ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の雪山天狗岳 その1 黒百合ヒュッテへ

<<   作成日時 : 2014/05/07 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2014年のGW。

 飛び石連休。前半は山にスミレ観察でした。

 後半は...やはり山でした。

 色々懸案と、天気、体力?、技術??を比較検討し、最終的に北八ヶ岳の天狗岳に行くことにしました。

 天狗岳は去年の大晦日に挑戦するも風雪強く途中で断念したのでありました。

 → http://azm.at.webry.info/201401/article_3.html


 今回は、リベンジ登山。さて・・・・



 週間予報や、天気図をみると5/3は本州の北側を弱い前線が通過、5/4は午前中に移動性高気圧が本州中央を覆う形だった。

 これを逃す手はないぞっと・・・・

 5/3は渋ノ湯から黒百合ヒュッテに入ればよいから、あまり早く出なくてもよい。

 通常の山行よりは大分ゆっくり、7時に出発。

 青空である。

画像



 あずさは指定席が取れなかったので八王子から茅野まで立ちん坊 


 茅野から渋ノ湯へのバスには大勢の登山客が並んでいたが、臨時で2台が出たので、余裕で座れた。

 バスから八ヶ岳の山並みが綺麗に見えた。

画像




 渋ノ湯バス停を11:15出発。

画像



 堰堤で登山届けを出して、川を渡れば山の中。

画像




 本日の宿、黒百合ヒュッテまでは樹林帯なのでアイゼンは要らないだろう・・・・

 と、いきなりアイスバーン。

 アイゼン履いていれば何てこと無いが、ちょっとびびる。

画像



 樹林帯の残雪の道を行く。

画像



 急な登りが結構ある。

画像




 水補給、小休止。

 相方K。

画像



 小生。

 頭に大量の汗をかくので、今回は汗防止に手ぬぐい作戦。

画像



 雪が解けて沢にはせせらぎがキラキラリ。

画像



 13:20、黒百合ヒュッテ到着。

画像


画像



 テン場も一杯だった。

画像



 ヒュッテで受付をした後、中で持参のパンで昼食。

 夕食は5:30。


 まだまだ時間はたっぷりある。

 とりあえず・・・・昼寝だ.....ZZZ



 16:30頃、少し外を歩いてみることにした。

 外は大分雲が多くなってきている。

 黒百合ヒュッテの南側の高台に登って見ることにする。

 幸いトレースがついていた。

画像



 夕陽があたったダケカンバが綺麗だった。

画像



 斜面を登っていく。

画像



 天狗岳が見えてきた。

 双耳峰の東側、東天狗岳だ。

 ちょこんと飛び出た岩峰が天狗の鼻だ。

画像



 高台の上に出た。

 西側の西天狗岳も良く見える。

画像



 眼下に黒百合ヒュッテ。

画像




 陽が射してきた。

画像




 記念写真。

画像




 高台はすり鉢状になっており、その底には池があった。

 夏場は水が涸れてしまう池なんである。


 雪融けの水が豊富な時期にしか見られない池。

 初めてお目にかかった。

画像




 さて、そろそろ小屋に戻ろう。

画像





 小屋の前の諏訪大社の分祠の向こうに陽が沈む。

画像




 5:30。さあ、夕食だ。

 この日は小屋泊まりの客が多く、食事は5:30と6:00の2回戦。

画像





 続く・・・・・・






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の雪山天狗岳 その1 黒百合ヒュッテへ ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる