ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015年7月の三ツ峠 その1  花の山だなぁ 

<<   作成日時 : 2015/08/29 00:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 お久しぶりです。

 何やかやと忙しいので写真を整理する暇がない上に、なかなかブログを書く時間が取れないうちに8月も終わりに。

 今回は一月以上前の三ツ峠でのお話。

 貴重な植物の生育環境の保護のお手伝いをしに三ツ峠NWに参加していますが、7月例会の時の様子です。


 7/18。

 天気今ひとつ。

 富士山に笠雲がかかっていた。

画像



 参加者の気のおけない皆さんと語らいながらの登山道。

画像



 シモツケ。

 ピンクの細い花が綺麗。

画像



 ヤマアジサイ。

 野生のアジサイ。清楚。

画像



 クワガタソウ。

 まだ咲いていた。

画像



 モミジイチゴ。

 野生のいちごの中では最も美味しい(と思う)。

 今は見るだけ・・・

画像



 ちょっと雨っぽい登山道を進む。

画像




 クガイソウ。

 ムシさんが蜜を吸いに。

画像



 レンゲショウマはまだホワイトチョコボール(まんまるい蕾)の状態だった。

 (8月半ばは例によって素晴らしかったらしい・・・)

画像




 コウグイスカグラ。

 みずみずしい赤。

画像





 マタタビの実。

 よい果実酒になるんだが。

画像




 キヌタソウ。

 とっても小さい花。 風に揺れるは、小さくてピントは合わないは・・・

画像




 フジイバラ。

 なかなかゴージャスな花。とはいえ刺がある。

画像




 オダマキ。

 見とれる造形。

画像




 まだ咲き始めのカイフウロ。

 いつ見てもきれいな花だ。

画像



画像




 ギボウシ。

画像




 
 登山道の脇は土壁になっている所も多い。

 雨に穿たれると、土が削られる。

 石が乗っかったところだけ雨を避けるので、削られずに残る。

 というわけで、ミニミニカッパドキアが出来るんである。


画像



 カッパドキアのナメゴン。

画像





 この日は防鹿柵(鹿が入らないようにして食害から守っている)区画の、下草刈りや枝払いなど。

 もともとハゲ坊主の山だった頃から、木が育ち、侵略的植物もはびこって、更に盗掘や、鹿の食害で、貴重な植物の生育環境が縮小している。

 ある程度人が手をかけないと、もとの環境を維持できない。

 
 防鹿柵の中はギボウシがたくさん咲く野原になっている。

 一目瞭然。

画像



 街では歩けない格好で作業。

 虫除けネットを被っているのだ。 三ツ峠のヌカカに刺されるとボワンと腫れ上がる。

 もっともこの日は気温が低くあまり刺すようなムシは飛んでいなかったようだ。

画像





 作業の後も花観察に。

 イタチササゲ。

 イタチ色?だからか? 見事なグラデーション。

画像



 シモツケと富士山。

画像




 屏風岩にも足を延ばす。

 久しく登っていないなぁ。

画像



 富士山は相変わらず笠雲をかぶっている。

画像




 ミヤマシャジン?

画像


画像





 そうそう、きのこもたくさん。

画像



画像



画像


画像



 ウスタケ。

画像





 こいつぁ、屏風岩の壁の下にいたヒキちゃん。

画像




 ずっと倒れていたままの古の道標が建てなおされていた。嬉しい。

画像




 参加者の皆さんと記念写真。

画像




 つづく・・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2015年7月の三ツ峠 その1  花の山だなぁ  ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる