ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016新年山行 冬の燕岳  その3 1/1 合戦小屋から燕山荘へ

<<   作成日時 : 2016/01/17 18:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ・・・承前。

 10:45、合戦小屋出発。

 合戦小屋のすぐ上がかなりの傾斜なんだな。

画像



 だんだん息が上がってくる。


 11:00、標高約2450m付近。

 大天井岳の稜線の向こうに槍ヶ岳の穂先が見え始めた。

画像



 燕岳からの槍ヶ岳はまっすぐ天頂を目指してとんがり、さらに小槍も見えて、格好いいのだ。

画像



 冬のアルプスらしくなってきたぞ。

画像



 11:00、合戦沢の頭を過ぎたあたり。標高約2500m。

 相方Kの頭の左側に燕山荘が見える。

画像



 背景左側に八ヶ岳。

画像



 ルートを振り返る。

 いい感じの尾根だ。八ヶ岳はもちろん、遠景右に富士山、南アルプス。

画像



 白い幹のダケカンバが綺麗だ。

 2500mを過ぎるとてきめんに空気の薄さが身にしみる。

画像



 手前にはだかるピークで燕山荘が見えない。これを超えねば・・・・

画像



 左手を眺めると槍ヶ岳が大分よく見えるようになってきた。

画像




 ピークの上に出た。標高約2650m。

 しばらく比較的平坦な尾根道。

 燕山荘は急な斜面の上の方に見える。まだまだ遠い。 

画像



 セルフポートレイト。

画像



 最後の急登が目の前に。

画像




 11:45。急登を前に小休止。

 エネルギー補充。

画像



 セルフィー。

画像



 槍ヶ岳、格好良いぞ。

画像




 さあ出発だ。

 餓鬼岳方面、右手に鹿島槍など後立山方面も綺麗に見える。

画像

※ クリックしてね。


 燕山荘までの道が分かる。

 夏は小屋の右側(東側)斜面をトラバースするように登るが、冬道は斜面を直登したあと左手(西側)に廻り込むのだ。

画像



 白い道、蒼い影。

画像




 太陽に向かって登る。

画像




 12:00。さあ、最後の最後の急登だぁ。

画像



 12:10。急登が終わり燕山荘の裏手に着いた。

画像



 燕山荘の左手を廻り込む。あと100m。

画像



 とはいえまだ登ったり...

画像



 下ったり...

画像




 12:15、燕山荘到着。

合戦小屋から1時間半。冬のコースタイムは2時間。

 中房からは7時出発だから5時間15分。冬の中房から燕山荘までのコースタイムが7時間!

 休み休み来たけれどなかなか速かった。

 もっとも天気は良いし、風はないし、トレースはあるしの好条件だったからだな。

 ここで燕山荘の正面の写真がほしいところだが、すぐ小屋に入って受付したりしたので、写真なし〜。



 燕山荘の入り口、受付は新年の飾り付け。

画像


画像




 お昼を過ぎたので腹が減った。

 小屋の食堂で昼食。

 ビーフシチューを頼んだ。

 山小屋で昼から本格的なビーフシチュー。

 燕山荘ならではかな。

画像





 つづく...











 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016新年山行 冬の燕岳  その3 1/1 合戦小屋から燕山荘へ ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる