ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS Last Sunrise  そうだ八ヶ岳に行こう その1 赤岳鉱泉まで

<<   作成日時 : 2012/01/01 18:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 冬休みである。

 クリスマス寒波は過ぎた。

 気になる天気予報。

 12/30、31は比較的気温も高め、冬型も一時的に緩みそう・・・・

 予定として、

 @御岳でボルダリング 
 A近場でスキー
 B八ヶ岳

 の選択肢。

 天気が良さそうなら、やはり雪山か。

 山岳ガイドさんに頼らず、八ヶ岳の硫黄岳なら相方Kと二人だけでもなんとか行けそうだね。


 と言うわけで、Bを選び、12/30,31と硫黄岳に行ってきました〜


 12/30 朝。

 まずますずの天気。

画像



 あずさ5号で茅野へ。

 甲府手前で、南アルプスが白く輝いていました。

画像




 小淵沢が近くなると、八ヶ岳の勇姿が・・・

 心はやります!

画像




 茅野に10時過ぎに到着。

 美濃戸行きのバス亭からちらりと八ヶ岳の一部が見えました。

画像



 美濃戸口に11時過ぎに到着。

 赤岳天望荘のF社長に挨拶。

 ”え、天望荘じゃないのぉ?!”

 ”今回はガイド無しなんで、硫黄岳だけ。 鉱泉泊まりですぅ〜!”

 あれこれやりとりして、”じゃあ!良いお年を!!”

 Fさん、”じゃ、上で会おうねぇ〜!”

 いえいえ、硫黄岳だけだから・・・・ははは


 八ヶ岳山荘前で。

画像



画像



 八ヶ岳山荘でお昼を済ませ、11:30出発。


 美濃戸に近づくにつれ阿弥陀岳が勇姿を見せてくれます。

 阿弥陀の上に昼の月。見えるかな?

画像



 美濃戸の駐車場には車が一杯。

 登山者がかなり入っているようだ。

画像




 美濃戸山荘に12:30着。

 いつもお世話になっているTさんに挨拶。

 ”あれ、冬もやるんだっけ?”

 ”ええ、冬の八ツは4度目。今度はガイドなしの二人だけで硫黄に登ります!”


画像




 美濃戸山荘で息を整え、先に進みます。

画像



 柳川北沢に沿って進みます。

画像



 沢は所々凍っていました。

画像



 あれっ?! 冬なのに白い花が・・・・

画像


 苔の上に積もった雪でした。



 13:10、林道の終点。

 ここで橋を渡り、本格的な?登山道に入ります。

画像



 所々に木の階段があり、滑りそう。慎重に進みます。

画像



 北沢を何度か渡ると、やがて行く先に大同心が見えてきます。

画像



 細長いだるまのような、お地蔵山様のような大きな岩が大同心(だいどうしん)です。

画像



 さらに進むと、大同心が腰を据える横岳が近づいてきます。

画像



 いやぁ、八ヶ岳はいつ来ても良いけれど、雪の八ツはまた格別だなぁ・・・

画像



 14時、本日の目的地である赤岳鉱泉に到着。

画像



 赤岳鉱泉の冬の名物、アイスキャンディ。

 アイスクライミングの練習用ゲレンデ。人工の氷の壁を登っています。

画像



 はい、赤岳鉱泉到着しました〜。 ここまではアイゼンなし、ストックでOK。

画像


画像



 汗でびしょびしょになった服を、食堂のストーブにあたりながら着干ししたあと、5時の夕食までは特にすることもなく、談話室でまったり。


 大阪から来たグループの会話を聞いて楽しんでましたぁ。

 談話室からは、大同心がよく見えます。

画像



画像



 日没寸前の16時半頃、横岳が赤く色づいてきました。

画像



 赤岳も赤いかも?

 寒いの覚悟で外に出て・・・・

 アーベントロートの赤岳。

画像



 さぶっ・・・・




 そうこうしているうちに・・・5時。夕食の時間。


 赤岳鉱泉の夕食はステーキだったり、いつも豪華。

 この日は、豚しゃぶしゃぶに、焼き魚(ホッケの半身)。

画像



 豚しゃぶしゃぶ、旨し。 一人一つの鍋だぜ。 山小屋だよ。

 ヨーロッパ・アルプスの山小屋の水準に近づけようという努力が偲ばれます。

画像




 さて、消灯は9時だけど、

 久々の山歩きで疲れたこともあり、

 明日は4時起きだし・・・・

 8時には就寝体勢に。


 そう、明日は移動性高気圧が本州真上。

 朝から天気が良さそうだし、穏やかな一日になりそうなので、夜明け前に出発して、2011年の Last Sunrise を拝むのだ。


 朝飯は、お弁当にしてもらい、既にゲット。


 では、good night !



 硫黄岳、登頂編につづく。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Last Sunrise  そうだ八ヶ岳に行こう その1 赤岳鉱泉まで ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる