ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 三ツ峠8月の花 その2 カイフウロ 

<<   作成日時 : 2013/08/25 16:05   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 承前。

 三ツ峠山でこの時期に印象的なのはフウロソウの仲間のカイフウロ(甲斐風露)。

 高い山でよく見かけるのはハクサンフウロだけど、カイフウロは三ツ峠山に産する花。

 山渓ハンディ図鑑2「山に咲く花」によるとイヨフウロ(伊予風露)の変種だという。

 イヨフウロは花弁の先端が3裂することが多いという。


 カイフウロは多様性に富んでいるようであり、花弁の形や色の変異が多い。

 花弁の脈の色が濃いのも魅力的である。脈の模様は図鑑をみるとイヨフウロの仲間というのが分かる。


 では、写真を・・・・・

 淡紅色の花弁に赤紫の脈が美しい。

 雄しべの葯が青いのも良いアクセントになっており、印象を深くする要因となっている。

 この個体は花弁の縁がフリルのように皺になっている。

画像




 上の写真の個体によく似た感じの別の個体。

 花弁の先端が少しシワが寄っている。

画像




 こちらの個体は花弁の色が濃く、基部が白い。

 花弁の先端は丸みを帯びてシワもない。

画像



 これも花弁の色が濃く、基部が白い。

 脈の色が相対的に薄い感じ。

画像




 この個体は花弁の先端に裂がある。

 すべての花弁に裂があるわけでなないようだ。

 蜜を吸っているのは羽蟻だろうか? ハチの仲間か?

画像




 花弁の色が濃く、さらに脈の色もはっきりしている。

 また花弁の先が僅かに3裂している。

画像



 標高が高くなって、日当たりが良い草地になると淡紅色のカイフウロの群生があちらこちらで見られ、大変美しい。

画像



画像





 明らかに花弁が大きく3裂している個体。

 とても綺麗。

画像



 こちらも3裂しており、切れ込みが深い。

 花弁の色もやや濃いほうだ。

画像




 淡紅色というよりも明るい赤紫の花弁の個体。

 やや裂が見られる。

 花弁の脈には青い色も混ざっているように見える。


画像




 こちらは2日目の観察散歩でOkzさんがみつけた白花のカイフウロ。

 少し傷んでいるが、白花は珍しいのだという。


画像






 

 その他の花々に続く・・・







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三ツ峠8月の花 その2 カイフウロ  ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる