ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 西穂高岳〜ジャンダルム〜奥穂高、そして涸沢カール紅葉 その12 夕陽、星空、天の川

<<   作成日時 : 2012/10/27 11:48   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

 ・・・・承前。

 う、まだ続くんかい!  続きます。

 やれやれ、もう3週間もたっちまった。 他にもアップしたいことはあるが、やはり記録は大事だし・・・



 しばらくガスにつつまれ何も見えなかった穂高岳山荘の周辺。


 17時を過ぎてガスが切れてきた。


 夕陽が見られるぞ。


 山荘の飛騨側、つまり西側に....


 もうかなりの人が西の空を眺めてた。


画像



 まだまだ西の空のガスは濃くて、お日様はぼんやり。

画像



 しかし、お日様が傾くにつれ、湧き上がるガスが次第に途切れてきた。

 奥穂が見えてきた。

画像



 これは期待できる。

 いったん小屋の中に戻り、Sknさん達に夕陽が見えそう! と報告。


 涸沢カールも気になるな.....。

 前穂高北尾根稜線が姿を戻しはじめていた。

画像




 前穂高北尾根Y峰の尾根に点々と鮮やかな紅葉。

 明日の涸沢カールが楽しみだ。

画像



 涸沢小屋とテン場も見えてきた。

 紅葉も綺麗そうだぞ。


画像



 大分ガスが無くなった。 再び飛騨側へ。

 ジャンダルムが夕空に険しい山肌を抱いて浮かんでいた。

画像



 雲海の上に夕陽(17:21)。

 見事な風景。

画像



 ジャンダルムも夕陽を浴びてますます雄々しい。

画像





 こんな風景を見ちゃったら、疲れも吹き飛ぶ...ような気がする。

 これだから止められないよな。

 西穂山稜踏破のご褒美だな。

 パノラマで(クリックして大きな画像で見てね)。

画像



 17:22。グッとくるねぇ。

画像




 17:25。

画像



 17:26。 間もなく、雲の下へ・・・・いや向こうへ。

画像



 ジャンダルムのシルエット。

画像




 こんな景色を見ちゃったので、思わず買っちゃいましたよん。


画像



 
 18:15、夕飯。

 旨いわ〜!

画像




 19時過ぎ。ちょっと外に出たら、満天の星。

 素晴らしい。

 上下にダウンを着込み、防寒して外へ。


 19:20。 穂高岳山荘から見上げる奥穂高岳の稜線。

 ランプの明かりが見える。まだ降りて来る人がいるのか?

画像



 暗さに目が慣れてくると・・・・薄ぼんやりした雲・・・

 いや、天の川じゃん。

 いやさ、お天、久しぶりぃ、だ、なあぁ〜(歌舞伎調で)。


画像



 天の川の左側に小さな菱形の星の集まり。

 いるか座なんである。

 好きな星座の一つ。 小さいながらもイルカのフォルムを良く表している。

画像




 天頂には、はくちょう座。

 
画像



 星が多すぎて、星座の形がよく分からないほど。


画像




 写真を整理している中で、よく見たら「流れ星」が半分写ってた。

 10/8がりゅう座流星群の極大だったようだから、その先魁かな。

 上端、真ん中より少し右の筋のような光が流星。

画像



 西側の空はどうかな。


 19:50。


 おお、ジャンダルムに天の川が寄り添っている。

画像




 ジャンダルムの真上には「いて座」が弓を構えていた。

 さそり座も半分だけ頭を出していたな。

画像




 

 30分ばかり、夜風に吹かれ身体が冷えてきた。

 このまま朝まで星空を見ていたいが、そういうわけにはいかない。




 ザイテングラートで遭難があり、明日朝一のヘリによる救助があるらしく、朝早くは下山出来ないようだ。

 ゆっくり寝て、山荘で朝食ということになる。






  まだ、まだ、まーだ、続く・・・・・・











 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵な夕景ですね!
ジャンダルムにかなりの思い入れがおありのようですが、私にとっては苦い思い出です・・・。
昭和30年代半ばの正月にジャンダルム飛騨尾根を目指しましたが、入山時は雷雨・以後吹雪かれっ放しで尾根の中間地点のテントで停滞、諦めて下山となりました。
この悪天候で例のA大学山岳部の薬師岳大量遭難、私の所属していたクラブからも救助に参加しましたが、残念な結果となりました。
katsu
2012/10/27 22:50
katsuさん、ども!38豪雪の時の話ですね。私はまだ4歳ほど。吹雪の中の停滞はさぞかし大変だったろうと思います。正月の北アは行動時間が限られますよね。katsuさん、結構ハードな山行をしていたんですね。今度ゆっくり色々とお聞きしたいです。
azm
2012/10/28 01:19
もやがかかって、夕日を浴びてピンク色に染まるジャンダルム、こんな写真を撮ってみたいものです。夜中もばっちり晴れたみたいで、星の写り具合もすごいですね。ひとつ前の馬の背の風景、自分の淡い記憶の中でも、そういえばこんなところを通ったという映像が頭に浮かんできました。
trekker-k
2012/10/29 22:47
trekker-kさん、ども!午後は雲が多かったのですが、夕方になって陽が傾くにつれガスが取れていき、雲海に沈む夕陽を拝むことが出来ました。夜空の写真はphotoshopで画面があれない程度にレベル調整をしています。久々の天の川でした。
azm
2012/10/31 00:05
こんばんは〜♪
ジャンは今の私では到底行けません。
その岩稜を歩きとおしての夕焼け・星空〜最高でしょうね。
素晴らしい思い出になった事と思います。
これぞ、山〜でしょうか!!!
やまとそば
2012/11/05 22:54
やまとそばさん、ども!biglobeのサーバーが不調で数日間ブログのアップもコメント記入もできませんでしたが、やっと回復しました〜。あと2回分くらいあります(^^;
一時霰も降ったりしましたが、総じて天気も安定し、風もなかったので、快適な山行になりました。仰るとおりで、来た!見た!歩いたぁ!って感じでした。
azm
2012/11/06 06:35
すごい!天の川がばっちりですね。今年の冬は撮りたいなぁ、天の川。
アッキーマッキー
2012/11/07 00:05
アッキーマッキーさん、ども! 久しぶりの、ほんとに久しぶりの天の川でした。できれば夜中じゅう見ていたかったな。
azm
2012/11/07 22:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
西穂高岳〜ジャンダルム〜奥穂高、そして涸沢カール紅葉 その12 夕陽、星空、天の川 ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる