ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 7月の三ツ峠 その1  花の山道

<<   作成日時 : 2013/07/21 14:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

 河口湖の直ぐ北側の三ツ峠山。

 富士山の絶景を拝むことができる眺望の山であり、花の山でもある。


 数年前から、三ツ峠山荘が中心になって生まれた”三ツ峠ネットワーク”に参加している。

 高山植物の保護(盗掘や鹿食害)を中心とした活動をやっている。


 今回7/14,15と泊まりがけで7月の月例会に参加したのである。


 この時期にしか見られない花の観察と盗掘防止の観察札を設置するのが主な作業。

 その他、色々な花の観察をしながら山を歩くんである。


 山にほんの少し恩返ししながら、また山の恵み(花、景色、空気)を戴いてしまうのである。

 恩返し、仕切れるものではありません・・・・が、少しずつ。




 富士山が世界文化遺産になっちゃって、富士急行がえらく混むかと思っていたら、そうでもなくてほっとした。

 その富士急行の車窓からは、曇天にもかかわらず富士山がてっぺんまで姿を見ることができた。

画像



 登山口までお仲間の方の車にピックアップして貰う。

 登山口で。

画像



 登山口からは、林道沿いを1時間あまり登っていくのだ。

画像




 登りながら出逢った花々は・・・


 ヤマアジサイ。

画像



 ウツギ。 陽が当たりきらきら。

画像



 花の形が独特なクモキリソウ。蜘蛛切草、ラン科の花。

画像



 ノリウツギ。

画像



 クガイソウとアブ。

 特徴ある模様のアブなので、調べれば直ぐに名前が分かると思ったら意外に分からない。

 どなたか詳しい方お教え下さい〜mOm

画像




 コアジサイ。 小さくて清楚なアジサイ。

画像




 キバナノヤマオダマキ。 ヤマオダマキの黄花。

画像



 立体視で(※一番下を参照)。

画像



 こちらはヤマオダマキ。黄花でないのが本来のヤマオダマキ。

画像



画像



 小さな小さな花。ミヤマタニタデ。

画像




 ミヤマカラマツ。 雄しべが棍棒状で根本が細い。

画像



 コウグイスカグラ。 ミツトウゲヒョウタンボクとも。

 赤い実。毒です。

画像




 レンゲショウマの蕾。

 まだ開花には早かった。ホワイトチョコボールのような蕾。
 昨年8月に訪れたときには沢山咲いていて嬉しかった。

画像




 ツノハシバミ。 ハシバミ、ヘーゼルナッツ(セイヨウハシバミ)の仲間。

画像




 タカトウダイ。トウダイグサの一つ。

 シンメトリーな形態が面白い。

画像




 シモツケ。 赤い小さな花の集合体。 シモツケソウと似てるけど違う。

 シモツケは木本、シモツケソウは草本。

画像





 11:00、もうすぐ三ツ峠山荘だ。

画像







 ※立体視の見方は次の記事を参照してね。
  裸眼平行立体視です。
  → http://azm.at.webry.info/200911/article_5.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。オビホソヒラタアブに似ている様な気がしますが、違うのかな?
桃色うさぎ
2013/07/26 02:59
桃色うさぎさん>ども!はじめまして(ですよね?!)。確かにそうですね。オビホソヒラタアブに間違いないと思います。腹の最初の節のT字模様が特徴でしょうか。ありがとうございました!
azm
2013/07/28 12:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
7月の三ツ峠 その1  花の山道 ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる