ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の小川山  その2 西股沢対岸父岩(モラリスト+タジヤンII)

<<   作成日時 : 2013/08/06 23:20   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

 朝6時起床。

 若干雲が多いか・・・。かなり涼しい。


画像



画像



 8時に出発。

 この日は朝からMjmさんが合流。

 MjmさんとはKjyスクールでなんどかご一緒したことがある。


 この日のルートは、出発まで内緒だったが、山荘の目の前の西股沢対岸が目的地であった。

画像



 しかも、山荘対面の岩峰の一番高いところに見える岩壁が目的地だった。

 対岸に渡るには西股沢を渡らなければならない。

 橋は架かっていないが、水量が少ないので岩伝いに渡渉できる。

 と、・・・あ〜。左足水没。あちゃ〜。



 足場の悪い森の中を登っていくと、鬱蒼とした森からそそり立つ岩壁に出た。

 同じ岩壁の奥の側に「小川山物語(ストーリー)」や「小川山ストリート」というルートがあり、空いていればそちらにするはずだったが混み混みだったので、手前の「モラリスト」tp「タジヤンII」がこの日のルートとなった。




 モラリストのルートはこんなのである。

 写真ではルートの下部は見にくいが、比較的ホールドの多い、フェースとカンテが組み合わさったルート。ここを超えるとかなり傾斜のあるスラブになる。

 スラブの下部はクラック(岩の割れ目、細い窪み)があって、フットジャム(つま先を割れ目に突っ込んでホールドとすること)が効く。

 その上に、2mくらい(一手か二手)、細かいホールドしか無く怖いところがある。

 そこを何とか越せば、フレーク(薄い岩の板)が現れ良いホールドが得られ、そのまま終了点に達する。


画像



 上部の岩壁が父岩、下部は弟岩。

画像






 で、いきなりここを登ることに・・・

 下部はなんとか・・・・

 スラブに抜けて最初の方はフットジャムをきかせながら、よっこらしょと上に。

 さて、中間ののっぺりした部分。

 あちゃ〜。手の置き所、掴み所が指先半分もかからないくらいしかない。

 足をのせるスタンスもえらく細かい。

 なのに、傾斜は急だし、高度感はスゴイし...

 足がミシンを踏み始めた・・・(緊張で足が震えてます)。

 やばい。ここまできてテンションもなぁ〜・・・


 深呼吸し、チョークアップ(腰の後に付けたチョークバックに手を入れて、指先に滑り止めのチョークを付けること)。


 少しは落ち着き、ずりずりと身体を持ち上げる。

 これを2,3回くり返したら、しっかり掴めるフレークに手が届いた。

 ホールドさえしっかりしていれば、足を高く上げられるのでスメアリングが効くからもう心配は無い。


 最後の2,3mをぐいぐい登って、どうにかテンションかけることなく終了点に到着。

 フーっ!!!!

 大きく息を何回も吐いて落ち着かせる。 心臓ばくばくだぜ。



 で、終了点からの景色。

 ズボンのポケットに入れておいたiPhoneをそおっと取り出し、落とさないようにストラップに手の先をしっかり入れ、振り返る。

 ちょっと震えながら、4枚ばかり・・・

 足元はスラブの面しか見えない。

画像




 西股沢対岸の向こうには、宿泊した金釜山荘、キャンプサイト、駐車場、そして小川山の山並みのパノラマが広がっていた。


画像



 パノラマ合成・・・

画像




 このモラリストというルート、「フリークライミング 日本100岩場 B 伊豆・甲信、増補改訂版」によると5.10aらしい。

 Kjyさんの持っていた古いガイドブックでは5.8。あら?!

 感覚的には5.9くらいらしい。自分としては5.8くらいから難しく、5.9は一つの壁なので、とりあえずテンションかけずに登れたのは嬉しい事なんである。


 モラリストを登るNkjさん。

画像



 同じくMtyさん。

画像



 モラリストでビレイするWtbさん。補助のMtyさん。

 見てる相方K。

画像




 次にトライしたのがモラリストの隣の「タジヤンII」というルート。

 タジヤンの下部パノラマ。

画像





 モラリストのようにタジヤンIIも長いルートなので、今回はロープの関係で途中の樹まで。

 本来のルートの下半分。だが、下半分に厄介な核心がある。

画像




 タジヤンIIではルートを2種類取った。

 最初のルートでは、中間より少し上のバンドに乗り込むところがうまくいかず、何度もテンションかけてどうにかクリア。

画像



 後半でトライしたもう一つのルートは下の方にも核心があり、やはり身体(股関節)が堅く、良いスタンスに足を持ち上げられずに、やはりテンション。

 もう少し足が長いか、股関節が柔らかいかじゃないと・・・・・(;;)



で、身体や股関節が柔らかい相方Kは、微妙なスタンスもものともせず、ガシガシ登る。

 Mrバランスと言われたMr.Kdさんの後を継げるか〜

画像







 タジヤンIIを登るWtbさん。

画像





 同じくNkjさん。

画像





 タジヤンIIでビレイするMjmさん。

画像





 同じくビレイするWtbさん(奥側)と見守るMtyさん。

画像





 14時過ぎに講習終了。

 渡渉も今度は水没せずにOK。


画像





 金釜山荘の前で、記念写真。

 皆さん、お疲れ様でしたぁ!!


画像









 おわり・・・









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
果敢にチャレンジしていますね。
課題をクリアしたときの満足感は格別だったことでしょう。最近山を歩いていても、体の柔軟性が無くなったことを痛感します。
trekker-k
2013/08/08 08:24
trekker-kさん>ども!返事遅くなりました〜。コメントありがとうございます。課題をクリアすると爽快です!が大抵越えられない課題があるのでモヤモヤ感も残ります。
私の場合、昔から体が硬いので、柔軟性が無くなったと言うより、相変わらず?!といったところです(^^;;
azm
2013/08/12 11:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の小川山  その2 西股沢対岸父岩(モラリスト+タジヤンII) ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる