ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS いざ奥穂高へ その2 横尾〜涸沢 編

<<   作成日時 : 2011/05/07 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 承前

 
 横尾の吊り橋を渡ると雪山の入り口だ。

 11:30、横尾出発。

画像



 屏風岩を左手に見上げながら雪道を踏みしめる。

画像



 
画像



 日本最大級の岩場、屏風岩がそそり立つ。”いわば”日本のハーフドーム(byS本さん

画像



 トラバース道が続く。

画像


画像



 いつの間にか屏風岩も後方に・・・

画像



 大分回り込んできた。

 いつの間にか本谷橋を過ぎて横尾谷の右岸に回っていた。

 涸沢に続く谷は雪崩のデブリで埋まっていた。

画像



 連休前に大きな雪崩があり、この道もようやく29日に復旧したばかり。

 デブリの立体視(平行裸眼です〜)。

 デブリがうねって谷を埋めているのが分かるっしょ?

画像




 ちょと休憩。

 左がバンバン。昨年、モンブランに登った山好き。高校では山岳部。緑のジャケットがガイドS本さん。

画像



 ダケカンバ。

画像



 ここらからまた傾斜が急になる。


 涸沢まで行列が続く・・・・・!

画像



 14:50、涸沢ヒュッテ到着。

 いやはや、かなり疲れた。空気も薄いかな。

画像



 小屋について間もなく、外では雪が舞い始めた。

 やがて霙(みぞれ)に・・・・・・

画像


 
 天気が良ければテラスでのんびりなんだが・・・・

 そういえば、ヒュッテのテラスも先日の雪崩で被害にあったようだ。



 しょうがないので、夕飯まで小屋内の談話スペースで氷河ワインで鋭気を養うのであった。


画像





 17:00、夕飯。

画像




 17:45、夕食後外に出てみた。

 既に霙(みぞれ)は止んでおり、白出のコルから涸沢岳に滝雲が流れ落ちていた。

 (クリックしてみてね。)

画像



 涸沢カールの下には雲がぽっかり。

画像




 明日は晴れてくれぃ!




 続く・・・・・









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
デブリの跡、なんだか背筋が寒くなります。あちこち、雪崩の被害があったようですね。暖冬で日本海で蒸発する水の量が増えて、かえって雪の量が増えているのだとか。3日の午後は立山も雪でした。翌日は結構晴れてましたからきっと眺めがよかったのでは?続き待ってます。
trekker-k
2011/05/07 23:22
trekker-kさん、ども!
白馬岳大雪渓でも雪崩で被害がありましたね。涸沢も連休直前の雪崩だったので、GWに入ってからは安定したようです。不安定な雪は全部落ちてしまったということでしょう。5/4は朝のうちは曇りがちでしたが、後半持ち直し絶景を楽しめました。
azm
2011/05/08 00:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
いざ奥穂高へ その2 横尾〜涸沢 編 ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる