ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016 あけましておめでとうございます

<<   作成日時 : 2016/01/03 17:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 遅ればせながら、あけましておめでとうざいます。

 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

画像



 相方Kは、英米ではコングラッチュレーションとは言わないし韓国でもチュッカ(=祝賀)ハムニダとは言わず幸せな年を、という言い方をするが、その方がしっくり来る...と言ってますが、やはり一年の区切りとして、この時期に元日を置いたのは古人(北半球のね...)の知恵なんだと思います。
 旧暦のほうが奥が深い感じもしますが....


 炭酸ガスによる地球温暖化説にはいささか懐疑的な小生ですが(過剰な人工熱の排出が原因?)、かつて異常気象と言われていた気象状況が当たり前になってきていて、地球自体がこれまでとは違うフェーズに移行したのでは...と考えてしまいます。

 不安定なのは気象ばかりではなく、国内外の社会情勢もまた不安定。

 個人的にはフクイチの成り行きがとても心配です。何も終わっていないにも関わらず、希釈拡散を良しとして、原発の再稼働が着々と進んでいるのは腑に落ちません。

 電気を使わないと生きていけない現代に原発は必要不可欠、必要悪という方も多いとは思いますが、膨大なコストは家庭用の電気代に付加され、大規模発電・遠距離送電は非常にロスが大きい上、一度事故が起きれば人間の手に負えず、そのツケは私達のみならず将来にまで降りかかって来ます。あのような過酷事故を起こした後でも東京電力が黒字決済を続けていることも、異常です。

 放射性廃棄物の処理にしてもまだ何も解決されておらず、たしか全国の原発の使用済燃料プールも満杯に近いはず。
 地殻変動の激しい環太平洋造山帯にオンカロのような施設を作れるわけでもなし...

 福島で野積みされている除染後の汚染物質も、それを包む耐用年数の短い大型土嚢のような袋が傷み、破れて漏出していると聞きます。結局おざなりの対応しかできていない訳ですから、その行方はしっかりモニターされないといけません(しているのかしらん??)


 エネルギーの問題は深刻ですが、ヒントはすぐ近くにあるのでは...

 先日、FBで知り合った方の投稿にミトコンドリアのエネルギー生産のCGが紹介されていました。

 次の動画です。


  


 
 CGだけではよく分からないかもしれませんが、以前”ミトコンドリアが進化を決めた ニック・レーン著”という本を読んで、その仕組をなんとなくイメージしていたものがCGで見事に再現されているので感動モノだったのです。

 この本を以前ブログで紹介しているので、読んでね。
 → ”ミトコンドリアが進化を決めた ニック・レーン著” http://azm.at.webry.info/201102/article_12.html



 要点は、生物はその細胞の中のミトコンドリアが生産するエネルギーで生きているってことなんです。
 ミトコンドリアはほとんど全ての真核生物の細胞に含まれる細胞小器官であり、動物にしろ植物にしろ、ほぼすべての生物が同じ仕組でエネルギーを生産しているってこと。

 もともとは好気性のバクテリアであったミトコンドリアが真核細胞と共生して今の生物の細胞を形成したので、それはたまたまの偶然しれないけれど、淘汰に打ち勝つシステムであったことは間違いないでしょう。

 つまり生物は細胞一つ一つに発電所を作るってシステムを採用したわけです。

 大規模発送電細胞は採用されなかった....

 推して知るべし、ということではないかと想う次第。


 幼い頃は、アトムや鉄人、8マンの世界で、人類の叡知、輝ける未来とかを、信じる信じない以前に、そんなものかと育ってきましたが、一方で大気汚染や水質汚濁、公害病が漫画雑誌の記事(昔の少年マガジンとか少年キングとか、少年サンデーとかには漫画だけでなく、いろいろな記事も、面白おかしくではありますが載っていたものです。)にもなるような時代ではありました。

 確かに大気汚染、水質汚濁や公害はいろいろな努力でなくなりましたが、結局痛い目を見ないと改善されないのは、人類に叡知はないと言うか学習しない証拠で、決して未来は輝けるものではない、とつくづく感じている次第。


 本当に、心底おめでとう、ということが出来る世の中はいつ来るのかしらん。

 あまり、オメデタイ、人間にはならないように自戒しつつ、あらたな一年の一日一日を積み重ねたいと思う年始なのであります。




 さてさて、年末年始と北アルプス燕岳に登ってきました。

 そのレポートはまた別途・・・

画像






 では、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。









 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016 あけましておめでとうございます ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる