ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月 みのとの森に学ぼう その1 ホテイラン生育状況調査

<<   作成日時 : 2016/06/04 21:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 早くも6月。

 アジサイも花盛りでそろそろ梅雨入りのころとなりました。

 これを書いている今日は6/4。明日は八ヶ岳の開山祭ですね。


 さて5/21,22、に八ヶ岳、美濃戸に希少植物の保全と調査に出かけました。

 この時期に美濃戸には野生の蘭、ホテイランが美しい花を咲かせます。

 今年は例年に比べ1週間から10日、それ以上かな、開花が早いようでした。

 
 ホテイラン。

 かの牧野富太郎先生をして最も美しい野生の蘭と言わしめた蘭です。

画像




 以前は、山で亡くなられた写真家・ジャーナリストのKAZさんが観察会を行っていました。

 小生は2008年からその観察会に参加し、少しづつ手伝いもするようになって...

 最初の頃の記事・・・

 http://azm.at.webry.info/200806/article_4.html


 KAZさんと美濃戸の森を歩いたのは2013年の5月が最後。その年の夏に帰らぬ人となってしまいました。

 http://azm.at.webry.info/201306/article_2.html




 以降、八ヶ岳山荘のFjmさんをはじめ、幾人かの仲間がこの時期に美濃戸に集まって、登山道わきのグリーンロープの整備や、注意喚起の看板設置、個体調査などの活動を行っています。

 小さな集まりですが、「みのとの森に学ぶ会」として活動しています。



 美濃戸のホテイランは登山道の直ぐ脇に咲くので、人目に付きやすく、時に盗掘もあります。

 ホテイランはふかふかした林床に生育するので気を付けないと写真を撮るときに小さな葉を踏みつけたり、苔の林床を傷めたりします。

 登山道に張ったグリーンロープは、むやみに踏み込んでホテイランなどのふかふかの林床に生育する植物の環境を壊さないようにするためのものです。

 KAZさんのアイディアで、ホテイランを間近に観察できる写真スポットも作るようにしています。

 どうか皆さんも気を付けて。

 さて...

 1日目 (5/21)

 八ヶ岳山荘のFjmさん、昔からの仲間のYnzさん、相方Kと私で、登山道周辺の生育状況の調査を実施。

 開花個体にナンバーリングした針金マーカーでマーキングして数を数える。

画像


画像



 まだきちんと集計は行っていないが、開花状況は場所によって増減。以前、多く見られたところが減って、逆に増えているとこともあるようだった。


画像




 不思議な光沢をした花弁。

 真正面から見ると、エイリアンのようなお顔(と毎年書いているような・・・)

画像




 花茎が伸びてきた個体。

画像



 つぼみ。 地味。 

画像



 花が開くとこんなに派手。

 実際にはとっても小さいですが。花の大きさは3cmくらい。


画像



 とても複雑な花の構造をしたホテイラン。

 赤紫の色や特徴ある冠のような花弁は花粉を運ぶポリネータ(ハナバチの仲間のようだ)に目立つように進化したものだろう(多分)。

 袋状の花も、花粉をうまく運んでもらえるような仕組みに進化したに違いない。


画像




 つづく・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月 みのとの森に学ぼう その1 ホテイラン生育状況調査 ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる