ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 三ツ峠で出逢った花々 (7/21−22)

<<   作成日時 : 2012/08/05 16:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 遅ればせながら、まだ7月の話です。

 7/21−22と三ツ峠にクライミング講習で出かけましたが、その時に出逢った花々です〜。

 クライミングの様子は→http://azm.at.webry.info/201207/article_8.html を見てね。



 ヤマオダマキ。

 ガクの色が色々。

 登山道入り口で・・・

画像



 三ツ峠山荘側で・・・・

画像




 クガイソウ。

 蕾のものから開花したものまで・・・

画像



 小さな花が穂になっている。

画像





 ヤマアジサイ。

 白い大きな花びらに見えるのは、装飾花。

画像





 天気が今ひとつ優れない土日だったが、霧の立ちこめる森の中の道もまた楽し。

画像





 クサタチバナ。

 ガガイモ科なのでミカン科の橘とは関係なし。

 もう花期も終わりかけの頃・・・・

画像




 ギボウシ。

 春に芽が出た頃はウルイといって美味しい山菜。

 まだ蕾のギボウシ。

画像



画像




 ギボウシの花。

画像



画像



画像




 以前、手入れをしたエリアにはギボウシが沢山増えていた。

 手入れの甲斐があったようだ。


画像





 花ではないが、登山中にいくつも見かけたクモの巣。

 テント型の網を張っている。タナグモかサラグモの仲間の巣のようだが・・・・

 なんか、お見事な造形。

画像




 土曜の夜、ヒメボタルの乱舞が見られるかも知れないと、三ツ峠ネットワークの方々に同行させて貰い、観察に行った。数日前には200〜300のヒメボラルが乱舞する姿が見られたという。

 しかしこの日(土曜日)は雨は降っていなかったものの気温が低く、数匹の飛ぶ姿を見るのみだった。


 足元で点滅していたのを見つけた人がいた。

 ヒメボタル・・・赤い胸、黒い腹。

画像




 カイフウロ。

 甲斐のフウロ。花弁の形態が色々ある。

画像



 雄しべの青い葯がアクセント。

画像



 この花は花弁の先が割れていた。

画像



画像



 シモツケ。

 至る所満開であった。

画像



 朝の雨に濡れて・・・・・大きな滴がガラス細工のよう。

画像




 ガラス細工と言えば・・・・

 ソバナ。

 朝の雨に濡れ、薄いガラスでこしらえたようなマチエル。

画像




 バライチゴ。

 雨に濡れた花弁が少し萎れていた。

画像



 岩場で・・・・

 イワキンバイ。

画像



画像



 大きな滴にカメラマンの小生も・・・・見えるかな?

画像




 ウスユキソウ。

画像



 エーデルワイスの仲間・・・・

画像




 マルチピッチで登った岩場のほぼ垂直な面にも、可憐な花々・・・・・

画像






 とっていいのは写真だけ、残していいのは想い出だけ・・・・






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三ツ峠で出逢った花々 (7/21−22) ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる