ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 4/10- 検査入院へ 

<<   作成日時 : 2017/04/07 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ちょっと体調が悪く、4/10から検査入院に入ります。



 昨年の夏に、通勤の田園都市線で、重いザック(仕事用)を網棚に載せようとしたとき、左手に力が入らず、ザックを落としました。下に座っていた人にぶつかり、眼鏡が落ちる始末。壊れないでよかった。


 疲れが溜まっていたのかと、気の所為にしていました。

 でも握力大分落ちていた。

 8月、念願の剱岳Çフェースへ。

 この年(2016)の夏、どこの雪渓も崩壊が進み、剱沢雪渓からのアプローチが出来ず、剱岳本峰を越えてのアプローチ。しかし、劔の頂上に着く頃にはヘトヘト。なんかおかしい。

 結局、Çフェースの取り付き近くまで行ったものの、体力持たず登攀断念。

 山小屋で、同行の皆さんと話をしていたら、一度きちんと医者に見てもらったほうが良いとのアドバイス。

画像


2016/08/06 剱岳山頂にて



 山から戻ってすぐ翌日に、街のMRI診断もOKの脳神経外科へ。

 脳腫瘍、クモ膜下、血管いずれも問題ない。
 首が原因の可能性があるから整形外科の先生に診てもらってねぇ。


 
画像


2017/03/19 アミガサタケ 近所の公園にて



 別の町医者に自宅にほど近いYH大学病院の整形外科に紹介状を書いてもらい、8/19に受診。

 とりあえずレントゲン撮影し、別の日に首のMRI。

 一側性(片側)で、MRIでも頚椎のヘルニアがいくつか見られる。症状からはc5神経根症。

 3ヶ月位で治ることが多い、ということで経過観察が続きました。


画像




 10月には出張先で、左手に力はいらないため階段で足がすべった時に対応できず、前額部を五針縫う裂傷。

 11月にはいり、左手でキーボードが打ちにくくなりました。

 
画像


2017/03/12 カタクリ




 1月早々に、大学病院受診。

 左手に力はいらず、暮れから首下がりになっている旨。

 左腕の筋肉が大分落ちている。キーガン症だろう。

 もう一度MRI撮って再評価することに。

 この辺もどかしくも2/4にMRI、診断は2/14。

 この間、左手の巧緻作業ができないので、ワイシャツのボタンをスナップボタンに変えたり、「ポリネック」という首コルセットをしたり。
 ネクタイもワンタッチネクタイをネットで購入して、右手だけで付け外しが出来るようにしたものです。

画像



 首コルセットは、左手が使えないのでそのままだと一人では装着できないので、相方Kが山道具のテンションバンドを付けてくれました。右手だけでバンドを引っ張れば装着できるというもの。
 首コルセットしたままだと食事がままならないので助かりました。



 2/15に漸くYH大学病院で再評価。

 MRIは8月とさほど変わりない。
 いろいろな身体症状
 首下がりはいつから?

 おいおいおい...
  暮れから。それ、前回言ったです。それで首カラー紹介された。


 掌が開かない。c5だけでない。
 3番、4番も圧迫しているように見える。

 手術するとなれば前からになり、私では手に負えない。
 MK病院に背骨の専門の先生がいる。紹介状を書くのでMK病院に行って下さい。
 筋電図とか神経系も色々調べることになると思う。

 なんともはや。
 とりあえずフェーズが変わったのでした。


 で、2/20にMK病院へ。 自宅からは一時間半あまりかかり、遠い。

 診てもらったDr.Mは脊椎疾患の専門家。

 結果、MRIの所見では神経根症ではなく脊髄症
 しかし、ここまで筋萎縮が進むことはない。見たことがない。
 神経内科系の疾患の可能性が高い。
 たまたま首の症状と合併している可能性を否定出来ない。
 他の可能性を潰してから手術しないといけない。


 なんてこったい・・・

 2/22に神経内科受診。
 問診と、血液検査、肺機能検査。

 引き続き3/1に筋電位検査。
 筋肉に針電極指してパルスをみるやつで、結構痛い。

 検査の結果、頚椎に関連しない部位の顎にも異常が見られた。
 先日行なった肺機能検査も、肺機能の合格ラインをやや下回っており、肺機能の低下の兆候がある。
 まずは2週間程度の検査入院を必要とする、ということに。



 で、また時間がかかり3/8に入院の相談。
 
 Dr.Y、異動や学会などでばたばたしている。4月以降になれば新しい体制でゆっくり対応できる。

 小生:疑わしいと考えられる病気は進行性の可能性もあろうから、できれば早く検査入院を受けたい。
     検査入院まで時間がかかり、さらに体制が一新するなら、ここは遠いのでYH大学病院に検査入院をお願いしたい。

 というやりとりで、また詳しい紹介状を書いてもらい、YH大学病院の内科(神経内科)に行くことに。



画像


   
2017/04/03 ナガバノスミレサイシン




 3/15にYH大学病院、内科(神経内科)で受診。
 どこの病院も事情は同じで、3月中に検査入院は無理なようで、4/10- 10日間から二週間目安の検査入院ということに。


 ここまで、会社の方は
 2/25 熊本出張
 2/26 新潟出張
 のあと、3/3まで在宅勤務し、以降休ませてもらうことにしました。

 なんとかPCは打てるものの、左手が思うように動かず、シフトキーが押せなかったり、資料をあれこれ見たりすることがままならず、時間がかかるようになってしまったので、とうとうギブアップ宣言させてもらった次第。


 年度末の超忙しい時期にむりやり引き継いでもらった方々には、ただただ感謝するのみ。



 この時点でまだ3月半ば。入院までなんかできないかと、少しでも出来る検査はないかと相談して、一個だけ再び筋電位検査を3/28に受けてきました。


 本日、4/8。
 漸く来週月曜日から検査入院に入ります。

 まあ、ここからがスタートなわけで、とにかく淡々と検査をこなし、次の段階に進みたいと思っている、今日このごろなのでした。



画像


 
フデリンドウ


 時間をみてすこしずつ消しゴム版の版画を作っています。





 





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4/10- 検査入院へ  ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる