ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 蓼科山荘バードウォッチング教室 その5 下山しながら...

<<   作成日時 : 2013/07/04 16:27   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

・・・・・・承前。

 名残惜しいが下山である。

 そうだ、鳥の観察に来てたんだ?!

 今日は天気が良いから、色々見られるだろうか?


 出発前に恒例の記念写真。

画像


 もう一枚!

画像



 
 山荘を9時過ぎに出発。

 昨日登ってきた道を下る。

 山荘から直ぐに開けたところで、ルリビタキの声。


 いた!

画像



 ルリビタキの聞きなし(さえずりを人間の言葉に置き換えたもの、例えばウグイスのホーホケキョ)は...

 「ルリビタキだよ」

 うーむ、違うな...「ルリビタキだよ、だよ」に聞こえる。

 成鳥になるまでは結構地味。尾羽の一部にルリ色が見える。

 成鳥になるまで3年かかるのだという。 大人になるまでは地味に天敵に見つかりにくくして、大人になったら嫁さん探しに派手な衣装ということかな。成鳥まで育つ個体は実際の所は数少ないらしい。

画像




 バードをウォーッチングしたぞ〜


画像




 南側の眺望が開けた。

 南八ヶ岳。主峰の赤岳や阿弥陀岳がよく見えた。

画像



 鳳凰三山も見える。

 
画像




 望遠鏡で鳳凰三山の地蔵岳、オベリスク観察....、もとい、観望。

画像




 ヒガラの鳴き声が聞こえる。

 ツピー、ツピー。

 自宅の近所でよく聞くシジュウカラによく似ている。

画像



 手前の小枝が邪魔だったが、なんとかお姿をパチリ。

 シジュウカラのネクタイがらではなく、こちらは蝶ネクタイ。

画像



 雀くらいの大きさなのに、声が大きい。


 他にも「キクイタダキ」のちょっと金属的な甲高い鳴き声が聞こえた。

 なかなか人前に姿を現さない。

 昔(2009年)に八ヶ岳の中山展望台に足を運んだときに間近に見たことがあった。

 その時は名前が分からず、帰宅後鳥の図鑑で調べたら「キクイタダキ」だった。

 キクイタダキのお姿。頭のてっぺんが黄色いので、キクイタダキ。

 英語では「Goldcrest」。まんま?!

画像



 色々な鳥がさえずり、地鳴きで、訳がわかんない?!


 昨日の雨で足元の悪い箇所も・・・・

画像



 振り返れば蓼科山。

画像




 木漏れ日の中・・・・

画像



 森林浴・・・・フィトンチッドを浴びながら・・・・


画像




 葉の形がユニークなオサバクサもあちらこちらに咲いていた。

画像




 水滴がたっぷりのミツバオウレンの花。

画像




 ここ北八ヶ岳でも例外ではなく鹿の食害が進んでいる。

 皮を喰い剥がされた木が立ち並んでいた。

画像




 ナナカマド。花のつぼみが分かるかな?

画像




 大河原峠が近づいてきた。

 行く手の向こうには北横岳。

画像




 大河原峠近くではハクサンチドリがここかしこ。

 2200mくらいある高地の峠。

画像




 10時少し前に大河原峠に到着。

画像



 雲が低く見える大河原峠。

 (写真をクリックしてね、大きくなります!。)

画像



 気持ちの良い青空だ。

画像





 バードウォッチングはまだ終わりでない。

 車で移動して竜神池に行くのだという。




  続く・・・・・・・・・・・・・・・・・












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私は埼玉県北本市に住んでいます。市内に北本自然観察公園というのがあって、時々バードウォッチングに行きます。低地と高山では鳥の種類が違いますね。ルリビタキ、ウソ、ベニマシコなどはみたことがありますが、ヒガラ、キクイタダキ、ホシガラスなどはおめにかかったことがありません。
いつか蓼科山荘のバードウォッチング教室に参加させていただきたいと思います。

キノコ教室にお友達と参加したいと思っています。もう一杯でしょうか?
haruchan
2013/07/06 17:59
haruchanさん>はじめまして。ヒガラ、キクイタダキ、ホシガラスは亜高山以上でないとたぶん会うことが出来ないでしょう。蓼科山荘のイベントはHPがあるので御覧になるといいでしょう。
http://www7a.biglobe.ne.jp/%7Eg-factory/tateshinalodge/yama.html
秋のきのこ教室(9/21,22)はまだ先なので、まだまだ空いていると思います。蓼科山荘に適宜お問い合わせ下さるのがよろしいかと思います。とても居心地のよい山小屋ですよ〜
azm
2013/07/07 10:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
蓼科山荘バードウォッチング教室 その5 下山しながら... ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる