ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS リベンジ 雪の西穂高岳  その4 西穂岳に立てた!

<<   作成日時 : 2012/04/16 17:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

 ピラミッドピークには7:05〜7:10の5分ほど滞在。

 前回(2010年12月)は山荘を出てから3時間くらいかかっていた。

 今回は約2時間。

 雪の状態が今回が良いと行っても、ペース早い。 付いて行けるか。


 8:00頃、前回の撤退地点付近。

 西穂頂上直下。

 振り返って見た第3峰(西穂頂上を第1峰としたピーク名。独標まで11峰ある。)はたっぷり雪をいかぶり、ピークには雪庇が張り出している。

画像



 前回(2010年12月)、撤退地点で取った第3峰。前回の方が雪の付き方が少ない。

画像



 今回の相方K.。

 余裕綽々。

画像




 8:26! 西穂高岳2909m、山頂に立てた!

画像



 相変わらず小生は息も絶え絶えにゼーゼーハーハーしながら、なんとか登頂。



 いや、しかし。

 西穂の頂上からの景色は素晴らしい。

 漸く見ることが出来ただけに感激もひとしおだ。

 奥穂から、左手の槍ヶ岳まで、槍穂高連峰を南から一望。

画像



画像



 ピークに見える黒い岩稜はジャンダルム。そのすぐ脇に奥穂高の頂上。

 美しい懸垂曲線の吊り尾根をたどるとたおやかな前穂高岳。

画像




 パノラマで(クリックしてね)。

画像



 北西方面には遠く立山も見渡せた(クリックしてね)。

画像



 立山拡大。

画像




 登頂記念。

画像



 師匠K山さんと、今回同行の山慣れたYさん。いろいろアシストしてくれたので、大変に助かりました。

画像



 K山さんと、ジャンダルムを背景に。

 上空の雲が綺麗・・・・

画像




 追記
 K山さんのブログから山頂で撮って貰った写真を拝借しました。mOm

画像





 さて、山は頂上で終わりではない。

 下らなきゃ。

 げっ。あのアップダウンを戻るんだ。

 ただでさえ、下りに弱い小生(腰が引け、バランス悪いんだな〜)は、輪をかけて筋肉が悲鳴をあげ始めていた。


 大丈夫か!

 続く・・・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
西穂高岳〜ジャンダルム〜奥穂高、そして涸沢カール紅葉 その3 西穂山荘〜独標
 承前。 ...続きを見る
ベランダ畑、時々山から
2012/10/13 16:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
東映京都撮影所の黒川と申します。
ただ今科捜研の女の準備中なのですが、
お持ちの西穂高のお写真を拝借できないかと思いコメントさせていただきました
連絡は curoplanet@gmail.com までお手数ですがお願いいたします
黒川
2014/10/09 19:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
リベンジ 雪の西穂高岳  その4 西穂岳に立てた! ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる