ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014蓼科山荘きのこ教室 その3 きのこ達

<<   作成日時 : 2014/10/11 20:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 ...承前。

 夜明け前に蓼科山の山頂を目指す人。

 のんびり小屋で過ごす人。

 ウチらは後者。

 蓼科山には何度も足を運んでいるが、山頂に立ったのは2度しか無い無精者?!



 7:00、朝食。

 名物のとろろ御飯。

画像




 昨日採取したきのこ。

 朝方霜が降りるほどの低温。

 きのこは半冷凍状態。なので、形が崩れていない。


 美しいフキサクラシメジ。

 ただし、臭いは図鑑では煮干し系と言われるが、ちょっと溶剤系のツンとした感じというか、相方Kはどこかゴルゴンゾーラ系の臭いがするとも言う。

 この臭い、嗅いでも微かなのだが、食べると鼻にぬける臭いが気になる。


画像




 タマゴタケの一生。

 タマゴ→幼菌→成菌

画像





 相方Kが名札をつけはじめた。

画像



 クリタケの仲間。

画像



 ヌメリスギタケモドキ。

 地元ではヤナギタケ。

画像



 ツバフウセンタケ。

画像




 アイシメジ。

 美味しいキノコ(なんだがな...ってしつこい??!)

画像



 シモフリシメジ。

 これも美味いきのこだ。

画像




 ナラタケ。

 優秀な食菌。だが、食べ過ぎるとお腹をこわす。

画像



 キハツダケ。

 傷がつくと青緑に変色するので気味が悪いが、味噌汁とか天ぷらに絶品。

画像



 ハナイグチ。

 地元では”じごぼう”。

 優秀な食菌。

画像



 イッポンシメジの仲間。

 有毒。消化器系の障害。

画像




 仕分け後。

 きとんと仕分ければ、美しい3D図鑑。

画像




 木製のきのこストラップ。

 一目見て気に入った。

 写真にはないけれど、ヤマイグチに似た色合いのストラップをゲット。

 欲しい方は蓼科山荘でどうぞ!

画像





 つづく・・・・・・











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これだけのきのこを仕分けして名前をつけられるって
凄いことですね。kmさんもきのこの講師ができますね。
あれから度々きのこの本を開いています。
もっと詳しい図鑑が欲しくなりました。

きのこのストラップが売っていたのですか!
気が付いていたら私も買ったと思います。可愛いですねー!

次はフウセンタケやシメジ類を覚えたいと思います。
haruchan
2014/10/12 00:09
haruchanさん>ども! 相方Kの方がきのこの名前は詳しいです。私も何度も同じことを聞いています(^^;;
きのこのストラップはぜひ来年どうぞ!
azm
2014/10/13 18:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
2014蓼科山荘きのこ教室 その3 きのこ達 ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる