ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 三頭山 その1 夏の奥多摩、広葉樹

<<   作成日時 : 2012/08/14 14:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 色々な都合で今週8/13,14,15と夏休み。

 この夏の山は、針ノ木、仙丈、はたまた鳳凰三山かと色々考えていたが、どうも今週は天気が不安定でまとまった山行では、雨具を濡らしてしまうので?!

 方針変更。


 この時期、レンゲショウマの花期にあたる。
 そうだ、レンゲショウマに会いに行こう。


 日帰りでレンゲショウマに会うならば・・・・三頭山かな。
 ということで、昨日日帰りで三頭山に行ってきました。


 昔、中学の頃によく奥多摩の山に友人と連れだって日帰り山行をしたもので、三頭山もその時分に登った山の一つ。比較的標高の高い割りにはあまり展望のきかない山だった印象があります。


 夏の花、秋の花に沢山出逢いました。もちろんレンゲショウマにも・・・(でもまだ早かった・・)。

画像



 花々はまた別項にて特集。
 

 では、まず山行記録・・・・

 今は都民の森として山麓が公園整備されているという。


 横浜郊外から、横浜線、八高線、五日市線と乗り継ぎ武蔵五日市。
 ここからは、バス。夏休みなので「都民の森」直通バスが午前中に二本ばかり出ている。

 バス待ちの行列は長かったが、夏休みとはいえ平日月曜日なので、余裕で座席確保。1時間程かかるので、これは助かった。


画像



 都民の森には9:40頃に到着。 家を出たのが6:15だから3時間あまり・・・・

画像



 都民の森のバス亭から10分ほど登った頃に、森林館という中心施設がある。

画像



 ここから登山コースに入る。

 レンゲショウマが見られるというムシカリ峠に続く「ブナの路コース」を登った。

 登山ルートの俯瞰。赤が歩いたルート。

画像



 花を愛でながらあるいたので、森林館から森林館に戻るまで約3時間半のきわめてゆっくり山行。

 森林館付近が標高1000mで山頂が約1500mなので、標高差500m。

画像




 クマ注意の看板。

 相方Kがよく鳴るクマ鈴をならしがら、いつものように先行。

画像



 奥多摩の低山というと杉林を連想するが、このルートは広葉樹林に覆われており、明るい森の中を快適に登っていける。

画像




 陽に透ける広葉樹の葉。

画像



 時折展望が開ける。

画像



 このルート、「ブナの路」というだけに、ブナの木が多い。

 ここでみられるブナはシロブナといういわゆる「ブナ」。

画像




 大樹も・・・・・・

画像




 やがて秋川に注ぐ渓流。

画像




 ふと砂糖を焦がしたような甘い香り。

 カツラの木だ。

 落ちていたカツラの葉。メープルのような甘い香り。

画像



 なおも渓流沿いに足を運ぶ。

画像




 緑のドームに囲まれて・・・・・

画像



 
 後の世代にバトンを渡した木は、静かに青々とした苔に覆われていた。

画像




 ノコギリクワガタ、雌。

画像



 陽光が緑のシャワーとして降り注ぐ、そんな感じ・・・・・

画像




 ムシカリ峠、11:30到着。

画像



 山頂まで、最後の一登り。

画像



 シロブナに感嘆しながら、一歩一歩前へ。

画像




 展望のきく山頂は、西峰(1524.5m)にある。

 手前は東京都、10mほど奥に行けば山梨県。山梨百名山でもある。

画像




 ちょど富士山や三ツ峠の方向に展望が開けている。

 富士山は生憎、雲の中。

画像



 ここで昼食をとり、ゆっくり休む。

 三頭山記念。

画像




 下りは途中に展望台のある鞘口峠へ降りる路を選んだ。

 いきなり急な坂である。

画像



 下山路には花が少なかった。

 かわりにキノコがチア・アップしてくれた。

画像



 12:15。 中央峰、1531m。ここが三頭山の本当の山頂、平らな場所が狭く、木々に囲まれ展望もない。

画像



 12:15。 東峰、1527.5m。

画像



 捩れた木を発見。模様もねじねじ。

 リョウブの木らしい。

画像



 展望台、12:20。

画像



 展望台からの御前山。

画像



 大岳山。 どちらも中学の時に登ったっけ。

画像



 展望台からブナの木の上部が見えた。

 実がいっぱい付いている。これならクマもいるわけだ。

画像



 立体視で・・・見えるかな? 見えれば結構面白い・・ハズ。

画像



 どうやら雲が多くなってきた。

画像



 下山路では広葉樹の森と、杉林とが交互にあらわれた。

 杉林は間伐など手入れがされていたが、やはり気持ちの良いのは広葉樹のトンネルだ。

画像



 コガネヤマドリダケ。

 キノコの生える山は豊か...

画像



 鞘口峠には13:30着。

画像




 森林館に13:20。

画像










 帰りのバス。都民の森から出るバスは15:44。

 時間がありすぎる。まてよ、数馬のバス亭からは14:31分のバスがある。

 仕方ないから、数馬まで歩いて降りよう。

画像



 半分くらい車道歩きなのがつらーい。

画像




 都民の森を出てから、数馬に降りる山道があるはずだが、よく分からない。

 しばらく車道を歩く。

画像



 大きなカーブを曲がりきったところ、ガードレールの外側の茂みの下に、数馬への下山路の看板があった。

画像



 あまり踏み後のない草ぼうぼうの路を下る。

 秋川支流を何回か渡る。

画像



 15分ばかり下って、また奥多摩周遊道路に出て車道歩き。

画像



 ここから約1km、10分ほどで数馬のバス亭にたどり着いた。

 数馬のバス停に着く5分くらい前から雨が降り始めたが、幸いバス亭には屋根付きの休憩所があって助かった。

 数馬からは我々の他2人だけ。


 爆睡して気がついたら満員になっていた。

 秋川に遊びに来ていた人達のようだ。


 15:40頃、武蔵五日市の駅に無事到着。

 すでに晴れていた。

 ちゃんちゃん。



 思いの他沢山の花に出会えましたが、それはまた次回と言うことで・・・・







 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三頭山 その1 夏の奥多摩、広葉樹 ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる