ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 白馬村で花散策 その2 早朝トレッキング、北尾根高原、カタクリ苑、そして山岳博物館

<<   作成日時 : 2016/05/06 21:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ・・・承前。

 5:00起床。

1.早朝トレッキング

 朝飯前に早朝トレッキング。

画像


 6:00に出発。

 ホテルの周りの林や河畔を一時間余り歩いた。

画像



 カタクリの種のさや。

 はじけて地面に種が落ちる。

 種はアリのさなぎのにおい(フェロモン?)を持っているらしい。アリはさなぎと間違えて巣に運ぶ。

 湿潤な安定した土壌にまんまと種を運ばせる。

画像



 朝の小川。

画像



 松川の河畔。

 白馬三山の姿がきれい。

画像



2.草花探し

 チェックアウト後ちょっと足を延ばし、探してみた。

 お、葉が丸くつぼまったスミレ。

 どうやらスミレサイシンのようだ。

画像


画像


画像



画像



 春の花は皆終わりかけ。今年は早い。


3.北尾根高原

 八方尾根スキー場の一画。

 咲花リフトで登ったところに北尾根高原がある。

 GPSログ。真直ぐな部分はリフト。

 そのあとぐるっと周って一時間ほどの散策路。


画像

 

 リフトで登るとこんな景色が広がっていた。

画像



 散策路へ。

 ウリハダカエデ。

 スイカの皮のような幹。

画像



 カタクリが咲いていた。

画像



 タムシバ。

画像




 ちょうどショウジョウバカマが花盛りだった。

画像



 タンポポのように根生葉が広がる。

 いち早く光合成を行うために、葉を広げている(のだそうだ)。

画像




 白馬三山をバックに。

画像



 まだ出たばかりのフキノトウもあった。

画像



 ハルリンドウが咲いていた。

画像


画像



 白馬三山をバックにハルリンドウとショウジョウバカマ。

画像



4.カタクリ苑。

 白馬五竜スキー場に隣接している。

 スキー場の案内所で確認すればよかったが、そのまま案内標識を頼りに行ったので、分かりにくかった。

画像



 カタクリもシーズンを過ぎたのかさえないな、戻ろうか、と思ったところを相方Kがもう少し行ってみようというので、もう少し登ると、おお、結構咲いているじゃないか。

画像



 ギザギザ模様が良いね。

 ちょうどハチが飛んできた。

画像



 ギザギザ模様は個体によって異なっている。

画像



 近くにニョイスミレもたくさん咲いていた。

画像




 ウスバサイシン3兄弟。

画像



5.大町山岳博物館

 そして最後は以前から行きたかった大町の山岳博物館。

画像



 まずは腹ごしらえ。

 喫茶コーナーで、ピザパンとアイスコーヒー。

 アイスコーヒーに入っている氷がコーヒーを凍らせたもので感激。

 氷が解けて薄まったコーヒーを飲んでもらいたくないからと喫茶のご主人。

画像


 壁には北アルプスの立体地図がいろいろ。

画像


 こういうの、目がない。買っちまった。


 さて、山岳博物館。

 信濃大町の東側の山の斜面にあるので、3階の展望室からは北アルプス北部がすべて見渡せる。

クリックしてみてね。
画像



 今の時期はいろいろな雪形を見ることができる。

 爺ケ岳の種まき爺さん。

画像



 鹿島槍ヶ岳の鶴(左)と獅子(右)。

画像



 山岳博物館に隣接して動物園、植物園がある。

 動物園ではライチョウの保護飼育(スバールバルのライチョウだけど)の研究が続けられている。


 植物園で。

 キバナイカリソウ。

 強壮剤になるらしい。

画像



 クルマバソウ。

 葉っぱが車状。

画像






 いつもは通り過ぎるだけの白馬村をいろいろ歩けて良かった。




 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
白馬村で花散策 その2 早朝トレッキング、北尾根高原、カタクリ苑、そして山岳博物館 ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる