ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 西穂高岳〜ジャンダルム〜奥穂高、そして涸沢カール紅葉 その8 天狗ノ頭へ

<<   作成日時 : 2012/10/20 17:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 承前・・・・

 間ノ岳から間天のコル(間ノ岳と天狗ノ頭の間の鞍部)に向けて下る。

画像



画像



 この斜面も脆い。

 浮き石が多い。

画像




 クライムダウンで・・・・・

画像

                 Photo By Skn、 Thanks!


画像





 こんな険しい岩場にも、可憐な高山植物。

 相方Kの好きなコメバツガザクラ。 実がなっていた。

画像



 
 間天のコル手前。

 尖塔が屹立してる。

 この塔の根元を飛騨川に回るように下る。

 この辺が特に足場が悪い。


画像

                 Photo By Msk、 Thanks!


画像

                 Photo By Skn、 Thanks!




 で降りたところが、間天のコル。

画像




 目の前には巨大な天狗岳(天狗ノ頭)へ向き合う逆層スラブの大岩壁。

画像




 大きな岩の柱板を何枚も敷き重ねたスラブ。

 スラブ:「平らな板」の意味で、凹凸の少ない、なめらかな岩のこと。

 ここは単なるスラブ(一枚岩)ではなく、何枚ものぶ厚ーい岩板が重層しているのである。

 この岩、”滝谷花崗閃緑岩”なんだそうである。

 乾いていれば、フリクションが効くが、いったん濡れるとツルツルに・・・・



 下手くそな写真なので分かりにくいが、40〜50cmの段差のある大きな階段が、ググイーと斜めにせり上がっている感じ。

 一段上がるのに、足を"ウントコショ”と上げなければいけない。

 西穂〜奥穂のルート紹介では必ず出てくる天狗岳の逆層スラブ。

 ここも来てみたかったポイントの一つ。

 これかぁー!

画像





 このスラブを20分程かけて、”ウントコショ、ウントコショ・・・ウーントコショッ”と登って、

 10:15、天狗岳(天狗ノ頭)に到着。



 ガスの中である。

画像



 小休止。

 水、燃料(行動食)を補給。

画像




 目指すジャンダルムは雲の中。

画像






 続く・・・・・・






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西穂高岳〜ジャンダルム〜奥穂高、そして涸沢カール紅葉 その8 天狗ノ頭へ ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる