吉祥寺ヒトト 両親、弟家族と会食


 12月某日。

 NYに単身赴任5カ年の弟が帰国したので、帰国歓迎慰労会を吉祥寺似て開催。


 近所のモミジバフウの紅葉も盛りを過ぎ、ぎざぎざ星のような実がたわわな頃だった。


画像



 吉祥寺ではよく集まるのだが、今回は小生幹事でもあり、いつもと違う所。

 できればベクレル・フリーのレストランが良いと、探していた。

 ネットで調べると、とあるイタリアンレストランが評判が良かった。

 だが、しばらく前に閉店してしまっていたのだった。


 それで,更に調べると、オーガニック自然食品で、いわゆるマクロヴィオティクスっていうやつをやっているお店が候補に上がった。

 玄米を主食、野菜や漬物や乾物などを副食とすることを基本とし、独自の陰陽論を元に食材や調理法のバランスを考える食事法ってやつらしい。


 九州、四国でとれた野菜を福島の幼稚園などに運んで料理する活動などもやっているらしい。


 「ヒトト」というお店である。

画像




 人と人のつながりを大事にしたいという思いを込めた店名らしい。

画像




 肉や魚は一切使わない料理。

 お酒はそれなりに。

画像




 ひよこ豆のコロッケとか・・・

画像



 紫芋の白和え、白菜と大根のゆず風味お新香とか。

画像



 パンチが効いた料理ではないが、味も薄くヘルシーで、身体に良さそう。


 建物自体は古いビルで、お店は3階。

 鉄骨材などもむき出しで、調度品も古めかしい。骨董ではなく、ただ古い感じ。

 昔1階がキャバレーで、3階は控室や更衣室に使っていたのだという。

 かえって、レトロなセットのようで、面白かった。

画像




 ちょっと変わった、いい感じの店だった。

画像





 了





 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック