ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS Last Sunrise  そうだ八ヶ岳に行こう その2 硫黄岳登頂編

<<   作成日時 : 2012/01/01 18:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 12/30、8:00pm就寝。

 最初に起きたのは10時、その後、何回か、目を覚まし...

 やがて3時半過ぎ。

 トイレに行って、戻れば3:50だ。

 相方Kを起こし、弁当と荷物を持って、食堂横の自炊室に移動。

 暖かいお茶は食堂のポットを利用できる。

 作って貰ったお弁当もなかなかしっかりした内容。お赤飯だぜぃ!!

画像



 さて、この辺で今回の山行の行程を紹介しておきましょう。

 オレンジ色の線が、美濃戸口の八ヶ岳山荘から、赤岳鉱泉までのルート。往復ほぼ同じ。

 赤線(青線と重なっています)が赤岳鉱泉から硫黄岳へのルート。

 クリックして大きくして見てね。

画像



 往路(青)、と復路(赤)と概ね同じですが、往路に山頂直下で通った北側のトラ-バースルートがちょっと危なっかしかったので、復路はコースを若干変更。

 さらに復路は、赤岩の頭という小ピークの上まで足を運び、写真撮影。ここは風がなく好展望だったのでした。

 クリックして大きくして見てね。

画像



 4:50、準備OK。出発。

画像



 空には月もなく、満天の星空。

 北に向かうので、前方上空に大きな北斗。

 真っ暗なので、ヘッドランプの明かりを頼りに登っていきます。

 山頂間近の赤岩の頭の付近までは樹林帯を進みます。

画像



 この日の日の出は6時50分頃。

 1時間くらい前から薄明が始まりました。

 6時15分、樹林帯の終了手前で、大休止。

 山頂で日の出の時間になるように時間調整も兼ねてます。


 薄明のオレンジからネイビーブルーのグラデーションに赤岳のシルエットが浮かびます。

 この時間がたまらない・・・!!

画像



 6時半、樹林帯を越え、赤岩の頭の下に出ました。

 うっすら赤くなった硫黄岳。

 暗いのでぶれぶれですがご容赦。

画像



 さらにぶれぶれですが、山頂間近。

画像



 6時40分、山頂! 日の出にはまだ少し時間があります。

画像



 山頂は7、8mの風。 冬の八ヶ岳にしては風がない方だろうな。

 ザックにつけた簡易温度計はマイナス15℃を下回って、−17,18℃くらいか。


 ひえー寒い。


画像



画像




 さあ、そろそろ2011年最後の日の出だぁ。



 つづく・・・・




 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Last Sunrise  そうだ八ヶ岳に行こう その2 硫黄岳登頂編 ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる