ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 蓼科山荘きのこ教室2012  その1 今年のきのこは・・・

<<   作成日時 : 2012/09/29 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  一つ前の記事に書いたように、9/22,23と2年ぶりに蓼科山荘のきのこ教室に参加しました。

 
  悔しくも残念なことに自分で採ったきのこを食べることは相成りませんでしたが、八ヶ岳の豊かな森、数多くのきのこに接し、

 また、新たに知り合った方々も多く、

 そして、小屋のスタッフの皆さんの心づくしが、身に染みいった山行でした。


 以下、山行記録・・・・・・御笑覧あれかし。


 9/22。

 出張先のホテルから駅ネットで予約したあずさ51号。

 気づかずにグリーン車にしていた。


 初めてのグリーン車。 いやあ、広いし、首のレスト部が可動式で違和感なくフィット。

 高いだけのことはある。

画像




 茅野で迎えて貰い、蓼科山荘の主、Tmkさんのお父上の運転で7合目に向かった。

 白樺湖の向こうに、これから登る蓼科山が見えた。

画像




 赤谷の登り口の駐車場で開校式。

 今回の教室の趣旨や、きのこの講師Od先生の紹介、参加者の自己紹介など。

画像



画像


        Photo By Mr.It。



 一日目に登るコースは赤谷コース。

 結構けわしい道のりである。

画像



 山へ。

画像




 ニカワホウキタケ。

画像



 アシナガヌメリ...かな?

画像



画像



 シワカラカサタケ。

画像



 ヤマイグチ。

画像



 シロカラハツタケ・・・・かな?

画像




 いくつかの”きのこポイント”で観察、採取。

 採取したきのこはその場でOd先生に鑑定をしてもらう。

画像



画像



画像


Photo by It。



 ウスタケ。

画像



 黄色いきのこ・・・なんだろ?

画像




 Destroying Angel こと ドクツルタケ。

 Amanita virosa。

画像



 これは猛烈な毒性分をもつきのこ。肝臓を分解、溶かしてしまうのだ。

 分解屋さんだからこその毒性分とも言える。

画像




 Od先生。 Odd ではないから、そこのところヨロシク。

 テングダケの仲間のきのこの専門家である。遺伝子レベルで分類などをしていたそうだ。

 先生が手に持つのは、真白いドクツルタケとオレンジ色のタマゴタケ。

画像



 ドクツルタケは猛毒だが、一方のタマゴタケ。同じテングタケの仲間だが、極上の食用きのこの一つ。

 タマゴタケ・・・美味いんだがなぁ・・・・・・


画像


        Photo By Mr.It。



 オオカシワギタケ。

画像




 

 山の中は気持ちがよい。

 ところどころで小休止しながら高度を稼ぐ。

画像



画像

 

これは分からず・・・

画像




 きのこのためなら、超急斜面もなんのその・・・・

画像




 ショウゲンジ。

 コムソウ(虚無僧)とも呼ぶ。

 天ぷらにすると美味いのだが、どこの検査結果でもセシウム137の値が比較的高い・・・いと哀し。

画像




 直線の急登だ。

画像



画像



画像


        Photo By Mr.It。



 森にはきのこばかりでなく、苔や地衣類がミクロで深い世界を形作っている。


 千と千尋か、もののけ姫か・・・・

画像




 シッポゴケ?

 えらく手触りが良かった。

画像




 ツメゴケ。

 苔と付いているが、地衣類。

画像




 アカミゴケ...多分ね。

 これも地衣類。

画像





 小さなきのこも美しい。

 傘が1cmもないナメアシタケ。

画像



 2cm〜3cmくらいのズキンタケ。

画像






 急登を詰めると藪こぎが待っている。

 シャクナゲと針葉樹の森だ。

画像




 藪こぎが終わると蓼科山荘まではもう間もなく・・・・・・

画像




 12時前に赤谷駐車場を出発して、4時前に将軍平に。

画像




 懐かしの、っていうか2年ぶりの蓼科山荘である。

画像





   続く・・・・・・・・・・・・・


P.S. It さん、写真ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蓼科山荘きのこ教室2012  その1 今年のきのこは・・・ ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる