ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 春浅き八ヶ岳 その5 天望荘へ

<<   作成日時 : 2012/06/08 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 6/2、土曜日。

 この日は天望荘へ。

 目的は二つ。 開山祭前夜祭に興味があったこと(生ハム!)、そしてそろそろツクモグサが咲いているので、久々に訪ねてみたいということ。

 8時過ぎに出発。

 山にしちゃ、ゆっくりめの出発だ。てか、もう山の中にいたんだけど。

画像




 この日のルート。

画像



 美濃戸山荘から南沢を登り、行者小屋を経て地蔵尾根。そして天望荘というコースだ。


 樹林帯の南沢を行者小屋まで登ると、急登の地蔵尾根。地蔵の頭、稜線に出て右手へ。赤岳の肩にある天望荘に向かった。

 下のGPSログで稜線に出てから左手のルートは、横岳手前の日の岳までツクモグサを訪ねた道筋だ。旅レコによるGPSログをカシミールで処理しました。


画像




 南沢を渡る。

画像




 しばらく南沢の左岸を登る。右岸に渡る所がいつも分かりにくい。

 早めに渡ろうと、足跡をたどったが、うまく渡れそうもない。結構水の量が多かった。

 と、少し上流に橋が見えた。

 少し引き返し、さらに左岸を登ると間もなくしっかりとした橋に。

 新しい橋だ。これで迷わなくてすむようになるな、南沢。

画像



 今度は右岸に沿って森の中を歩く。

 静かな森。良い感じだ。

画像



 しばらく花の気配がなかった。


 と...。スミレだ。

画像



 ミヤマスミレだろうか。でも葉の柄の部分の湾曲が違うような気もする。

画像



 どなたか分かりましたらお教え下さいmOm

画像




 おお、これは立派なハナゴケの仲間。ジョウゴゴケかな。

 何段にも積み重なって、なかなかの造形。

画像



 開けたところに出ると横岳の稜線がかすかに見えてきた。

画像



 この辺までくると日陰にはまだ雪が残っている。

画像



 行者小屋に近づいてきた。

 赤岳がそそり立っている。

画像



 行者小屋。10時少し前に到着。

 美濃戸から2時間弱で到着。

画像



 行者小屋から見上げたパノラマ(クリックしてね)。

 左手から雲に隠れた横岳、中央に赤岳、低めのピークが中岳、そして右手に阿弥陀岳。

画像



 10分ほどの大休止のあと、地蔵尾根に入る。

 地蔵尾根に入ったとたん、雪が多い。

 トレースの部分が硬いので、一段高くなって残り、雪の平均台のよう。

 歩きにくいさ。

 今回は、軽アイゼンも無く、頼りはストックだけ。

画像



 雪が無いところ、多い所、順繰りに出てくる。

 稜線目がけ一直線の急登なんだな。

画像



 山だなぁ。

 春まだ浅いなぁ。

画像



 そろそろダケカンバもまばらになって、森林限界に近くなってきた。

画像



 いつの間にか阿弥陀岳が横に見えるようになっていた。

画像



 前方に雪の急斜面。

 何やら、大勢がダンゴになっている。

 しばらく待つか。


画像



 。。。と、10人くらいの高年Gがロープを出し始めた。



 こりゃ時間がかかりそうだ。

 手前から直登して行けば邪魔にならずに行けそうだ。

 ハシゴも二列あるようだし。

 行こう。


 とはいえ、アイゼン無しの急斜面は少々おっかない。

 キックステップで、ゆるゆると。

 先日、雪の富士山で練習しておいて良かった?!。


 無事、雪の急斜面通過。

 ますます急になる地蔵尾根。

画像



 一つ目のお地蔵様。

 向こうに日の岳が見える。

画像



 左手遠くに硫黄岳、凸に突き出た大同心、小同心、そして横岳(一番手前の日の岳)が格好いい。

画像



 ほら、もうじき地蔵の頭だ。

画像



 地蔵尾根の終了。ここにもお地蔵様がおられます。

 10:10。 行者小屋から1時間。

画像



 
 横岳。いくつかのピークが連なっている山だが、一番手前が日の岳。

 あそこにツクモグサが...

 ピークの下のジグザグの雪面。覚えておいてね。

画像





 目的地の天望荘の上にどかーんと赤岳。

画像



 11:15,赤岳天望荘到着。

 美濃戸からおよそ3時間。まずまずのコースタイム。

画像



 とはいえ、急登でやはり疲れたぞ、と。

画像



 ここまでくると、赤岳山頂は大分近い。

 でも、今回は赤岳は見るだけ。

画像




 受付には、今年新たに支配人になったS本さんがいた。

 まずは支配人就任のお祝いを述べた(述べるだけかいっ?! )

 S本さんにクリソツのイラスト。

画像




 部屋で汗ビッショリになったシャツを着替えて、一休み。

 お昼を過ぎた頃、食堂でラーメン。


 暖かくて、肉が軟らかく、美味しかったぁ。

画像






 さて、長々と続く、冗長ブログですが(アハ)、次回はツクモグサ登場。

 乞うご期待?! 鶴首して待て。




 続く・・・・・






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは

八ヶ岳に登られたのですか?
まだ雪も残っているようですね。

私たち夫婦も登ったことがあります。
もう10年以上前になりますが・・・
ちょうど行者小屋から地蔵尾根を登りました。
天望荘に泊まりました。
翌日は硫黄岳でちょうどコマクサの群落を見ることが出来ました。
その時は小さなコンデジで、少ししか写真を撮らなかったのですが、もっとたくさん撮っておけば良かったなぁ〜と思っています。
ツクモグサなど咲いていたらしいのですが、まだ花もあまり分からなくて、気付きませんでした。^^;
赤岳鉱泉に降りました。

今はとても懐かしい思い出です。(*^_^*)
花音
2012/06/08 15:26
花音さん、ども!硫黄岳もいいですね。ツクモグサ咲いていました。曇りだったのでつぼんでましたが。八ヶ岳はいつ行ってもいい山です。また機会を見て登って見て下さい。美濃戸の辺りを歩くだけでもいろいろ発見があります。
azm
2012/06/09 00:53
写真のスミレはミヤマスミレですね。
葉っぱとサイド側の花びらの形でわかります
さむ
2012/06/09 23:37
さむさん、ども!初めまして。ですよね...。ありがとうございます。やはりミヤマスミレですか。葉の柄の付いた部分の湾曲具合があまいのでミヤマかな、どうかな?と思ったんですが。やはりミヤマスミレでしょうね。
azm
2012/06/10 00:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
春浅き八ヶ岳 その5 天望荘へ ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる