ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 初秋の仙丈ヶ岳  その4  山小屋へ(馬の背ヒュッテ)

<<   作成日時 : 2014/09/28 14:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ・・・承前。

 少し降りたところの岩陰で・・・

 タカネツメクサ。

 イワツメクサとともに、疲れた心をいやしてくれる高山の小さな花。

画像



 秋だな。

 チシマギキョウ。

画像





 大分ガスが湧いてきた。

 天気は下り坂だ。こちらも下り坂を進む。

画像



 仙丈小屋が見えてきた。

 山頂に近い小屋なので人気があるようだ。

画像



 ミヤマゼンコが種になったり、花のままだったり。

画像



画像




 登山道から離れたところにヒメヨツバシオガマがほんの少し咲き残っていた。

画像




 ガスの中を馬の背に向かう。

画像




 大分標高が下がり樹林帯に入ると、登山道の両脇に柵が現れた。

画像



 環境省による植生保護柵だ。

 ニホンジカが増えすぎている。

 各地で高山植物が食害にあいお花畑が消失しつつある。

 かつては馬の背も一面にお花畑が広がっていたようだ。

画像



 消失してからの回復は時間がかかる。

 被害のないうちからの手当が必要とされる。


 植生防護柵の道を進む。
 
 ダケカンバの林になった。

画像




 さらに標高が下がると、トリカブトの花が盛りだった。

画像





 午後3時過ぎに今日の宿泊地である馬の背ヒュッテに到着。

画像



 木造で、将棋の駒のような形のヒュッテだ。

 中は3層になっている。

画像



 小屋裏はナナカマドやダケカンバの林で、遠くにはガスに包まれた甲斐駒を見ることが出来た。

画像



 足元にバッタが沢山。

 羽根が小さい。フキバッタの幼生かしらん??。

画像



 小屋の脇にはシシウドが花盛り。

 白い花火が打ち上がっているかのように。

画像




 小屋裏にテーブルとベンチがある。

 コーヒーを頼んで、身体を休める。

 家から持参のマルセイ・バターサンドがコーヒーによく似合う。

画像




 夕食までしばらく間があった。

 外ではポツリポツリ雨が落ちてきていた。

 昼寝で疲れを癒す。


 17:00。夕食。

 長いハーブ入りソーセージの載ったカレーだ。

 おかわり自由だが、限りがあり先着順。

 すぐに無くなりおかわりできなくなった。

画像




 夕方になり気温が下がり、外は本降りになっていた。

 明日の天気が心配だ。

 TVの気象情報はまだかな。

画像




 夜の小屋裏。

 雨が降ったり止んだり・・・

画像





 続く・・・・





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初秋の仙丈ヶ岳  その4  山小屋へ(馬の背ヒュッテ) ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる