ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 高松出張

<<   作成日時 : 2013/05/25 11:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 今の会社には昨年で満20年の勤続。

 という訳で、今年の9月までに永年勤続表彰特別休暇10日間が取れるんである。

 年度の後半は、何やかんや忙しく、とても長期休暇を取れる状況ではない。

 で年度の前半。

 ちょっと手こずっていた仕事も何とか目処が付いたので”梅雨の前にとらなきゃな”、ということで5/20から休みに突入したんである。

 むふふ。



 が、5/21は高松出張。

 しかたあんめい・・・・



 久々に西向きの航空路。 

 昔の空色の全日空塗装の機体であった。 ちょっと懐かしく、得した気分。

画像




 西向きの場合、席は右窓側に限る。

 直前の予約だったのだが、なんとか翼の直ぐ後をゲットできた。 KnkbさんThanks !

 
画像



 雲の上に八ヶ岳。 さすがに5月も後半、大分雪は少なくなっていた。

画像



 遠く彼方には、まだまだ白い北アルプス。

画像



 白根三山(北岳、間の岳、農鳥岳)が見えてきた。

画像




 眼下に河口湖。

 その右手には山頂に雲がかかった三ツ峠山。

画像



 北岳が大きく見えてきた。

 北岳の左手に間の岳、北岳にかぶって奥には仙丈ヶ岳。右手に甲斐駒ヶ岳。

 背後右手に北アルプス。左手は乗鞍岳だろう。

画像




 さあ、眼下に南アルプスの名だたる山々(白根三山、甲斐駒以外はこれからの課題?)。

画像



 はい、立体視でね(練習してね)。

画像



 別のアングルから。

画像




 ぱらぱらムービーで・・・・・







 中央アルプス。

画像



 御岳。

画像



 ザ・山!ってことね。

画像



 で、1時間のフライトで高松へ。

画像




 で高松空港からバスに乗り、昼ちょうどに高松に到着。

 さて、昼だ。 うどんか?

 いや待て、要件まではまだ十分時間がある。

 そうだ、あそこに行こう。

画像



 シンボルタワー29階。 アリスin高松。

 高所恐怖症(しっぽの跡がムズムズします)のくせして、展望フェチな小生。

 絶好の展望が得られるならば29階もなんのその?!


 ランチにはお手軽なセットがあり、結構空いているし、落ち着いて食事ができるgoodなお店なんである。

 こんな眺望だし・・・

画像



 瀬戸内海が一望出来る。 残念ながら大分霞んではいた。

 藤原純友も見たかったに違いな〜い、瀬戸内海の絶好の眺望。

 眼下は It`s あ すもーる わーるど!

画像



 地のモノを使ったコースはカツオのソティにゴルゴンゾーラ&マスタードのちょいぴりペンネがメイン。

画像




 で、仕事を済ませ・・・・(出張です!)



 折角だから、JR高松駅前のセルフのうどん屋にふらり。

画像



 ぶっかけ小にじゃこ天!

画像



 小とはいえ、一玉。

 香川は糖尿病が多いらしいが、頷けるかな?!




 帰路は翼より前の左窓際。

 右だと海しか見えないからね。

画像



 しばらく雲上の航行。

 立体視でね。 練習してね。

画像



 揖斐川、長良川の河口。

画像




 山並みが綺麗だった。

画像



 復路の楽しみはやはり富士山。

 陸から離れて駿河湾、相模湾の洋上を飛ぶので、目立つ山は富士山なのだ。

画像



 南面の雪は大分少なくなっている。

画像



 雲と富士山の競演。

画像




 やがて眼下に大島が見えてきた。

画像



 陽も傾いて、橙色の光の中に富士山のシルエット。

画像




 房総半島の南端が見えてきた。

 もうすぐ羽田だ。

 電子機器はしまわねば....

画像









 ※立体視の見方は次の記事を参照してね。
  裸眼平行立体視です。
  → http://azm.at.webry.info/200911/article_5.html







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高松出張 ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる