ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 復帰第一弾 三ツ峠山  その2  登り&鹿防護柵設置のお手伝い

<<   作成日時 : 2011/09/17 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 さて、今回の三ツ峠山。

 6月に参加した三ツ峠ネットワークのその後の作業への参加なのでした。

 新たな鹿防護柵の設置作業のお手伝い。

 8:30から作業が始まっているはずなので、登山口を7:15に出ればちょうど作業開始に間に合うはずです。



 では、登りの様子から・・・・

 登山口の脇にツルニンジンの花。

 初めてお目にかかりました。

画像


 なかなか造形的なお姿。

画像




 三ツ峠山に沢山生えているテンニンソウ。希少植物の群生地に蔓延っているテンニンソウ刈りが6月の作業でした。

 この時期、花が咲いています。

画像



 テンニンソウに葉っぱが似ていなくもない、コウシンヤマハッカ。

画像



 
画像


画像



 クサボタンの花。

 花もなかなかユニークな形ですが、こいつの実がまたけったいな形をしております。

画像




 お、立派なきのこ。

 カラカサタケ。 背が高く、傘に表皮が破れた片鱗がまばらにくっついてます。

画像




 そして、ありました。

 ベニテングタケ(紅天狗茸、学名: Amanita muscaria)!!

 幼菌です。 かわゆい。 でも毒です。 死なないけど。

画像





 面白いモノを見つけました。


 山道の両側が泥になっている斜面。

 小石の下だけ円錐状に残り、あとは雨で削られ、細長い円錐がにょきにょき。

 カッパドキアの超ミニ版。

画像




 あ、ハクサンフウロ。  いえいえ、どうも「カイフウロ」らしいです。

 下りでいろいろな形態に出会いました。

画像



 マムシグサ。赤と緑のツートンカラー。

画像




 ヤマトリカブト。

画像



 
 花盛り。

画像



 花に潜って蜜を吸うのはコマルハナバチかな?

画像



画像



画像





 ウメバチソウ。

 清楚でいいね。

画像



画像




 サラシナショウマ。 結構良いにおい。

画像



 ハチさんが一所懸命蜜吸い。 ハキリバチの仲間かな。

画像




 チャワンタケ。

画像



 きのこです。

画像




 アズマレイジンソウ。 トリカブトの仲間なんですね。

画像




 8:30。 漸く目的地に。

 声が聞こえるので近づくと、ちょうど作業が始まったばかりの所でした。

 土曜のうちに鹿防護柵の支柱打ちが終了しており、今日はこの支柱に金網を張る作業。

画像



 今回参集したのはNW主催のYさんとそのお仲間5人。 そして後から小生と相方Kが加わり7人での作業。


 2m×20mくらいの巻いた金網を広げながら、支柱に取り付けて行きます。

 全長130m。


 金網と金網の接続部分は、端っこに突き出したハリガネをお互いの網に巻き付けていくのですが、これがなかなか難しい。ハリガネを巻くのにちょっとした道具を使いますが、初心者?ではなかなか綺麗に巻けないんですね。


 さて、天気予報では午後3時くらいから雨でしたが、なんせ山の上。10時まえから小降り、そして本降りに。


 雨の中、皆で黙々と作業。

 張った金網は、金属板をねじ止めしながら支柱にしっかりとくっつけていきます。

画像



 昼が近づく頃、雨が上がり、どんどん雲が切れてきました。

画像



 いったん、お日様が照り出せばまだ強い陽射し。

画像




 皆で張ったばかりの防護柵の前で雑談しながらお昼。

 皆さん還暦過ぎで、色々山に登っていらっしゃる方ばかり。


 この日の作業は午後もまだ続いたのですが、我々は帰りの時間もあるので、午前中の作業だけでお暇させて貰いました。


 Yさん、また宜しくお願いいたします!





 三ツ峠山荘にも寄って、ご主人のNさんに挨拶して、 さて、下山。


 前回のリベンジなるか??



 つづく・・・・




 
 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
復帰第一弾 三ツ峠山  その2  登り&鹿防護柵設置のお手伝い ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる