ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 経過報告

<<   作成日時 : 2017/11/13 22:16  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 百舌鳥が高鳴き、カツラの枯れ葉が香る晩秋、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 相方Kです。聡が入院して1ヶ月が過ぎました。相変わらずベッドでテレビ三昧の日々を送っています。

 気管切開してからは、しばらく人工呼吸器を付けずに過ごしていましたが、意識して呼吸をしなければ苦しくなるので、夜はなかなか眠れない日が続いたようです。今は弱めの設定で人工呼吸器を付けています。今後、日中は外すかどうか検討中です。また、先週金曜日の夕方、いきなり38度6分の熱が出ました。正直、肺炎か?と思ってビビりましたが、尿路感染だそうで。ずっと管を入れているので、なりやすいようです。ここ3日は夕方に熱が出るのが続いています。抗生物質の点滴を受けて、少しずづは良くなっていると思うのですが。

 転院の話も進んでいます。先方の病院からの返事を待っている状態です。少し家から遠くなりますが、上手くいってほしいと願うばかりです。

 ALSは、増えています。1985年(私が大学を卒業した年です。)の患者数は全国で1714人、2014年では9950人だそうです。診断技術が進んだからとか、高齢化のせいだとか、他の原因だと思われたら困る立場の人達が言ってますが(他の原因だと思いたくない人がそれに同調してますが)、私にゃ信じられまぇしーん。あまりにも増えすぎです。それに進行すれば嫌でも症状がはっきり出るので診断技術が問題になるのはごく初期です。また、聡は50代で高齢者ではないし、20〜30代でなる人も増えています。ガンも増えています。ALSは運動神経のガンだと思っています。神経だから増殖はしないが、どんどん機能は失われていく。治療方法云々はよく言われることですが、予防も同じくらい重要です。予防のためには、もっと真面目に原因追求が必要でしょう。遺伝子異常で異常タンパクが溜まるなどの研究はしているようですが、なぜ遺伝子が異常になるのかは不明のまま。有害物質、汚染物質が犯人だと困るから?兎に角こんな病気、増やしてはいけないんです。医学の方向性も、???なことばかり。素人が何言ってるの、と言われそうですが、逆に言っちゃいます。生物は、機械ではない。サイエンスZEROを見て目が点になったのですが、病気を治す最新研究をやっている研究者が、「人間の身体は、良くできた精密な機械です」とのたもうたのです。生物の身体が遺伝子の設計図で部品を組み立てた機械に見えるのでしょう。部品を分解し、設計図を分析することばかりにやっきになっている。とんでもない。生物は、さらに生態系は、非線形で複雑系です。機械とは全くの別物。分解分析だけでは解決できないのがこの世界です。しかも、専門が細分化されて、全体が見えている人がいない現状。ALSの治療薬ができるとしたら、周到な研究の産物ではなく、全くの偶然の産物ということになるだろうと思っています。だから、とても残念だけどあまり期待できないのが現実です。

 残された道は、身体が動かなくても充実した日々を過ごせるよう、環境を整え工夫していくことだと思う今日此の頃です。

 皆様も、くれぐれもお身体お気をつけて。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
経過報告 ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる