ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 劔岳春山山行 その3  劔岳登攀 頂上へ

<<   作成日時 : 2014/06/17 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

・・・承前。


 剣山荘からアンザイレンしたので、その後の写真は小休止か休憩の場合のみ。

 ぐずぐずしてらんないからね〜


 剣山荘からの急斜面を登り、一服劔を超えて、いつの間にかに前劔(まえつるぎ 或いは ぜんけん)の手前に・・

 ここで 5:58。

画像



 うひゃ〜

 この急な雪面を登攀するのか〜


 実際には写真の上から1/4くらいの所で雪面から岩に移った。

 それはそれで岩場の登攀になり結構大変。




 2000年の秋に登った時の前劔の写真。

 雪の付き具合と、秋の岩肌と比べると、岩の形がよく分かる(かな?)

画像




 岩場の登攀中、

 ”時間が押している、遅い!”、 軍曹閣下の叱咤。


 ぐいぐい登っているつもりではあるが...






 で・・・・、である。

 前劔の上に出たときだったか(今になっては、定かでないのだが、

 登攀を終えてちょっとの平場に出たところで、右足のアイゼンがぶらりと外れた


 ”スミマセ〜ン。 アイゼン外れました。 止まってくださぁ〜い”


 おもむろに振り返る軍曹。

 ”ベルトが緩んでたりすると外れるんだ..”

 仰る通り。しっかりしめたハズなんだがな。

 焦って、なかなかバンドが締められないが、深呼吸してゆっくり締め直す。



 前劔からの今回の写真はないが、2000年に登った時の景色はこんな。


画像





 前劔のてっぺんからは、急な下降。

 岩場の下降に、急な雪面の下降が続く。

 ”はい、降りて”

 ウムを言わさず降りなきゃならぬ・・・。ま、当たり前だけど、急なんだよね〜斜面が。



 なんとかこなして、あっという間に7:48。

 前劔の登攀、下降に、日影の凍った雪斜面のトラバース・・・・

 時間かかった訳だな。



 平蔵のコル。

画像




 この先は、最後にして最大?の難関のカニノヨコバイが控えている。


 夏道は平蔵のコルから右手に入り、カニノタテバイを登り、登頂後の復路をカニノヨコバイを通過する。


 積雪期はカニノヨコバイを通過するのだ。

 次の写真の鎖場を登り(鎖はあまり使わない)、上に見えるハシゴを超えるとカニノヨコバイだ。

画像




 カニノヨコバイはその名の通り、岩壁を鎖を手がかりにトラバースする難所。

 足の掛かる幅もせま〜い。

 カニノヨコバイには雪はなかった。

 アイゼンを履いたままで、足は狭い岩棚を、手は鎖をたどり、横に進む。

 一応、鎖場ではカラビナを二つ付けたデイジーチェーンでセルフビレイを取った。

 ハーネスに付けたデイジーチェーン(丈夫な輪っかをつなげたロープの一種)を介してカラビナを鎖にかけて、万が一ずっこけても滑落しない様にする自己確保(セルフビレイ)するってことです、はい。



 カニノヨコバイを難なく(結構問題なし〜)通過し、しばしの登攀のあと狭い雪稜を歩くと、もうそれより上は無かった。




 8:30に頂上到着。

画像



 秋の景色(2000年9月)と比べてみよう。

画像




 振り返ると、狭い雪稜に足跡....(ま、いろんな人のだけど)

画像



 頂上には、鬼軍曹Ksjさんと我々二人だけ。

 ヒマラヤほど険しくはないが、雪山の世界は美しい。

画像




 頂上から室堂方面(南側)のパノラマ。

画像

↑クリックしてね、大きくなります。




 2000年秋との比較。

画像


↑クリックしてね、大きくなります。





 なんか足りない・・・


 そう。劔岳の山頂には祠がある、ハズなのだ。


 今回は雪の下なんだね〜


 ほんとの地面(岩面)は2、3m下なんだな〜


 劔岳、2999m。


 雪があるから、3000mは越したね。



 頂上にて。

画像




 ガイドKsj軍曹。

 黒くギザギザしているのは八峰かな?

画像





 さて、登山は頂上で最後ではない。


 下らなくてはならぬ。


 無事生還してこその登山なんである。


 しかし、である。


 下りは、安全を期すこともあり、平蔵のコルまで下った後は、平蔵谷(ヘイソタン)の雪渓下り。

 小生、雪の斜面の下りが大の苦手なんである。

 ちょっとでも、ズルっとすると怖くなり、へっぴりに。

 入らぬ力も入り、疲れるし。


 大丈夫かぁぁぁぁ





 続く・・・・・・








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
登りはタテバイ、ヨコバイを行くのですね。
いやあ、アイゼンであの岩場を登るかと思うと読んでるだけでムズムズします。
山頂に立ったら気持ち、良いんでしょうね。
お疲れ様でした。
って、まだ続きがありましたね。
やまとそば
2014/06/18 05:15
やまとそばさん> はい。非積雪期は登りタテバイ、下りヨコバイの一方通行です。危険と渋滞回避ですね(^-^)/
まだまだ続きま〜すf^_^;
azm
2014/06/18 06:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
劔岳春山山行 その3  劔岳登攀 頂上へ ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる