ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 7月の三ツ峠 その2  山と花

<<   作成日時 : 2013/07/21 14:18   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 ・・・・・承前。


 11:10,三ツ峠山荘に到着。

 山荘の前からは富士山の絶景が拝める。

 まだまだ山頂が見えていた。

画像



 パノラマで。 写真をクリックしてね、大きくなります。

画像



 
 山荘近くの展望地ではミズチドリ、アヤメ、オオバギボウシなどが花盛りだった。


 ミズチドリ。 その名の通り千鳥が集まったような綺麗な花だ。

画像



画像




 アヤメ。 こんな山の上に!

画像




 オオバギボウシ。

画像



 花三種。

画像





 お昼を食べてからは、集まった皆で作業をしながら、花の観察。

 今回は各地(名古屋からも)から9人が集まって賑やか。

 何度もお会いしている方、初めてお会いする方も直ぐに和気あいあい。

 時々しか会えないが、皆さんと話をするのも世界が広がり楽しいのである。


 今回は大事な花がある事の標識看板の設置と、個体調査(観察札設置)がメインであった。

 結構盗掘される花なので、個体の確認が重要なんである。

画像




 目的の花を探しながら、他の花も観察。


 キリンソウ。

 近寄ってみればなかなかの造形。

画像




 こちらの黄色い花はキンレイカ。漢字で書けば金鈴花。中国の女優さんの様な名前。

 オミナエシの仲間である。 よく見れば花に距があるよ、と相方K.。

画像





 岩壁の棚に2輪。ミヤマシャジン。

画像





 雲が大分多くなって山頂が見えなくなっていた富士山・・・

画像





 ツルシロカネソウ。 キンポウゲ科の花である。

 キンポウゲ科の例に漏れず、白い花びらのような部分は花弁ではなく萼片だ!!

 で、びっくりなのは橙黄色に見えるものがなんと花弁なんだということ!

画像





 樹林の中のシダの葉に蠢くもの。

 蝶がたむろしていた。雌を争う雄達が争っているようだった。

 ジャノメチョウの仲間かしらん。 いろいろ調べても、これだといったものがも見つからない。

 どなたかお教え下さいmOm。

画像




 テガタチドリ。 花盛り。

 手形千鳥。 和名の由来は,根が手の形をしているところからだそうだ。

画像



画像





 久々に山頂に。

 三ツ峠には三ツ峠ネットワークや、屏風岩のクライミングでそれこそ何度も来ているが、山頂を踏んだのは、大昔(ネットワークに参加する前)に登に来た時と、クライミングのマルチピッチ講習で一回。

 ということで今回で3度目!

画像



 雲が少なくなり青空も多くなってきたが、富士山の山頂は隠れたまま。

画像




 山頂からのパノラマ(写真をクリックしてね、大きくなります)。

画像



 カイフウロ。花弁の縁がレース状になっているのがかわゆい花。

画像



 山頂からの下り。 かなり急で赤土むき出しの所もあって滑りそうで怖かったりする。

画像



 シモツケの花で蜜を吸い花粉を集めるクロマルハナバチ。

画像





 続く・・・・・









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
7月の三ツ峠 その2  山と花 ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる