ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 白き峰はやはりスゴかった  その2 富士山頂を目指せ

<<   作成日時 : 2012/05/21 16:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 承前。


 前日ほとんど寝ていないせいか、缶ビールと、K山さんについでもらった「いいちこ」のせいか、7時に寝床に入ったとたん、いびきをかいていたらしい(by 相方K)。

 で、2,3回ちょっと眼が覚めかかっただけで、3時まで爆睡。

 よく寝た〜...筈なんだがな。


 朝3時10分。富士吉田の夜景。

画像




 佐藤小屋の朝。

画像



 出発、朝の4:10。

画像



 今回のルートは佐藤小屋から吉田ルートを経て頂上(浅間大社奥宮)へ。

 旅レコで取ったログをGooglemapに重ねると・・・・(最初と最後がちょっと切れてます)。

画像



 カシミールの可視バードで鳥瞰にするとこんな感じ。

画像



 およそ9時間の行程。登り6時間、下り3時間。いやはや疲れた。


 出発時はまだくらいのでヘッデンを付けて。

 とはいえ、もう薄明が始まっており、東の空はぼんやりと赤みが差してきました。

画像




 しばらく夏道を登ります。

 4:40、もうヘッデンはいりません。

画像



 4:48、最初の小休止。靴の調子とか、確認。

 6合目付近、まだ雪はありません。

画像




 下界の山中湖に朧な朝陽が照りかえっていました。

画像




 さらに夏道を7合目まで。5:20。
 工事用道路みたい。

画像



 7合目に5時半くらい。

 この上からは雪山登山。

 アイゼンとピッケルを装着。ストックは7合目の小屋の片隅にデポ。


 いきなりの急登。

 雪訓の成果か、怖さはなく、ひたすら登る。

 で、なんだか眠い。あんだけよく寝たのに。

 6:20、2890mくらいで小休止。

画像




 もう3000mですから、空気うすいので、しっかり深呼吸して下さいね〜。

 息の音がするくらい大きくゆっくり。

 まだまだ息の音が聞こえないですよ〜


 西穂の時のように息が上がることはないが、変に力が入っているのか、汗だく。


 azmさん。もっとリラックスして、肩の力を抜いて〜



 しかし、眠い。深呼吸してたっぷり息を吸うと眠気が一段と加わる。

 なんか、めまいというかふらふらして、足元も危うい。

 シャリばての兆しも・・・・


 azmさん、大丈夫ですかぁ? 

 眠いのと、シャリばて気味です・・・


 高所障害が出始めているみたいですね、運動失調もあるみたいだし。

 ちょっと休みましょう。


 ということでルートから脇によけてザックを卸しました。7:54。

 ホントはもっと上(下の写真の上の方)で休む予定を繰り上げてもっらった事に。

画像


 3290m。

 アミノバイタルと、おされてせんべいみたいになった栗最中で、燃料補給。

 水分も十分取り、なんとか少し回復。

 休憩中は体温を逃さないように、上にダウンを着込みました。

画像



 大分上がってきたなぁ。

画像



 あと400m程。通常の山だと標高差100mを15分というのが目安。

 しかしここは既に北岳よりも高い高所。空気も薄いので後の400mはおよそ2時間のペースとのこと。



 このあと、9:15に9合目で水分補給の小休止。

 3560m。

 あと200m。 直ぐそこに頂上が見えるのだがなぁ。



 10:00、頂上(3720m)に到着。

 剣が峰ではないので、3777mではないが、頂上なんです!

 浅間大社奥宮の阿吽の獅子が頭だけ出していました。

画像




 ちょっとヘルメットが傾いていますが...富士山登頂記念。

画像




 相方Kと記念写真。

画像



 頂上からの下界のパノラマ。

 昨日は快晴でしたが、この日は高曇りで、遠くが見えず。

 でも山中湖や樹海の新緑、北富士演習場、三ツ峠山などダイナミックな景色がひろがっていました。

画像


→クリックしてね。


 下りは300mくらいから一気にまっすぐに下りるルートに。

 気温が上がると雪が腐ってくるので、なるべく早くおりましょう。

 で、途中からはシリセード(尻制動、グリセードのもじり)。

 ピッケルで制動かけながら、一気に雪面を滑り降ります。

 なかなかどうして急な斜面。

 スピードが出てくると怖くなるので、ピッケルで制動をかけるのですが、これがまた力が要る。

画像



 しかし3分弱でおよそ100mを一気に下ることが出来ました。

 シャクナゲの林をトラバースして、ちょうど7合目、ストックのデポ地点に戻りました。

 ここで、ちょうど12:00。

 アイゼンを脱ぎ、ピッケルをザックの背中にくくりつけます。

 いやぁ、かなりくたびれた。

 昼食用行動食の相方K自家製パンを囓るも、なかなか喉を通らない・・・


 ここからはまた夏道を佐藤小屋に下ります。


 頂上にはガスがかかっていました。

画像




 佐藤小屋には13:00に到着。

 下りがちょうど3時間。予定通り。


 小屋にデポしておいた、余計な荷物をザックにパックして帰路に。

画像





 帰り道に立ち寄った下吉田のコンビニの駐車場から富士山が間近に見えました。

 青い矢印の辺りを登っていったことになります。

画像




 高曇り載のせいか日射もあまり強くなく、風もほとんど無い穏やかな日で、またとない富士登山日和だったようです。


 懸案の雪の富士山、なんとか無事に登ってくることができましたぁ〜!




P.S.1 ECLIPSE LIVE FROM FUJIYAMA by SOLAR POWER

 佐藤小屋には、金環日蝕を富士の頂上からインターネット中継を計画しているパナソニックのチームが来ており、頂上へ機材の荷揚げをしていました。

 6合目にはテントをはっていました。頂上からの映像を御殿場へ送る中継拠点何だそうです。

 5/21、富士山はあまり天気が芳しくなかったようだけど、どうだったかな?


P.S.2 メロディーポイント(県道富士河口湖富士線)
 http://www.pref.yamanashi.jp/ysd-kensetsu/doroiji/melody_point.html

 富士スバルライン。下りも「〜ふーじーは、にっぽん、いちのや〜ま〜」の雑音めいたメロディが聞こえました。

 これ、上記のサイトに説明がありますが、道路を横切る溝がメロディーを発していたのです。タイヤとこの溝が擦れるときに発生する音。音の高低に合わせ溝の幅を変えているそうです。スゴイ。


 Youtubeにアップされている映像がありました。

 http://www.youtube.com/watch?v=kcTd4nu_drA







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
白き峰はやはりスゴかった  その2 富士山頂を目指せ ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる