ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 三ツ峠NW 4月例会 その1 長者ヶ岳の花々 

<<   作成日時 : 2014/05/02 17:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 飛び石の大型連休の前半に、植物の保全活動を行っている三ツ峠NW(ネットワーク)の例会に参加しました。

 1日目は田貫湖の隣にある長者ヶ岳に登りながらの花観察。二日目は三ツ峠で登山道整備と花観察。

 参加人数は少なかったですが、こじんまりとして楽しい2日間でした。


 まず1日目の様子から。



 陣馬の滝に集合。

 我々は新富士でSzkさんに拾って貰い現地へ。

 
 陣馬の滝は白糸の滝と同じく富士山の伏流水がベール状の滝となっているところなんであった。

画像



 早速花観察。


 タネツケバナ。

画像





 コンロンソウ。崑崙草。

画像





 ラショウモンカズラ。

 鼠男みたいに髭が生えている。

画像




 ひとしきり花と滝を見て、次に長者ヶ岳の登山口へ。


 新緑の山登り。

画像



 先ず出逢ったのはフモトスミレ。

 唇弁の紫斑、紫の筋模様がくっきりして美しい。

画像



画像



 唇弁の先がちょんと尖っているのが特徴の一つだ。


画像




画像




画像



 黄色いキスミレも。

画像



 
 小休止したところに桜が咲いていた。

 オオシマサクラは終わりかけで、フジサクラが見頃を迎えていた。

画像



 新緑の中を歩くのは気持ちがよい。

画像




 この時期はなんといってもスミレの花が観察のメインだ。


 ナガバノスミレサイシン。

画像



画像



画像




 エイザンスミレ。

画像




 スミレの他にも会いたかった花がある。

 カタクリ。 まだ、近所の自然公園で終わりかけのカタクリしか見ていなかったので、嬉しい。

画像



 花弁の濃い色のギザギザ模様が美しい。

画像




画像



 相方K撮影。

画像




 もう一つスミレノ他に会いたかった花。

 キクザキイチゲ。

 キンポウゲ科の花である。キンポウゲらしく花びらに見えるのはガク片なんである。

 スプリング・エフェメラルの一つだ。


画像



 漢字で書くと菊咲一華。学名は Anemone pseudoaltaic。 アネモネなんだ。


 かたまって咲いていた。まるでプレアデス星団(昴)のようだ。


画像



   
       早春の 山に光れる アネモネの

              すばるのごとく 踊る姿よ





 さて、さらに標高を上げると、是非会いたかったトウカイスミレが咲いていた。

画像




画像




 群生しているところも。

画像



画像



 白花のトウカイスミレがあった。

 綺麗。

画像



画像





 こちらはシコクスミレ。

画像



 昼頃、頂上に。

 お弁当タイム。

 前日から富士トレイルマラソンが開催されていて、長者ヶ岳も通過ポイントだった。

 全長160kmを平均40時間で走り抜くらしい。 長者ヶ岳は130kmくらいの通過地点。

 前日の15時スタートで、もう既にゴールしたという人もいるとのことだった。


 記念写真。

画像



 同じ道を下り、14:30に登山口に戻った。

 下り道に、何カ所か穴を掘った後があった。

 登りの時には無かったものだ。

 どうやら盗掘らしい。キクザキイチゲを根こそぎ掘りぬいたようだ。

 山野草を愛でるのは、山野のその場で愛でて欲しい。

 植物は単体で生きてる訳じゃなく、多くのものが周辺の他の生物とのやりとりで暮らしているのだ。くり抜いて持って帰っても、まともに育つものではない。

 枯れる前に売り抜けて、ほくほくしているたちの悪い輩も多いのだろうが、罰当たりなことよ。



 登山口で。

画像





 長者ヶ岳から朝霧高原を経由して三ツ峠山に向かった。


 途中の草原でキスミレが群生していた。


 で、観察会。

 花を踏まない様に気を付けて地ベタに這いつくばってパチリ、パチリ。

画像



画像





 三ツ峠山の登山口までの林道脇にもスミレスポットがあった。

 ヒナスミレ。

 スミレ界のプリンセス。

画像



画像




 
 目的地の三ツ峠山荘には18時頃到着。

画像



 夕陽が沈んでいく。

画像





 富士山には昼過ぎからずーっと雲がかぶっていた。


画像





 つづく・・・・・











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三ツ峠NW 4月例会 その1 長者ヶ岳の花々  ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる