ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 初秋の瑞牆山(みずがき山)  その1 瑞牆山荘から頂上まで

<<   作成日時 : 2011/10/16 12:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 10/10連休の最後の日、日帰りで瑞牆山に登ってきた。

 朝、韮崎から瑞牆山荘行きのバスがあるので、それに間に合うように特急あずさ1号で出かけた。


 韮崎には8:37に到着。

 8:50発の瑞牆山荘行きのバスを待つ。

 別の行き先のバスと同時に2台来たので紛らわしかった。

画像



 瑞牆山荘までは結構かかる。通仙峡(本谷川)をたどって増富温泉郷を超え1時間強。

 途中からは道も狭くなり、鋪装はしっかりされているが対向車とすれ違うのが大変な道である。


 10:00頃、瑞牆山荘到着。

 天気が良く、空気も美味しい。

画像



 10:10登山開始。

画像



 気持ちのよいミズナラの森を行く。

画像




 ところどころ木の葉が色づき始めている。

画像



 空を仰げば、木の緑と、空の青が心地よい。

画像




 30分あまりで富士見平小屋到着。

画像


 昭文社のマップの標準時間は50分。でも、昔の地図はもっと標準時間が短かった。中高年?向きにゆっくりペースの時間が標準になったんだな。


 一休み。傍らの苔も明るい光を浴びている。

画像



 さあ、先へ行こう。


 ああ、山頂が垣間見える。 やはり奇岩の頂だ。

画像




 間もなく、天鳥川の谷に向かって下りになった。

画像




 天鳥川を渡る。

画像



 谷間に空が開き、光が当たって紅葉が綺麗だった。

画像




 天鳥川を渡り、少し開けた広場を過ぎると、桃太郎岩がどーん。

 大きな丸い岩が真っ二つに割れている。

画像




 桃太郎岩の脇にしつらえてある木の階段を上る。

画像




 この辺から急登りが続く。

 ロープもあったり。

画像



 木の階段もあったり。

画像




 仰ぎ見れば初秋。

画像




 まだまだ所々であったが、結構綺麗に色づいている木があって嬉しい。

画像



 倒木もあって、ワイルドな道。

画像




 振り返ると富士山が雲の上に顔を出していた。

画像




 間もなく、登山道は瑞牆山のシンボルとも言える大ヤスリ岩の脇を巻いていく。

画像



 巻きながら標高を上げていくので、大ヤスリ岩の表情がどんどん変わっていく。

画像




 連休最後の天気の良い日なので、登山客が多い。

 険しいところで、しばし渋滞。

画像



 なかなか険しい。

画像




 いつの間にか大ヤスリ岩のてっぺんと同じくらいの高さになった。

画像




 おお、なかなかいい岩してますね。

画像



 
 山頂にもう少しの所に、ちょっとした難所。

 ロープを使い問題なく通過。

画像




 鉄ばしごを超せば、ほんのもう少しで頂上。

画像



 あと少し。

画像



 12:00、頂上到着。

画像



 2230m。

画像





 続く・・・・・




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初秋の瑞牆山(みずがき山)  その1 瑞牆山荘から頂上まで ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる