ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 日和田山 女岩 トレーニング

<<   作成日時 : 2013/12/07 09:33   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 はやいものでもう師走も1/3が過ぎようとしています。

 去年ほどではないが、なにかと忙しくなかなか更新ができずにいました。

 今回は12/1の日曜日に高麗の日和田山でのクライミングのトレーニング。

 初めてのアイゼン登攀のトレーニングが目的・・・・



 月が綺麗な朝だった。

 朝6時、日の出前。

画像



 地球照で、影側の月もうっすら見える。

画像



 高麗駅に朝9時集合。

 この日のメンバーは、講師のガイドは師匠のKjyさんと既に顔なじみのSkさん。

 そして3人の初めて会う方々。

 クライミング2回めのItさん。

 6000mの登山経験もあるTkhさん。

 そしてクライミングは初めて間もないYskさん。

画像





 天気のいい穏やかな日曜日ということもあって、日和田山のクライミングゲレンデは大変賑わっていた。

 女岩が他に1パーティだけであったので、この日のトレーニングは女岩で・・・

画像




 Yskさん。 最初は硬い感じがだんだんスムーズに・・・

画像



 慣れた手つきのビレイはTkhさん。

画像



 左上にYskさん、その下は別のパーティの方で、右上にItさん。

 Itさんは2回めとはとても思えず!

画像



 ビレイ中のItさん。

画像




 我々の出で立ちは・・・

 この日の目的は冬山に備え??アイゼン・トレーニング。

 岩にアイゼンで取り付くのであ〜る。 大丈夫か?!

 なので、オーバーズボン装着。

 アウターも着ようと思っていたが、気温もそこそこ高く汗だくになりそうなので、小生はフリースのみ。

画像



 相方Kは、アウターに、バラクーダも装着し冬山装備!

 訓練は本番のように、本番は訓練のように・・・・ by 宇宙兄弟

画像




 とはいえいきなりアイゼンでの登攀は無理があるので、まずクライミング・シュースで2本ほど登り、身体を慣らしてから、次に登山靴(冬靴)で登り、そしてアイゼンでの登攀という順に積み重ねていった。

 相方K。 普段のクライミングも上手いので、アイゼン履いてもなかなかなものである。

画像



 私は、いささかぎこちない。

 身体が硬いので、足が思うように上がらないし〜

 ただでさえ上がらない足を登山靴のソールの厚さ+アイゼンの爪の長さ分はどうしても余計に足を上げないといけない。

 そして、岩にはアイゼンの前爪だけで乗っからないといけないのだ。

 写真はYskさんが撮影していてくれました(ありがとうございました!)

画像


画像



 ひとしきりアイゼンのトレーニングを終えてから、再びクライミング・シュースで、かぶり系の課題に挑戦。


 ほんの少しかぶった所を抜けてカンテ沿いに登る課題は何とかクリア。

 最後は女岩の左側の面にある結構かぶった岩。

 私は下部の垂壁を超えられず、断念。


 手足共にリーチの長いSkさん。グイグイ登る。

画像


画像



 相方Kはリーチが短いので苦労。

 途中ハングドッグしながらも、根性でクリア。

画像



画像




 一日中、暖かなクライミング・ゲレンデだった。




 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日和田山 女岩 トレーニング ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる