ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 初詣、山行初め  春の高尾山 その2

<<   作成日時 : 2013/04/13 11:06   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 承前。

 大見晴園地からの富士山。

 残念ながら、雲の中。裾の方がちらり・・・

画像



 いつもなら茶屋で蕎麦なんだが、今日は桜の下でポンパドールのパンを頬張る。

画像



 一応記念写真。

画像



 ツチグリ。 見るたびに面白いフォルムに感心。

画像





 城山方面に向け奥高尾へ。

画像



 ミツバツツジが見頃を迎えて鮮やかに...

画像




 再びエイザンスミレ・・・

画像



画像





 マルバスミレ。

画像




 不思議なスミレ・・・ ではなく、ミミガタテンナンショウ。

 マムシグサの仲間。花の両側(仏炎包)が大きな耳たぶのように張り出したような形なのでミミガタ。

画像




 再びナガバノスミレサイシン。

画像


画像



 あ、ニョイ!
 
 ニョイスミレ。如意ですね。

 
画像



 如意とは「僧が読経や説法の際などに手に持つ道具」だそうだが、この道具の形に似ているのだろうか? ちょっと横にひろがった感じが、似てるかな?

 「如意=思いのまま」という意味から来てる? 思いのままに咲くスミレ?!


画像



画像




 赤紫の・・・アカネスミレ!

画像



 右脇の毛むくじゃらはなんじゃらほい?

画像



 距が細長いな。

画像




 ヒナスミレ。

 スミレのプリンセス!

画像


画像



 やはり野の花は美しく、また野にあってこそ生き生きとしている。

画像



 アンダーから見上げるようにみると、羽を大きく広げたコンドルのようにも見えるんである。

 でもヒナスミレ。

画像




 城山は北側をトラバースする道で山頂は割愛し、小仏峠へ。

 ここから南側、相模湖方面の底沢に下る。

画像




 小さな、小さな花。5っmくらい。

 相方Kもその場では分からなかったが、家に帰って調べると「ヒメウズ」という花。

 オダマキの仲間だそうである。

 なるほど、小さいけれどオダマキのフォルムだな。下向きではないけれど。

画像





 1:50、底沢に到着。

 4時間あまりの山歩き。

 ここからは車道を相模湖駅へ。

画像




 車道脇に薄い青の小さな花が沢山咲いていた。

 ヤマルリソウ。

画像



 小さいけれどもしっかりとしたフォルム。

 絶妙なグラデーションの青色の花弁は、名工が作った陶器の作品のようにも見えた。

画像




 間もなく相模川に注ぐ支川。

 立体視でね。

 ちょっと見づらいと思いますが、地形がよく分かりますよん。

画像




 この後、相模湖駅まで歩いて、初山行は無事終了。


 初詣+スミレ観察のミッションに加え、山頂では山桜の花見をしながらのお昼。

 久々の山の空気を吸うことができ、首尾上々の山行でありました。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
低気圧の通過後は思いのほかいい天気になったようですね。皆さん(私も)出かけるのを控えていたようで、さしもの高尾山でも静かな山行になったようで。スミレのオンパレード、見事です。
trekker-k
2013/04/14 21:55
trekker-kさん、ども! ご無沙汰です。漸くいろいろ歩き回れる余裕ができました。まだまだ年度末の宿題があるのですが(^^;
スミレはやはりこの時期だけなので、高尾を初め近所の公園などを歩き回っています。そろそろさとのスミレは終わりですが。これからはまた色々な花が増えていきますね。
azm
2013/04/14 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
初詣、山行初め  春の高尾山 その2 ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる