我々は、最後のミッションに・・・

 風呂に入って汗を流し、そしてビール!!!

 いつもはバスターミナルから大分離れた上高地温泉ホテルで汗を流すが、他に近くにいい日帰り入浴施設がないかと、試しにバスターミナルの観光案内窓口に尋ねてみる。


 おお、バスターミナルから歩いて5分に「上高地アルプス山荘」というのがあると言うではないか・・・!! しかも600円。


 いままで全然知らなかったなぁ。


 林の中、梓川沿いに立つアルプス山荘の赤い建物。

画像



 日帰り入浴は4,5年前からやっているらしい。

 我々が着いたときは他に誰もおらず、小さな風呂だが独り占め。

 浴室の窓からは、穂高が林越しに望める。

 汗を流しさっぱりし、お湯に浸かりながら眺める穂高はまた格別なのであった。

画像




 アルプス山荘を後にして、最後のミッション遂行へ。

 ザックはバスターミナルの邪魔にならないところにデポして、一路河童橋へ戻る。

 5/2に泊まった白樺荘でお土産5%割引券をもらっているのだ。ふふふ


 信州ビールとお土産買って、大好きな梓川のほとりに。

 穂高岳を見上げて眺められるこの場所は、自分の遠隔庭の一つ(もう一つは蝶ヶ岳の瞑想の丘)。

画像




 相方Kと乾杯!

画像





 無事最後のミッションまで遂行。


 ああ、もう一つ。

 バスターミナルの水場で、水筒に水を汲む。

 これが旨いんだな。コーヒーにもよし、バーボンの水割りにもいいな。


 

 14:40のバスで新島々へ。

 大正池に映る穂高に別れを告げた。

画像






 これにて、全巻の終わりでございます。

 全部読んで下さった奇特な!皆様、御礼申し上げます。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
奥穂登頂、おめでとうございます。
山の景色は本当、最高ですね。
それにしてもやはり登る人は多いですね。
びっくりしました!
やまとそば
2011/05/09 06:54
いいものを見せて頂きました。一気に読んでしまいました。
ネビル
2011/05/09 20:49
やまとそばさん、ども!
ありがとうございます。登頂日は朝方曇りがちでしたが、白出のコルからは天気に恵まれ絶景を満喫しました。
以前GWに涸沢に入ったときよりも人は多かった感じです。それでも小屋は夏ほどではない感じでした。
azm
2011/05/09 23:41
ネビルさん、ども!
いやぁ、知らず長くなってしまいました。相方Kからは極力文章は短くせいと言われております(^^;;
azm
2011/05/09 23:43
おそまきながら全巻読ませていただきました。すばらしい景色と冒険談、堪能いたしました。いろいろな人との出会いも、山のだいご味ですね。もうだいぶ槍や穂高から遠ざかっていますが、久々に穂高に行きたくなりました。
trekker-k
2011/05/11 22:51
trekker-kさん、ども!
思わず知れず長編山行記録?!になりました。やはり穂高はよいですよ。
立山もいいですね。数年前のGWには雄山は生きませんでしたが、一の越から竜王、大汝から別山と歩きました。一の越からの風景は会社PCのスクリーンの絵に使っています。
azm
2011/05/12 23:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
いざ奥穂高へ その8 終章:上高地へ戻る  ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる