ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 西穂高岳〜ジャンダルム〜奥穂高、そして涸沢カール紅葉 その6 赤石岳

<<   作成日時 : 2012/10/20 11:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 承前・・・・


 西穂高岳を下り、さらに小ピークを乗っ超す。

 この辺まではまだ直ぐ後に後続部隊が大勢いたんだな・・・

画像



 うう、先は長い。

 ま長いだけ、岩稜歩きを楽しめるというものさ。


 カシミール3Dで・・・(旅レコでGPSログが取れなかったことがほんと悔やまれる〜)。

 白矢印の辺りのはず。

画像




 行く手は...あら雪山?!

画像



 時々、傾斜が緩やか。 ほんの時々だけど・・・・・

画像




 前方に目指すジャンダルム。

 その下の三角のピークが間ノ岳(だと思う)。

 西穂高岳:2909m、間ノ岳:2907m、天狗ノ頭:2908m と3000mにもう少しで届きそうな大ピークが連なる西穂の稜線。

 登って、降りて。

 ピーク通しを吊り橋で通れたらな・・・・(もっと怖いか?)

画像




 急な所は壁の向きになってクライムダウン(登攀用語:三点支持で下ること)。

画像



 更に下る。 やはり吊り橋の方が・・・・

 右上に見えるのが赤石岳(多分)。

画像



 まだまだ下る。

画像



 
 漸く鞍部。

画像



 そしてトラバース。

画像

      Photo by Skn、 Thanks!


 Mskさんが続く・・・

 鎖にハーネスから伸ばしたスリング(ラビット結びにしたヤツね。西穂山荘で練習しました!)につけたカラビナでセルフビレイ(自己確保)をとるところ。

画像



 登ったり・・・

画像


 下ったり・・・

画像




 登って・・・・

画像




 8:34、赤石岳。 ふぅっ〜

画像




 振り返れば、信州側は陽が当たり柔らかな表情、飛騨側は粉雪かぶる険しい岩壁。

 右のピークが西穂高だけ(かな?)

画像




 そして、行く手・・・

画像



 一番高く見えるピークがジャンダルム。

 その下方にこの後に向かう間ノ岳。

 左手は粉砂糖をかぶったような涸沢岳。

画像






 続く・・・・・・







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西穂高岳〜ジャンダルム〜奥穂高、そして涸沢カール紅葉 その6 赤石岳 ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる