アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「きのこ」のブログ記事

みんなの「きのこ」ブログ


展覧会無事終了

2018/05/03 10:46
先におしらせした展覧会は無事に盛況のうちに終了したとのことです。

お忙しい中足を運んでいただいた方々、どうもありがとうございました。

このような機会を戴いたことに心から感謝します。


キノコの版画の絵葉書は友人たちが作ってくれそうです。
持つべきものは友ですね。
こうご期待!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


きのこの版画

2018/04/13 11:35
今度の展覧会に出すのはきのこの版画だ。
花ではないが、菌の花。


すべて八ヶ岳蓼科山で見たきのこだ。

毎年秋に行われていた蓼科山荘のきのこ教室に何度も通っていたものだ。
山荘の主人や小屋番ともなかよしだ。
たまにはきのこ教室の講師の真似事も。

版画にしたきのこは次の六個。
ベニテングタケ
ドクツルタケ
タマゴタケ
ハナイグチ
オオキノボリイグチ
チシオタケ


是非、ご覧ください!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


11/20 興因寺山山行

2016/12/31 20:12
 年の瀬に、ばたばたと記事を更新しています。

 今回は11月に歩いた甲府の興因寺山山行。

 854mの低山ですが、誰にも会わず静かな紅葉狩りが出来ました。



 4:30 起床。

 あたり一面の濃霧。

 6:30 出発。

 コンビニで昼食 、おにぎりを調達。

 八王子 8:01 発のあずさで9:06に甲府到着。

 タクシーで登山口あたりまで地図で示して行ってもらう。

 あまりメジャーな山ではなく、登山口もはっきりしない。

 思っていたルートの反対側からのアプローチで、ちと戸惑うが、だいたい近くでタクシー降りる。

 タクシーを降りて少し先行く感じてすぐに登山口見つかる。

 予め見ておいたグーグルのストリートビューにあった分岐だ。


画像




 今回の山行の行程。

画像



 9:30にスタート。まずは金子峠を目指す。

 金子峠、かねこではなく、きんす、と読む。

 甲府盆地も濃い霧の中なのであった。 あたりはモヤモヤ。

画像



 しばらくコンクリ舗装の林道を歩く。



 秋は木の実の季節。

画像



画像




 9:45。武田の杜遊歩道との分岐。

 ここから本格的な?登山道。

画像



 きのこ。

画像



 黒いグレバが洗い流された後の真っ白いスッポンタケ。

画像



 霧の中の黄葉もまたよし。

画像



 金子峠が近づいてきた。

 霧が薄くなってきた。

画像



 金子峠、およそ690m。

 青空が見える。

 霧が晴れたというよりも、霧層の上に出たということだ。

画像



 峠のすぐに向こう側になにやら立派な建物。新興宗教の展示館。

 後から調べたら、神幽現救世真光文明教団という宗教団体の弥勒館だ。


 ここからは尾根道。

 奇岩があり、景色が広がった。

画像



画像




 雲海の向こうに南アルプスの山並みが見えた。

 低山なのに、雲海の上。秋だなぁ。

画像



 紅葉もなかなか。

画像



画像



画像



 尾根伝いに登っていく。

画像



 お、珍しいキノコ!と思ったら・・・

 何かのボルトだった。

画像



 とっても良い雰囲気の尾根道。

画像



 甲府盆地を覆う雲海の彼方に富士山が浮かんでいた。

画像



 10:55 樹林の中のなだらかかなピークの淡雪山をすぎる。

 一旦下りに。

画像



 しばらく下ってから、興因寺山に向かい登り返す。

画像



 登る途中で比較的大きなきのこ。

 しかもほんのり紫。

画像
 


 どうやらムラサキシメジだ。

 ヒダが紫で綺麗。

画像



 愛用のビクトリノックスのナイフで2つに裂いてみた。

画像



 さてこのナイフ。大事な戴き物だったのだが、今回の山行中に何処かに落としてきてしまった。痛恨(;;)




 静かな尾根を登る。

画像



 11:30、興因寺山の山頂にとうちゃこ。

画像



 昼飯に。

画像



 山頂には30分ばかり、ゆっくりとした。

画像



 山頂を後に東へ向かう予定だったが、分かりやすい道を辿ったら南に降りていた。

 引き返すのも面倒くさいし、時間短縮?!にもなるので構わず降りた。

画像



 大きな朴葉で遊ぶ。

画像



 下のほうがもやって来たぞ。

画像



 だんだん霧の層が近づいてきた。

 まだ盆地の霧は晴れていないようだった。

画像



 12:30頃、633mくらい、で霧の中へ。

 午前中霧から出た金子峠が690mくらいだから、少し霧の層が低くなってたみたい。


画像



 霧に濡れ、紅葉がしっとり。

画像



 四阿のある所で、武田の杜遊歩道に出た。

 ここからは遊歩道伝いに山腹をトラバース。

画像



 霧の中の遊歩道。

画像



 あ、スミレ。

 この晩秋に?!

 どうやらアカネスミレか。

 寒暖の差に、スイッチが入ってしまったのだろうか。

画像



画像



 この後、橋のある分岐で道の向きが変わり分かりにくかった。

 橋を渡ると別の方向に行ってしまいそうで、しばし道探し。

 読図力が足りないなぁ。


画像



 橋を渡った所で白いきのこ。

 ハイイロシメジかな。

画像



画像



 水平な道なのでサクサク進む。

画像



 13;34に登山道との分岐に到着。

 これで一周。

 4時間弱の山歩き。

 麓から見た金子峠〜淡雪山〜興因寺山。

画像





 最寄りの塚原バス停の帰りのバスまでの時間が一時間以上あるので、甲府駅まで歩くことにした。

 地図を見たら、近くに武田神社。

 せっかくだから寄って行こう。



 45分位歩いて武田神社。

画像



 風林火山。

画像



 赤備えの武士と。

 ボランティアガイドさんだった。

画像



 参拝。

画像




 武田神社から南へまっすぐ一本道で甲府駅へ。

 武田通り。

画像



 甲府駅には15:20到着。

 まずまず歩いたな。




 誰にも会わない静かな秋山でした。

 低山の割に景色もよく、オススメの山です。




 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


10月の金沢&能登旅行  その5 羽咋そして金沢

2016/12/31 10:53
 ・・・承前。

 3日目(10/10)。

 この日は、早い便で札幌に帰るNitくん、Yrkさん、さらに足を伸ばすAszくん、Hrmさん、21世紀美術館にトライするAoyさん、Kayさん、と皆それぞれの行動に。

 我々(小生と相方K)は羽咋に行くことにした。



 朝。穏やかな七尾湾。

画像


画像



 お世話になった美湾荘に別れを告げる。

画像



画像



 和倉温泉駅から特急かがり火に乗車。

画像




 我々は羽咋で下車。

 実は、だいぶ昔、一度羽咋を訪れたことがある。

 目的はUFO科学館。

 羽咋はUFOで有名?!なのだ。

 その時はUFO科学館はなんと改装中で見ることができなかった。

 今は”宇宙科学博物館コスモアイル羽咋”と言う施設になっている。


画像


 やっぱりエイリアンがお出迎えだ。

画像


画像



 駅から歩いて15分ほど。

 でかい円盤型UFOみたいのが宇宙科学博物館コスモアイル羽咋だ。

画像



 屋外には マーキュリー・レッドストーン・ロケット。1段目、2段目は実物のロケット胴体だそうだ。

画像



 展示内容は、UFOネタはあるものの、メインは宇宙開発史に残る数々のモックアップや本物。

 こんなの・・・

■  マーキュリー宇宙カプセル(アメリカ製)
■ ヴォストーク帰還用宇宙カプセル(旧ソ連製)
■ ルナ/マーズ・ローバー(アメリカ製)
■ モルニア1号通信衛星(旧ソ連製)
■ アポロ司令船(アメリカ製)
■ ボイジャー探査船(アメリカ製)
■ アポロ月面宇宙服(アメリカ製)
■ アポロ月面着陸船(アメリカ製)
■ ルナ24号月面着陸船(旧ソ連製)
■ バイキング火星着陸船(アメリカ製)
■ ルナローバー(アメリカ製)

画像



 ドーム型のコスモシアターでは、”BACK TO THE MOON FOR GOOD”という現在進行系の民間のロボットによる月探査計画の話を上映中だった。 結構面白かった。



 羽咋駅に戻る途中の川の散歩道に咲いていた花。

 サクラタデ。

 小さい花だが、ほんのり桜色で美しい。

画像




 金沢までの電車は一番早いので各駅。だいぶ時間があるので駅の待合室でまったり。

 Aoyさんからは、21世紀美術館は210分待ち。やめたというメールが入っていた。


 金沢駅で昼食。

 相方Kは海鮮は飽きたというので、中華に。

 小生はまだ海鮮に未練があり、のどぐろののったノドグロ翡翠ラーメン。

 相方Kはネギチャーシュー麺。

画像



 帰路は小松空港から飛行機。

 空港行きのバス乗り場確認。切符購入。

 15時のバスまで2時間近くある。さて、どうするか。

 近くの公園に行って見ることに。

 もちろん?! きのこ を探すのだ。


 中央西公園。

画像

ひとブロックの小さな公園。周りを一周。


 モミジバフウの実。

画像



 何やら地面からひょろひょろ。

 おお、ムラサキナギナタタケ。

画像



 チチアワタケ。

画像


画像



 テングタケの仲間。ツルタケか?。 

 幼菌から成菌。

画像



画像



画像





 テングタケの幼菌。

画像



画像



画像



 裸眼平行立体視で。

画像






 最後の最後できのこ散歩ができるとは。



 以上、2泊3日の、金沢&能登旅行のお話でした。





 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016年11月のきのこ散歩

2016/11/06 15:11

 霜月・・・

 最近は時々しかアップできませんが・・・

 昨日(11/5)に近所のきのこ散歩へ・。


 9月から気になっていた、きのこのタマゴのその後を確認しに行きました。



 あら、まだタマゴのまま。
 
 干からび始めているのか・・・

画像



 と、近くに!

画像



 スッポンタケでした。

 久しぶりのスッポンタケ。

 先っちょのグレバは雨で落ちたのか、少々アミガサタケの風情。

画像



 しかし、やはりスッポンタケである。

画像




 少し離れた場所にも、3,4cm大の比較的大きなタマゴが塊になっていた。

画像



 これもおそらくはスッポンタケか。

 裸眼平行立体視で。

画像



 たまには交差立体視でも・・・

画像



 おお、まだ他にも・・・

画像



 結構でかいな。

 ナイフを持ってくればよかった。中を割って調べてみたいな。


 上の写真の奥のやつ。

画像



 手前のやつ。

画像





 また少し離れた場所には、小さなタマゴが沢山。

画像



 こんな塊が幾つか・・・・


画像



 よく見ると、オレンジ色の子実体の崩れたようなものが見えた。

 どうやらカニノツメのようだ。

画像



 こんなのも。

 先が楽しみだ。

画像




 このあと、いつものきのこロードを散策したが、もうめぼしいきのこはなかった。


 秋の里山。

画像



 花壇のバラ。

画像



画像




 コウヤボウキ。

画像



 緑道の脇に植樹されていたホトトギス。

 ちょうど花盛り。

画像



画像




 秋の日はつるべ落とし。

画像





 じゃんじゃん・・・




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016年9月 三ツ峠NW その5 雁ノ穴

2016/10/16 20:28


 ・・・承前。

 
 北富士演習場の西に雁ノ穴という地形がある。

 2つの溶岩洞穴と溶岩樹形が沢山(16個)あるところだ。

画像


 溶岩樹形は溶岩が流れたときに立木が燃えて、樹形だけが竪穴として残った地形だ。


 ここを訪れた。

 大きな溶岩洞穴の一つが、実は小噴火口ではないかと最近言われており、もしそうなら富士山の火山ハザードマップを塗り替えなければいけない事態になっているらしい。なにしろ富士吉田の町は目と鼻の先なのだ。


 森の中に立ち入ればそこはきのこの山でもある。

 キイボカサタケ。

 傘の中央のイボが特徴。きのこマニアではキーボウと呼んだりするらしいぞ。

画像



 で、そのウワサの溶岩洞穴の一つ。

 結構大きい。

画像



 はい、ポーズ!

画像



 穴の底で360度パノラマ。

 クリックすると大きくなります。
画像



 結構登ったり降りたり。

画像



 溶岩樹形。

 竪穴が開いている。

画像




 デストロイ・エンジェルことドクツルタケ。

画像



画像




画像




 タマゴタケも沢山あったぞ。

画像




画像




画像



 これはまたきれいな標本にしたいくらいの個体。

画像




 幼菌はとっても可愛い。

画像




画像




 ズキンタケ。

画像






 サラシナショウマの花が咲き、甘い香りのい漂う森を歩く。

画像




画像




 アサギマダラがサラシナショウマの蜜を盛んに吸っていた。

画像


 さぞかし美味いんだろうな。

 たっぷり吸って、遠い旅路に備えろよ。

 (といっても全部が全部海を渡るわけではないらしい。)







 以上、2016年9月 三ツ峠NWの巻、全巻の終わりにございます。

 ご笑覧ありがとうございました。








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016年9月 三ツ峠NW その1 きのこも沢山、おどろきのトリカブト

2016/10/16 19:58
 次第に秋深まる10月半ば。

 書きたい記事が溜まっています。

 今回は9月24−25日に参加した三ツ峠ネットワークの模様。

 1日目は雨、でした。



 9月24日、土曜日。

 富士山駅でYmtさんにピックアップしていただき、三ツ峠山登山口へ。

 雨がポツポツ。

 樹林帯の中なので、傘はささなくてもよいほど。


 あるき始めた途端に、大きなドアノブのようなまあるい傘のキノコ。

画像


 
なんだろう? ということで採取。

画像



 傘の裏が黒いスポンジ状。

 イグチですな。

画像



 どうやらウラグロニガイグチのようだ。

 2つに割いてみた。

 イグチ特有の管孔の様子が分かるだろう。

画像




 モリノカレバタケの仲間かな?

 束生していないが、カブベニチャだろうか?

画像


画像





 ホコリタケの仲間

画像



 花や木の実も。

 ちょいブレ。 タカオヒゴタイ。

画像


画像




 アザミの仲間かな?

画像




 チョウセンゴミシ(朝鮮五味子)の実。 真っ赤でまあるく、とても綺麗。

画像





 再びきのこ。

 これはなんだろう。

画像



 コツブヒメヒガサヒトヨタケかな?

画像



画像





 何かなぁ。

 光を透かしてヒダが綺麗。

画像



 
 ツキヨタケ。

 毒です。

 ムキタケなどの食菌に似ているので、よく間違われる毒キノコの代表。

画像




 柄が随分と長い。

 ツエタケの仲間かな?

画像
 


 傘の裏のヒダが、やはり綺麗。

 いろんな虫がついていた。 黒いやつはキノコムシの仲間の幼虫だろう。

画像

 


 何だろう?カキシメジ?

画像




 ニカワハリタケ。

 別名ネコノシタ(猫の舌)。 傘の裏がネコノシタみたいな針状でぷるぷるしたきのこ。

画像


 断面。

画像




 マイヅルソウの実。

 完熟状態だな。 真っ赤で艶が良い。

 熟す前はうずらの卵のようなまだら模様だけど、熟すとだいぶ違うんだな。

画像




 コケの 凵@(サク)。

 透き通るようでとても綺麗だった。

 コケの本体まで撮ってなかった...。何という苔かな??

画像




 さて、トリカブト。

画像



 キンポウゲ科。

 そうなんだよな。トリカブトはキンポウゲ科。

 例によって、花弁に見えるのは萼なんだ。

 上側の烏帽子のようなところが上萼片。 内側にある蜜のある花を守り、また雨に濡れないようにしているらしい。

 花の中央に見えるのは雄しべ。その両脇に側萼片。蜜を吸いに来たマルハナバチの姿勢が安定するような機能があるのだという。

 下側二方向に張り出しているのが下萼片。蜜を吸いに来たマルハナバチが足場にするらしい。

 花粉を効率的に付けてもらうための工夫(というか共進化)なんだろう。


画像




 勉強のために花を分解させてもらった(トリカブトさん>こめんなさいmOm)

 上萼片に隠れているのが、本当の花弁だ。 2本ある。

 後ろ側に突き出しているのが距だ。この距の中に蜜があるのだ。そのため蜜弁とも呼ばれるらしい。

 2本あるので、花の中に頭を突っ込んだマルハナバチは一回後ずさりしてまた頭を突っ込むらしい。

 今度機会があればよく観察してみよう。

画像



 さらに花をよく観察してみよう。

 萼片を取り除き、花弁も半分に割って一本だけにしてみたところだ。

 白い部分が花弁で下側の先の方がめくれている。先端は紫だ。

 花弁の上側が距。蜜がある。この距の形で同定を行うのだそうだ。

 写真下側の花柄に直接つながっているのが雄しべ。

 断面にすると雄しべの内側に緑色の雌しべが3個あるのだ。


画像



 しべ(蕊)の部分をクローズアップ。

 断面を見ているので雄しべに隠れている緑色の雌しべが分かる。

 半分に割ったとき雌しべの2つが残ったようだ。

 これが受粉して種子になる。

画像



 種子になったトリカブト。 3っつでしょ!

画像





 そうこうしているうちに三ツ峠山荘に到着。

 富士山は全く見えず。

画像



 雨がしっかり降り始めていた。

画像





 ・・・・・つづく




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016 蓼科山荘きのこ教室 その5  2日目 閉会

2016/09/22 11:52
 ・・・承前。

 少し休んで、また辺りのきのこ観察へ。

 ハナイグチ、結構沢山。

画像



画像



 苔の中に佇む姿は最高だな。

画像


画像


画像




 苔の中に小さなきのこ達。

 手前の条線のはっきりしている紡錘状のきのこはヒメコガサ。

画像



 奥の饅頭型の傘のきのこはおそらく、チャツムタケ。

画像




 こちらはきのこではなく、地衣類。

 ツメゴケ。

 ちょっと異様。

画像





 赤褐色の小さなきのこ。

 クリイロムクエタケ、のようだが・・・

画像




 クリイロチャワンタケ。

画像




 相方Kが呼ぶ・・・

 笹原の奥の方。マンネンタケ系なら、いいや・・・

 写真とらないのぉ?

 初めて見たよぉ・・・

 なら仕方ない・・・・よいしょ・・・よいしょ・・・・


画像



 どうやら、センボンイチメガサ。

 食菌である。鍋や煮込み料理に良いらしい。

 ただし、猛毒のコレラタケに似ているので要注意とされる。

画像



 柄の上部に膜質のツバ。ツバから下にはササクレ状の鱗片がある。

 胞子を見ないと見分けがつかない、と言う指摘もあったが、コレラタケにはササクレ状の鱗片は無いので、センボンイチメガサに間違いないだろう。

 まあ、見るだけで食べないし、人にも勧めない。


画像




 綺麗な紅色のきのこ。

 ウツロベニハナイグチ。

 まだ傘が開ききっていない。

 毛足が長く暖かそう。


画像




 七合目の四阿に戻り、軽い昼食。

 さて、今回のきのこ教室もこれで閉会。

 皆さんに感想をお聞きした。


 お父さん。
 あまり採取しなかったのでちょっと消化不良。


 イッシー。
 若い人は食べない方が良いが、我々年寄りは関係無いから…。

 (イッッシー、年寄りにも関係おおありですぞ)


 相方K
 拙い講師で申し訳ありません。


 小生
 森の中、地面の上、苔の上、いろんな佇まいがある。きのこの可愛さや役割を少しでも知ってもらうことができたなら嬉しい。


 参加者:Ognさん
 いつもは都市公園ばかり、また大阪なので、標高の高いきのこが見れて良かった。また、お父さんのお宝話、今西錦司の話が聞けて嬉しかった。


 参加者:Akh Kby 
 楽しかった。自分が一番はしゃぐかと思ったら妻の方が面白がっていた。
 きのこを割いて見せてもらったりしてとても良かった。


 参加者:Mrk Kby
 いつもは図鑑だけで見ているきのこを実際に見たり、触れたりできて楽しかった。


 小屋番助っ人:Sgnさん
 いつもはワイドに景色を見るほうだか、ミクロな世界、きのこも言われてみれば可愛いかなと思えてきた。


 小屋番助っ人:Umeさん
 小さな子供が居たら盛り上がるだろうな。親戚の子供を連れて来たかった。


 蓼科山荘主:Tmkさん
 天気も良く、怪我もなく無事終えることができて良かった。
 また新しい形のやり方も考えた行きたい。是非また参加して欲しい。





 今回は、例年より一週間ほど早い開催で、いつもとは違うきのこの姿を見ることが出来た気がします。

 きのこ、というと食べられる?毒?というところばかりに目が行きがちですが、今回は森のなか、苔の中に佇むきのこの健気さ、美しさに目を向けてもらうこと、きのこは菌類で、いろいろなものを分解してくれる自然界の縁の下の力持ちなこと知ってもらうことなどが少しばかりでもできたかな、という教室になりました。


 参加していただいた皆さん、蓼科山荘の皆さん、色々ありがとうございました。

 またぜひ来年もよろしくお願いいたします。




 2016 蓼科山荘きのこ教室 全巻の終了にございます。

 ご笑覧、ありがとうございました。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016 蓼科山荘きのこ教室 その4  2日目 下山

2016/09/22 11:48
  ・・・承前。

 昨夜の予報では朝から雨らしかった。

 日の出は5:20くらい。

 晴れならば暗いうちから日の出を見に行くのだが、雨ならと少し寝坊?!

 とはいうものの5:00過ぎには目が覚めた。

 あたりはもう大分明るい。

 雨は・・・、あら・・・ 降ってないじゃん。


 カメラを持って、小屋から5分くらいの日の出スポットへ。

 もう日の出の時刻は過ぎているが・・・


画像




 なんとか朝らしい風景を撮ることが出来た。

 雲は雲でいい味に・・・?!


 南八ヶ岳も綺麗に見えていた。

画像



 パノラマで・・・

画像


クリックすると、大きくなります。


 いったん小屋に戻る。

 しばらくして参加者の3人も起きてきた。

 再び、展望サイトに行ってみることにする。

 大分明るくなった。

 先程は見えなかった鳳凰三山も雲の上に浮かんでいた。

画像



 赤岳に陽が射し始めたようだった。

画像



 せっかくだから、記念写真。

画像



画像



 少しだけ紅葉の気配。

画像




 小屋に戻って朝食を取り、降りる支度をする。


 竹籠。

 自分が持っているのは、もうだいぶ前に茅野の本町商店街の金物屋で買ったもので欲張って?大分大きなものを買ってしまった。 ちょっと使いづらかったので、少しこぶりなのが欲しかった。

 6月のバードウォッチング教室で蓼科山荘を訪れたとき、そんな話をしていたら、元小屋番のイッシーが、「使ってないのがあるから、それで良ければ、あげますよ」と言ってくれた。

 一も二もなく、お願いします!

 という訳で、昨日合流したときに、イッシーから貰ったのがこの竹籠なのだ。

画像



 こんな感じで、腰にくくりつけていた。

画像




 8時。山荘の前にて参加者の皆さんと山荘のスタッフ勢揃いで記念写真。

画像




 下り。七合目の鳥居に出るコースを下る。

 出だしからかなり急なのである。

画像


 晴れていれば、遠く北アルプスも見えるはずなのだが、ガスしか見えなかった。



 天狗の露地で休憩。

画像





 これは何かなぁ? 手にとって見ると、キヒダマツシメジだった。カキシメジに近縁のきのこだ。

画像



 おおお!

 オオウスムラサキフウセンタケが群生していた。

画像



 なかなか立派なフォルムだ。

画像



 幼菌も。

 もののけ姫に出て来る、コダマのようだった。

画像




 おそらく・・ヒメコガサ。

 小さなきのこ。

 オレンジで綺麗。

画像



 バーントアンバーの傘に、オレンジの柄。

 なかなかスタイリッシュなカラーのこの子らは、おそらく、クギタケの仲間。

画像



画像



画像




 これはきのこでなく地衣類だけど。

 ハナゴケの仲間。おそらくアカミゴケ。

 とってもミクロな世界。

画像




 針葉樹の幹に生えていた、キナメアシタケ。

画像


画像



 傘を食ってるやつがいた。

 キノコムシの仲間だな?

画像



 小さいきのこだが、すくっと逞しい。

画像




 まだまだ下りがキツイ。

画像




 漸く勾配がややゆるくなってきた頃、道の真中に朽木が...

 沢山きのこが生えていた。

 ニカワハリタケ。

 別名、ネコノシタ。 そう、猫の舌。

画像


 傘の裏が、猫の舌のように白い刺状になっているのだ。

 触るとぷよぷよのきのこ。

 可食。酢の物などに良いようだ。

画像



 近くの倒木にも沢山生えていた。

画像



 撮影タ〜イム。

画像




 このグニャグニャしたのもきのこ。

 ハナビラダクリオキン。 変な名前・・・

画像




 フウセンタケの仲間。

画像



 ホウキタケの仲間。

 おそらくトサカホウキタケ。l

画像




 苔の間に佇むきのこ。

画像




 白いとんがり帽子の”凵iさく)”が沢山。 凾ヘ苔の胞子嚢。

 コセイタカスギゴケ。

画像




 最後のきのこタイム。

 Kby夫妻がスゴイ獲物を採取してきた。

 とっても綺麗なムラサキフウセンタケ。

画像



 上品な紫色の天鵞絨のような傘。

 傷みもなく、素晴らしい。

画像



 ヒダも綺麗だった。

画像



 生えているところを見たかったなぁ・・・

 ということで、後から写真を送っていただいた。

 可愛い!

画像


画像




 オニウスタケ。

 小屋番の手伝いに来ていたUmeさんが採取してきた。

 毒。嘔吐、下痢などの中毒症状。

 ウスタケに比べると、内側がゴツゴツしている。

画像



 山荘の御主人Tmkさんが採ってきた。

 舞茸???

 違いました。

 調べたら、カラスタケ。

 紫舞茸と書いてカラスタケ。

この茸は匂いが“ヒジキ”に似ていて、その上天麩羅にすると海苔の味がするらしい。


画像


画像



 さらに降りてくるとシラビソの森からカラマツの森に変わってくる。

 あ〜、やっと出てきた。

 ハナイグチ。幼菌。

画像




 こちらはニガクリタケの仲間。

画像


画像




 いい感じのハナイグチ。

 この辺りではジゴボウと呼ばれ、親しまれている優秀な食菌。

 和にも洋にも合う。

画像




 キノボリイグチ。
 
 胃腸系の中毒を起こす。 よく火を通して過食しなければ大丈夫ともあるが・・・

 傘に赤褐色の大きな鱗片がある。

 ツバがゼラチン質なのが特徴。

画像



 下から。ゼラチン質のツバがよく分かるだろう。

画像




 そして、今回やっと出会えたベニテングタケ。

 会えて良かった。

画像



 蓼科山でみるベニテングタケは傘が紅と言うより橙色をしている。

 有名な毒キノコだが、ドクツルタケと違って死には至らない。

 毒成分のひとつ、イボテン酸が、グルタミン酸の何倍もの旨味成分。

 信州では一旦塩漬けにして塩出し後に食すという。正月の逸品なのだそうだ。

 十分毒抜きをして薄まってもまだ旨味成分(毒です)が残っているわけだ。

 胃腸系と神経系(幻覚とか)の症状が現れる毒成分を持つ。

 傘の半分くらいなら大丈夫だよ、美味しいよと、初代のきのこ教室の先生、Gm先生が言っていたのをいつも思い出す。

画像




 11時、7合目に到着した。

画像





 ・・・もう少し、つづく。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016 蓼科山荘きのこ教室 その3 山荘にて

2016/09/22 11:36
 ・・・承前。

 登りながら採取してきたきのこを山荘のテラスのテーブルに広げた。

画像



 順番に・・・

 手書きでない札は昨年パウチで作ったものだ。

 まだ用意できていない名前は手書きで・・・


画像



画像



画像



画像



画像



画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像



タマゴタケの幼菌を真っ二つにナイフで切ってみた。


画像




画像



 イグチの仲間の傘の裏。

 スポンジ状の孔を、管孔と呼ぶ。

 猪の鼻面に例えて、猪口=イグチ。


画像



 相方Kが持参したデジタル顕微鏡。だいぶ前に買ったやつなので、解像度が低い。

画像



 イグチの管孔をクローズアップ。

画像



画像



 フウセンタケの傘の裏。

 フウセンタケ属の学名、コルチナの由来の繊維状の膜。

画像


クローズアップしたが、ちょっと分かりにくいか。

 
画像




 標本を手にとって、きのこの解説をしたり、ナイフでチチタケを切って、乳が溢れるのを見てもらったり。

 いつもは見たことのないきのこの姿形に興味を持ってもらえたら言うことはない。


 参加者の皆さんと...


画像





 だんだん寒くなってきた。

 山の上はもう秋。 ナナカマドも赤くなり始めていた。

 もうすぐ晩飯だ。



 蓼科山の真上を秋の雲が走っていく。



 






 さあ晩飯だ。

画像



 信州名物の馬刺し、馬鍋に舌鼓を打った後、恒例の?紙芝居。



 「きのこって」

 きのこの種類や、役割、何故食べないか(昔はきのこ教室で採取した食菌は色々料理してもらっていたので)などを紙芝居にしてある。

画像

(2015年の写真です)

  内容は、2013年の最初の紙芝居を参照してね。今はパワーポイントにパワーアップ済み。

  前半;http://azm.at.webry.info/201310/article_3.html
  後半:http://azm.at.webry.info/201310/article_4.html




 第2部として蓼科山で見られるきのこのスライドショーも。

画像

(2015年の写真です)







 つづく・・・・



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
2016 蓼科山荘きのこ教室 その2  山荘へ
2016 蓼科山荘きのこ教室 その2  山荘へ  ・・・ 承前。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/22 11:33
2016 蓼科山荘きのこ教室 その1 きのこを見ながら
2016 蓼科山荘きのこ教室 その1 きのこを見ながら  9月シルバーウイーク。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/22 11:21
7月の三ツ峠 その4 いろいろなきのこ + アルファ
7月の三ツ峠 その4 いろいろなきのこ + アルファ  ・・・承前。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/21 17:06
10月17,18日 三ツ峠ネットワーク その1 10/17 雨の登山道、のち晴れ
10月17,18日 三ツ峠ネットワーク その1 10/17 雨の登山道、のち晴れ  もうすぐ冬至ですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/19 21:40
2015/10/04 御岳ボルダーそしてきのこ展
2015/10/04 御岳ボルダーそしてきのこ展  今回は10月初めのお話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/11/08 21:52
2015/9/19-20 蓼科山荘きのこ教室 その7 下山もキノコとともに
2015/9/19-20 蓼科山荘きのこ教室 その7 下山もキノコとともに  ・・・承前。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/03 22:11
2015/9/19-20 蓼科山荘きのこ教室 その6 ヒダとスポンジ
2015/9/19-20 蓼科山荘きのこ教室 その6 ヒダとスポンジ ・・・・承前。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/03 21:37
2015/9/19-20 蓼科山荘きのこ教室 その5 きのこ標本展示
2015/9/19-20 蓼科山荘きのこ教室 その5 きのこ標本展示 ・・・承前。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/03 21:35
2015/9/19-20 蓼科山荘きのこ教室 その2 登山中に出逢ったきのこ達
2015/9/19-20 蓼科山荘きのこ教室 その2 登山中に出逢ったきのこ達 ・・・承前。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/02 20:00
2015/9/19-20 蓼科山荘きのこ教室 その1 蓼科山荘へ
2015/9/19-20 蓼科山荘きのこ教室  その1 蓼科山荘へ  とうとう11月。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/02 19:43
みずがき山自然公園 8月
みずがき山自然公園 8月   いやはや、もう10月も終盤。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/22 21:54
7月 暑いのに御岳ボルダ−へ
7月 暑いのに御岳ボルダ−へ  7月12日。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/20 22:09
アミガサタケ、だ!!
アミガサタケ、だ!!  4/3、代休。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/08 23:06
2014蓼科山荘きのこ教室 その4 下山もきのこを探しつつ
2014蓼科山荘きのこ教室 その4 下山もきのこを探しつつ  ・・・承前。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/11 20:10
2014蓼科山荘きのこ教室 その3 きのこ達
2014蓼科山荘きのこ教室 その3 きのこ達  ...承前。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/11 20:08
2014蓼科山荘きのこ教室 その1 きのこ見ながら山登り
2014蓼科山荘きのこ教室 その1 きのこ見ながら山登り  秋はやっぱりきのこの季節。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/09 23:01
初秋の美濃戸はきのこのお山 その2 出逢い
初秋の美濃戸はきのこのお山 その2 出逢い  ・・・・承前。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/08 00:06
初秋の美濃戸はきのこのお山 2014/9/15
初秋の美濃戸はきのこのお山 2014/9/15  速い速い、速すぎる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/08 00:04
初秋の廻り目平 その1 自然道屋根岩パノラマ・コース
初秋の廻り目平 その1 自然道屋根岩パノラマ・コース  9月第2弾の山行は、廻り目平→美濃戸の変則山歩きでした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/28 19:25
初秋の仙丈ヶ岳  その5 下山
初秋の仙丈ヶ岳  その5 下山  ・・・承前。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/28 14:20
初秋の仙丈ヶ岳  その1 きのこの山
初秋の仙丈ヶ岳  その1 きのこの山  めっきり朝晩が涼しくなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/27 23:45
蓼科山荘きのこ教室2013 その6 下山
蓼科山荘きのこ教室2013 その6 下山  ・・・承前。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/12 16:30
蓼科山荘きのこ教室2013 その4 蓼科山荘にて・・・
蓼科山荘きのこ教室2013 その4 蓼科山荘にて・・・  ・・・・・承前。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/12 11:48
蓼科山荘きのこ教室2013 その3 きのこ採り楽し
蓼科山荘きのこ教室2013 その3  きのこ採り楽し  9/21,22の連休に恒例の蓼科山荘きのこ教室に参加してきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/10 23:48
蓼科山荘きのこ教室2013 その2 「きのこって・・・?」 紙芝居後半
蓼科山荘きのこ教室2013 その2 「きのこって・・・?」 紙芝居後半  ・・・・・・承前。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 4

2013/10/06 22:25
蓼科山荘きのこ教室2013 その1 「きのこって・・・?」 紙芝居前半
蓼科山荘きのこ教室2013 その1 「きのこって・・・?」 紙芝居前半  いやはや、時のうつろいは速いもので、もう10月も1週間ほどが過ぎようとしている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 4 / コメント 2

2013/10/05 15:03
奥多摩本仁田山
奥多摩本仁田山  9月も後半、秋分の日。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/24 23:28
秋来たりなば
秋来たりなば  8月の最後は1日休みをとり、8/30,31と山梨県北杜市みずがき山自然公園に行っていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/01 20:55
西穂高岳〜ジャンダルム〜奥穂高、そして涸沢カール紅葉 その2 西穂山荘を目指せ
西穂高岳〜ジャンダルム〜奥穂高、そして涸沢カール紅葉 その2 西穂山荘を目指せ  承前。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/13 13:05
灯台もときのこ
灯台もときのこ  早いものでもう10月。うかうかしていると霜月が過ぎ、師走となり、振り向けばお正月・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/10/02 23:46
蓼科山荘きのこ教室2012  その3 雨の下山・・・・
蓼科山荘きのこ教室2012  その3 雨の下山・・・・  夜中、トイレに起きた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/30 09:18
蓼科山荘きのこ教室2012  その2 山荘で・・・
蓼科山荘きのこ教室2012  その2 山荘で・・・  承前..... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/29 22:57
蓼科山荘きのこ教室2012  その1 今年のきのこは・・・
蓼科山荘きのこ教室2012  その1 今年のきのこは・・・   一つ前の記事に書いたように、9/22,23と2年ぶりに蓼科山荘のきのこ教室に参加しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/29 22:55
蓼科山荘きのこ教室2012  山小屋の矜恃
蓼科山荘きのこ教室2012  山小屋の矜恃  いきなり秋である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 2

2012/09/29 17:45
三頭山 その3 花はいろいろ
三頭山 その3 花はいろいろ  三頭山。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/18 10:41
三頭山 その1 夏の奥多摩、広葉樹
三頭山 その1 夏の奥多摩、広葉樹  色々な都合で今週8/13,14,15と夏休み。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/14 14:48
きのこロード タマゴタケ オン・パレード!! で、想うこと
きのこロード タマゴタケ オン・パレード!! で、想うこと  きのこロードの最後はきのこパーク。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/10 23:37
きのこロード あ・ら・かると
きのこロード あ・ら・かると  梅雨の中休みの7/8日曜日。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/10 23:35
梅雨の三ツ峠  三ツ峠で出逢った花々
梅雨の三ツ峠  三ツ峠で出逢った花々  承前。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/23 13:04
初冬?のきのこ観察 スッポンタケその後
初冬?のきのこ観察 スッポンタケその後  またスッポンタケの状況を観察に出かけた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/23 17:26
エイリアンのタマゴ  スッポンタケ
 ウチの近所には竹林が多い。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/20 20:14
きのこ散歩
 先週10/15の日曜日。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/23 14:37
きのこ撮り 第二弾 百蔵山から扇山  その四 君恋温泉へ
 承前。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/10/09 16:04
きのこ撮り 第二弾 百蔵山から扇山  その二  扇山へ向かう尾根
 承前 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/09 16:00
きのこ撮り 第二弾 百蔵山から扇山  その一 百蔵山へ
 月日のたつのは早いものでもう10月。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/06 00:04
松茸、Tricholoma matsutake
 今年はきのこの味を噛み締めることは出来ない・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/02 13:28
きのこ撮り 第一弾   大菩薩嶺  その4  下山
 承前・・・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/09/25 22:37
きのこ撮り 第一弾   大菩薩嶺  その3 丸川峠
 承前・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/25 22:36
きのこ撮り 第一弾   大菩薩嶺  その2 丸川峠へ下る道で
   承前・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/25 22:34
きのこ撮り 第一弾  大菩薩嶺 その1 雷岩
 ・・・・というわけで(前の記事参照) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/25 22:31
きのこ撮り
 富士山も初冠雪。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/25 22:30
復帰第一弾 三ツ峠山  その4  こんどこそ! 母の白滝コース
 6月の三ツ峠NWの月例会の帰り、母の白滝コースを目指したのだが・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/17 00:10
暑いけど、散歩に出よう、蝉時雨
 残猛暑お見舞い申し上げます・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/08/14 23:12
キノコの不思議
 友人の門前トラビスさんのお宅に伺ったとき、帰りに一冊の本を戴いた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/18 00:45
くう・ねる・のぐそ 
 ※今回の記事はその趣旨上、お食事中の方には不適切な表現が各所に出てくるのですが、そこはまじめな記事ですので、何卒ご容赦のほどお願い申し上げます  。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/11/28 20:49
カニノツメ
 11/7の日曜日。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2010/11/11 23:31
またまたきのこ散歩 その3
 11/3のきのこ散歩の続きである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/08 00:12
またまたきのこ散歩 その2
 きのこ散歩の続きである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/11/06 00:46
またまたきのこ散歩 キツネノロウソク定点観測他
 11/3、晴れの特異日である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/04 00:31
富士山 冠雪
 久々の晴れである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/03 01:17
現代アート展と”キツネノロウソク”
 台風一過でも秋晴れとはならず、どんよりとした日曜日。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/11/01 00:03
志賀高原「岩菅山」へ その5  山は下り坂、天気は上り坂
 雲に見とれ、道草を食った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/10/21 00:21
志賀高原「岩菅山」へ その2   雨の山行(;;)
 4時起床。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/17 23:12
志賀高原「岩菅山」へ その1 高天ヶ原ホテルのきのこ鍋!
 10/10,11と志賀高原へ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/17 23:11
きのこ観察会 その2  きのこ、いろいろ
 きのこ観察会の続きである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/14 00:01
きのこ観察会 その1 タマゴタケ
 速報でちょっと紹介したが、10/10の午前中は近所のT中央公園の里山クラブ主催のきのこ観察会であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/10/13 00:20
きのこ観察会
ただいまきのこ観察会。 タマゴタケが沢山! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/10 10:52
ご近所きのこ観察(10/3の詳細)
 先週の日曜日(10/3)のご近所きのこ観察の詳細である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/09 13:26
柿シメジ ご注意!
 秋も深まってきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/08 00:26
北米松茸届く
 ちょっとネコシリーズが続いてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/03 12:50
きのこ観察詳細
 今日は午後近くの緑道、公園を散歩しながらきのこの観察を行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/26 22:32
蓼科山荘きのこ教室 その5 きのこは美味し
 蓼科山における収穫。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/25 18:52
蓼科山荘きのこ教室 その4 下山もきのこと共に
 8:30、小屋前で恒例になった?記念写真撮影。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/25 18:12
蓼科山荘きのこ教室 その3 朝来る
 朝である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/25 18:09
蓼科山荘きのこ教室 その2 きのこ教室は夜も楽し
 さて、小屋に着いたら、本日の獲物を広げた新聞紙のうえに広げ鑑定会である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/25 18:04
蓼科山荘きのこ教室 その1 さあ、きのこだ
 毎年秋の恒例イベント、蓼科山荘きのこ教室(9/18−19)の報告である。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/25 18:00
黒百合ヒュッテ「秋の鳥と植物の実」 2日目
 朝である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/21 01:02
黒百合ヒュッテ「秋の鳥と植物の実」 1日目
 先日(9/12)に速報をアップしたまま、あっという間の一週間、更新できずに過ぎてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/21 00:58
八ヶ岳自然と森の学校「秋の鳥と植物の実」 速報
 この土日(9/11,12)と八ヶ岳黒百合ヒュッテ主催の八ヶ岳自然と森の学校「秋の鳥と植物の実」に参加してきました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/12 23:49
タマゴタケ
 平標山(たいらっぴょうさん)から戻りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/08/22 22:40
小川山、廻り目平で出会ったキノコ、植物、蝶
 廻り目平周辺は白樺や、ミズナラなどの落葉広葉樹、カラマツやアカマツ、ツガなどの針葉樹が混成した森林がひろがっている。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/16 18:37
真夏の散歩
 早いもので8月です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/01 23:59
夏、八ツ、good! その4 中山〜白駒池
 にゅうには5:45から30分ばかり滞在。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/24 16:28
夏、八ツ、good! その2 テン泊の楽しみは・・・・
 テン泊の楽しみは・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/21 23:46
夏、八ツ、good! その1 麦草峠〜白駒池
 各地に被害をもたらした梅雨前線も北上。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/19 14:15
北大逍遙 詳細
 先週の土日、札幌に飛んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/07/17 01:01
夏来たりなば・・・キノコの季節?!
 キノコっていえば、秋という印象。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/07/05 13:33
アートとキノコ
 1週間前・・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/11/01 23:28
相方Kのキノコ散歩
 先週の日曜(10/18)のキノコ散歩(http://azm.at.webry.info/200910/article_9.html)で出会ったキノコ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/25 00:24
またまたキノコ散歩
 このところ何かと忙しく、あまり遠出ができない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/18 22:02
カワリハツ 食べた
 10/11の秋空のキノコ散歩(http://azm.at.webry.info/200910/article_6.html)で採取したカワリハツ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/14 23:44
大物きのこの正体
 先日のきのこ観察会で、大物の正体が不明だったきのこ(下の写真)について、早速、講師のM先生から同定結果について丁寧なメールをいただいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/12 22:21
秋空のきのこ観察散歩
 朝からよい天気。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/11 23:23
きのこ観察会 大物の正体は?
 本日、昔なら体育の日。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/10 23:39
きのこ観察散歩
 近くの公園に散歩がてらの”きのこ観察”に出かけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/04 22:36
きのこ料理 蓼科の収穫で・・・
シルバーウィークも終了。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2009/09/23 23:40
蓼科山荘きのこ教室 
 連休前半の土日、毎年恒例になった蓼科山荘のきのこ教室に参加した。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/21 07:00
生藤山から陣馬山 藤野の里
 9/6の日曜日、久々の山歩き。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/09/13 02:32
きのこ のこ のこ
 またプランターにキノコが生えた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/05 22:53
キノコの季節
 間もなく9月。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/08/30 21:59
国立科学博物館 「菌類のふしぎ」
 1/10。久しぶりに上野の国立科学博物館に行った。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/01/12 23:43
忍野村杓子山
 先週の土曜、忍野村の杓子山に登った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/30 00:26
キノコの攻防
 某日午前11:28。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/10 22:13
美濃戸山荘 きのこ教室
 9月の最終土日は美濃戸山荘きのこ教室に参加。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/05 11:33
きのこ料理
蓼科で採取したり戴いた、きのこ達。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/04 17:50
蓼科山荘 きのこ教室
 キノコ強化月間第三段である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/09/30 00:12
上州 角間山(カクマヤマ) 花とキノコの旅
 キノコ強化月間である。  この土日もキノコ狩りに山に入ったが、これはまた別途報告。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/09/25 00:24
きのこタイカレー
鹿沢高原キャンプ場での晩飯は・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/17 23:59
村上山 ”きのこ”の旅
浅間山の見える山。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/09/17 23:47
浅間山の見える山
 この日月、天気予報とにらめっこして、何とか天気が持ちそうな山域に行ってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/15 23:09
野反湖八間山で出会ったキノコ
さて、9月。秋である。秋とくればキノコである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/09/07 22:21
高尾山でみた植物
高尾山の続き・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/21 00:15
クワ実菌核病のこと
 高尾山でのこと。山頂にあるビジターセンターの入り口に向かって右手に大きな桑の木があり、立派な実がなっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/15 21:33
6月花の八ヶ岳 その6
最後に花以外の世界を・・・・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/13 14:20
きのこ、その後+ベランダ畑
 先々週の八ヶ岳美濃戸山荘きのこ教室で採ったクリフウセンタケ(ニセアブラシメジ)を冷凍しておいたが、今朝野菜と炒めたのが朝食に添えられた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 14:56
美濃戸山荘きのこ教室 その3  帰宅後の楽しみ
 翌朝、雨。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/08 14:21
美濃戸山荘きのこ教室 その2  夕食
 夕食はきのこを中心とした料理。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/03 23:33
美濃戸山荘きのこ教室 その1 雨の行軍
 9/29,30と八ヶ岳自然と森の教室のひとつ、美濃戸山荘きのこ教室に参加。先週に続けて八ヶ岳できのこ採りだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/01 00:16
蓼科山荘きのこ教室 その5 −下山しながらきのこ採り−
 きのこ教室2日目。天狗の路地経由で7合目まで下りながらのきのこ採り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/24 10:49
蓼科山荘きのこ教室 その3 −きのこ鑑定結果−
 採ったきのこは五味先生が鑑定して名札をつけて整理。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/24 08:42
蓼科山荘きのこ教室 その2 −夕食、講義そして落語−
 晩飯は、採ったきのこ等を使った”きのこ料理”主体のメニュー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/24 00:46
蓼科山荘きのこ教室 その1 −どんなきのこでも1回は食べられる!−
 秋の楽しみはきのこ採り。去年参加して、大変印象深かった(きのこ採りも、夜の宴会も)蓼科山荘のきのこ教室(9/22,23)に参加した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/24 00:14

トップへ | みんなの「きのこ」ブログ

ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々 きのこのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる