ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 旅レコ

<<   作成日時 : 2011/11/12 15:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 地図がスキで、歩いた道は記録したくなる。

 GPS・・・・

 ガーミンのカラーで地図が見ることの出来るのが欲しい・・・ でも高いよね-


 昨年のことだが、山で知り合った人がザックに黄色いフィルムケースのようなものをぶら下げていた。

 なんと小型のGPSロガ-だと言う。


 で、最近ちょっとしたきっかけがあって、GPSロガーをネットで探した。

 上記の黄色いフェイルムケース型のロガ-は

 Wireless GPS Logger M-241 HOLUX という外国製のロガ-だった。


 で色々探していると、日本のI/OデータさんがOEMで日本語バージョンのほぼ上記機種と同じロガ−を出していた。Bluetooth機能がないだけ。


 商品名は「旅レコ」。

 ログが取れるだけでなく、今いる位置の緯度経度や移動速度、方向が小さな液晶に表示される。

 付属のソフトを使えば、Googlemapにログを取った経路を表示でき、時刻を合わせたデジカメ写真との同期も出来るというものだ。


 これは良い。・・・amazonでげっと。

画像



 先日の高尾山のブログ記事に掲載した経路は旅レコで取ったログをカシミールで読み込んで書いたものである。

画像




 カシミールを使えば鳥瞰でルートも確認出来る。

画像




 時刻がきちんとあっていれば、その時刻で撮影場所が分かり、ビューアーソフトで閲覧ができる。

 青い線が歩いたルート。直線部分はリフトの行き帰り。

画像



画像




 移動データから、速度や標高のグラフなどを書くことも出来る。

 高尾に行った皆様、登ったり、下ったり、良く歩きました−。


画像




 単三電池一本で1日は十分持ちそう。

 なかなか使えそうな新兵器なんである。





 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
すごい機器があるんですね。私も地図、特に地質や断層が記載された地図が大好きです。実際の地形を断層地図と比べて楽しんでます。実はうちの真下を活断層が走ってるんです。断層に沿って室町時代から続く旧道が走っています。当地では1000年に1回起きていたらしい大地震が1200年起きていないようです。平安時代から起きていないのだから、室町の道が残ってるわけです。
うはら皮膚科
2011/11/17 23:57
ご無沙汰してます。私もスノーハイクの保険にGPSほしいな〜と思っているんですが、踏ん切りがつきません。ソニーのNAV-Uはちょっと気になったんですが電池の持ちがいまいちのようですね。記録用なら手軽な価格であるんですね。
trekker-k
2011/11/19 22:54
うはら皮膚科さん、ども!返事遅くなりました〜
地質図も面白いですね。私はもっぱら地形図ですが。なるほど、室町の道が残っていると言うことは大きな地震がずーっと無いって事なんですね。1000年に一度ならば東日本大震災のような大地震でしょうね。とはいえ日本はどこにいても同じようなものですが。
azm
2011/11/20 11:55
trekker-kさん、ども!ご無沙汰です。風邪気味だったり仕事が忙しかったりで、しばし山に行けないでおります。
バックカントリーのスノーハイクで使うならホワイトアウトなどの時に地図上で現在位置を確認したいですね。となるとやはりガーミンなんか欲しくなるところですが、高いですしね。旅レコは記録用ですが、液晶に緯度経度が表示されます。緯度経度が分かるように準備した地図があればなんとか・・・。ホワイトアウトになるようなbadconditionでは、地図出して緯度経度確認して、というのは地と厳しいか。しかし、雪の八甲田山行軍を思えばやはり21世紀ということでしょうか。
azm
2011/11/20 12:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
旅レコ ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる