ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 盛夏の針ノ木岳縦走 その7 鳴沢岳から新越山荘へ

<<   作成日時 : 2015/10/08 22:52   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

・・・承前。

 12:35、赤沢岳を(またまた)降りて、鳴沢岳に向かう。

画像



 だいぶ降りて振り返る。

 意外と険しく見える。

画像



 おやおや。行く手に青いヘリコプター。

画像



 行き過ぎたと思ったら、向きを変えて戻ってきた。

 しかも、人が乗り出して、救助用のワイヤーを下ろそうとしている。

 どうやら、前方の手前側のピークに要救助者がいるようだ。

 しばらく待たなきゃね。



 富山県県警のヘリ。

画像



画像




 無事に要救助者を確保できたようだ。

画像



 
画像



 無事、救助。ヘリは要救を回収したらすぐさまバンクして、凄まじいスピードで富山側へ消えていった。

 レスキューヘリ、おそるべし。かっちょいい。




 前を行くのは昨晩針ノ木小屋で一緒だったというか、鼾が酷いのでと、個室に移動したグループみたい。

 昼寝の最中から尋常じゃない鼾だった。寝不足で足を滑らせたかな?

 (後で新越山荘で、小耳に挟んだところ、鳴沢岳に向かう途中に転倒して頭を怪我したようでしたが、出血したものの大事には至らなかったようです。ヨカッタヨカッタ)


画像



 やぱり、ヘルメットは大事かも・・・・



 トウヤクリンドウ。

画像



 コケモモ。

画像



 鳴沢岳のどこかに夭折した写真家KAZさんの作品にある、Z型の亀裂に沿って咲いたチシマギキョウ、が見られるはずなんだけど・・・


 いろいろ探しながら歩いたが、残念。見つからなかった。




 頂上はまだ先か・・・

画像




 漸く頂上が近づいてきた。

 暑くてバテそ。

 相方Kはもう先に頂上に着いてる〜...

画像


 
画像



 13:30、鳴沢岳到着。


 赤沢岳からほぼ1時間か。


画像




 さあ、鳴沢岳を降りた峠に今日の宿、新越山荘がある。

 雲が湧き上がる稜線に小屋の屋根が見えている。

画像




 もうひと踏ん張りだ。



 というわけで、14:10に新越山荘に到着。

 いやはや疲れた。水もちょうど飲みきった。

画像



画像




 昼は行動食だったので、腹が減った。

 暑いのでノドがカラカラ。

 なら、カレーでしょ、なら、ビールでしょ。

画像




 で、昼寝でしょ。




 はい、夕食。17:00!

画像




 夏の夕景は雲がよろしい。

 蓮華岳の彼方に積乱雲。

画像



 針ノ木雪渓の上に雲海が浮かび、蓮華岳が雲の上に。

画像



 雲海がうねるその姿は、大きな人智を超えた生物のようでもある。







 小屋の反対側では劔に日が落ちていく。

画像





 満月が昇ってきた。

 赤く染まった積乱雲。

 コーラルDの雲の彫刻師byJ・G・バラード な世界。

画像




 つづく・・・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
盛夏の針ノ木岳縦走 その7 鳴沢岳から新越山荘へ ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる