ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 高尾山初詣  その1  薬王院のおみくじは・・・

<<   作成日時 : 2012/02/05 16:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 いやぁ、もう2月も4日を過ぎた。

 何ともせわしない今日この頃なのである。

 予告編?でお知らせしたように1週間前の1/29に高尾山に初詣、初山行。

 少々話題としては出遅れた感じですが・・・いやはや。


 今回の行程は、JR高尾駅から例によって金比羅神社を詣で、落合から金比羅台を目指し、1号路(表参道コース)を薬王院へ進むコース。

 薬王院で昨年のお札を返し、新たなお札とおみくじをゲットしてから頂上へ。

 山頂でとろろ蕎麦で燃料補給して、稲荷山コースを下山。

 いつもは城山まで足を延ばし、千木良に下りて温泉に浸かるのだが、久々(1ヶ月ぶり)に山行で、年度末仕事で暫く休みなしだったので省エネコース?で、山頂からそのまま高尾口に下りることにしたのであったのであった。


 というわけで、こんなコースでした(クリックしてね)。

画像


 9:00出発、13:20下山の4時間余りの行程でありました。



 JR高尾で電車を下りて、南口から出発。

 日陰にはまだ雪。ところどころ凍っていましたな。

画像



 行く手にこんもり、金比羅神社のある小山。

画像



 途中、いつも楽しみな龍雲山乗寺のお言葉。

画像


 たとえどんなに辛くても春を迎えぬ冬はない。

 そうだよな、と素直な小生。

 シニカルな相方は、冬が一番危ない。冬を越せない場合も多いぞ、と....あらら。



 金比羅神社への登り口。ここで、厚着のウェアを脱ぎ去り、戦闘モードに。

 山を歩くとすぐ発熱、発汗するので、アウターを脱いで薄着になったということですが。

画像




 去年の台風の倒木がまだ残り、道は荒れていました。

画像



 金比羅神社、9:30。
 初お参り。

画像



 前に来たときはなかった、立派な龍の像。御利益ありそう。

画像




 いったん下ります。

画像



 行く手に高尾山。

画像



 落合には北斜面の急坂を下ります。

 少し凍って怖い。

画像



 落合で道路を渡ります。

 高尾山近道の道標。

画像



 しばらく民家の間の道を進みます。

画像




 高尾山登り口。

 ロープが張ってあり、通行注意の札。

 倒木かなり多くある。頭上、足元にご注意下さい。

画像



 雪も随分付いていそうだ。

 ここで第2戦闘モードに。

 軽アイゼン装着。

画像



 降雪のあった日から1週間以上あったがまだ日の当たらないところは雪が多かったぁ。

画像



 確かに、倒木も多かった。

 通せんぼ。

画像




 空が開けてくると、間もなく金比羅台だ。

画像



 10:30、金比羅台。

 都心方向が一望出来る展望台だ。

画像



 スカイツリーも見える。ま、見えたらから、どうと言うことはないが...

画像



 ここにも金比羅様のお社があります。

画像




 ここから、一号路(表参道)に合流します。

画像



 人が多いところなので、表参道はしっかり除雪済み。

画像




 高尾山は植物の種類が多い山。

 立派な樹も多い。バオバブもある。(わけない)。

画像





 浄心門を過ぎ...

画像



 男坂を登れば....

画像




 間もなく、薬王院の仁王門前に出ます。

画像




 ここで、ちょっと小腹が空いたので小休止。

 仁王門の前の茶店「もみじや」さんでお焼きをゲット。

画像



 かぼちゃのお焼き! goodでしたぁ。

画像



 お手水。水が凍っていました。さう゛っ。

画像



 薬王院で飯縄大権現に願いを込めてお参り。

画像




 そして、恒例のおみくじ・・・・・


 お・・・・

 やっぱ・・・・





 第98 凶 !   


画像



 糸の乱れを解かんと思うは、困難なるものなり・・・・

 うーん、当たってる???

 信心すれば、また逃るることあるべし。  あるべし!


 で、相方kはというと・・・・・


 お・・・・

 やっぱ・・・・・

画像





 高尾山、薬王院のおみくじは容赦がないのであった。


 これまでの確率でも「凶」が出ることが多い、おみくじなのでありました。


 続く・・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
相方Kさんへ 冬山はどたばた動き回ると雪に埋もれて春が来ないことがあります。冬はやはり伏せて突風を逃したほうがいいのでしょうか?
うはら皮膚科
2012/02/05 21:07
ども!うはら皮膚科さん。 私が端折って書いたので意味が分かりにくくなってたようで・・・。 冬を越せず死んじゃう人が多いと、ま、そんなことで。はい。元気に春を迎えましょう。
azm
2012/02/07 00:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
高尾山初詣  その1  薬王院のおみくじは・・・ ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる